3月 | 2019 | 東進ハイスクール土気校|千葉県

ブログ 2019年03月の記事一覧

2019年 3月 31日 ラストブログ~林とおる~

 

 

 

 

 

 

こんにちは!

 

林とおるです!

 

本日のブログは私が書く最後のブログとなります

 

私は大学4年生なので41日から新社会人として働きます。

 

そのため、東進ハイスクール土気校も卒業となります。

 

高校2年生から大学4年生まで約6年間お世話になりました。

 

その中で私が思う大学受験中や大学生活で意識していたことを伝えてラストブログにします。

 

常に本気で物事に取り組んでいるか

 

このメッセージで伝えたいことは2点あります

 

①まずは100%の力(=本気)を出力できますか?

 

②自身の100%の力(=本気)を日々更新し続けていますか?

 

この2点です

 

①は「あなたの本気をだせますか?」という意味です。

 

100%で物事に取り組むのって案外難しいことを知っていますか?

 

口だけでなく、行動で示していますか?

 

こんな風に考えると、本当に今まで自分が本気をだせていたのか、わかると思います。

 

本気で物事に取り組めるようになると、本当の意味で自分のできることとできないことが理解できます。

 

それが理解できることで更なる成長のための行動が明確になります。

 

まずは自身の本気を知ることから始めてください。

 

②は「あなたの本気(=100%)はそれで限界ですか?」という意味です。

 

①では自身の限界がどれくらいか知ることが大事と言いました。

 

次は自分の限界を日々突破してください。

 

本来、大学受験は他者に勝つことが必要とされます。

 

そのために様々な努力をしますが、努力を他者と比較してしまうといつか心がしんどくなってしまう瞬間が来てしまうかもしれません。

 

他者に勝てるぐらいの努力は必要ですが、まずは自分自身に勝って下さい。

 

その努力が他者に勝る努力になっていくと思います。

 

そのためには、毎日自分の100%を更新してください。

 

そういう小さな積み重ねがいつか大きな結果として現れます。

 

 

少し抽象的な言葉が並んでしまいましたが、この本気を私はずっと意識して取り組んできて自分としてはいろんなことで成功できたと思っています。

 

これから、高校生のみなさんもいろいろな事に取り組むと思います。

 

その時にこの言葉を思い出して実行してくれたら幸いです。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

 

2019年度、土気校の卒業生による合格体験記です。

現役合格への秘訣を知りたい方は↓↓をクリック!!

 

 

東進ハイスクール土気校 質問箱!ブログの内容のリクエストや東進に関する質問など、何でもどうぞ!

 

 

体験授業、入学申し込み、資料請求は

こちらのバナーから!

またその他不明点・お申込み等お問合せは

東進ハイスクール

2019年 3月 30日 合格された先輩にインタビュー!!

はいどうもこんにちは!本日のブログ担当は木村です!

 

本日も先日と同様、「合格された先輩にインタビュー」ということでやっていこうと思います!

 

ではでは、さっそくインタビュー内容の方に移っていきたいと思います!

 

今日は東進ハイスクール土気校OGで、今年から新しく担任助手として一緒に働くことになった、勝山 千聡(かつやま ちさと)さんにインタビューをしていきたいと思います!

(合格報告会をやってくれた先輩ですね^^)

 

木村:では、まず自己紹介をお願いします!

 

勝山:はい、勝山 千聡です。高校は県立長生高校で、部活はJRC部といってボランティアをするような部活に所属していました。大学は順天堂大学医療看護学部看護学科に進学します!

受験科目では、英語・数学・国語・化学・生物・地理を使っていました。よろしくお願いします!

 

木村:では早速インタビューしていきたいと思います!受験を終えた今の率直な気持ちを教えてください!

 

勝山:第一志望校に合格することは出来ませんでしたが、自分なりに最後まで頑張ることができたのでよかったです。今は大学生になれることに安心しています。

 

木村:それではつぎの質問に移っていきたいと思います。受験中、辛かったことを教えて下さい!

 

勝山:模試で思うような結果が出なかったこです。他の受験生は勉強した成果が出ていて、新たな課題を見つけているのに対して、自分はまだ手を付けられていない科目もあり、前に進むことができない状況でした。試験本番が近付くにつれて緊張感も増し、最後まで模試でいい結果が出なかったのは本当につらかったです。

 

木村:模試でなかなか思うように結果が出ないと辛いですよね。。。それでは次に移ります。勝山さんが思う、「受験で大切なこと」を教えて下さい!

 

勝山:月並みですが、最後まで諦めないこと」だと思います。私は、私立の一般入試に落ちて不安になりましたが、諦めずにセンター試験利用入試に臨み、合格することができました。最後まで諦めなければ可能性はあるということを実感しました!

 

木村:本当にその通りですよね。勝山さんの他にも、後期入試で合格を勝ち取った生徒が今年は多くいて、スタッフも感動していました!では、最後にどのような大学生活を送りたいか教えて下さい!

 

勝山:私は看護師になりたいという夢があるので、国家試験に合格するために日々勉強に励みたいと思います。また、高校生のときには苦手のまま終わってしまった英語をもう一度学び直したいと思っています。自分自身と向き合い、充実した大学生活を送れるように頑張っていきたいと思います!

 

木村:ありがとうございました!これからも自分の夢に向かって頑張って下さい!また担任助手としてもよろしくお願いします!

 

勝山:宜しくお願いします!これから頑張っていきます!

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

 

2019年度、土気校の卒業生による合格体験記です。

現役合格への秘訣を知りたい方は↓↓をクリック!!

 

 

東進ハイスクール土気校 質問箱!ブログの内容のリクエストや東進に関する質問など、何でもどうぞ!

 

 

体験授業、入学申し込み、資料請求は

こちらのバナーから!

またその他不明点・お申込み等お問合せは

東進ハイスクール

2019年 3月 29日 合格された先輩にインタビュー!!

 はい、どうもー!!

髙木です!!

 

気温も上がってきて、いよいよらしくなってきましたねー。

後輩ができたり、新しい人との出会いがあったり、

この時期はとてもわくわくしますよね!!

 

僕にも担任助手の後輩ができて、

これからがとても楽しみです!

 

今日は、東進ハイスクール土気校のOBで、

今年から新しく担任助手として一緒に働くことになった

渡辺 馨(わたなべ かおる)君にインタビューしていきたいと思います!

(2人共目つぶってる(笑))

髙木:では、まず自己紹介をおねがいします!!

渡辺:はい!! 渡辺 馨です!!

高校は千葉東高校で、テニス部でした。

大学は千葉大学 法政経学部に進学します。

受験科目は、国語数学英語日本史倫理・政経理科基礎です。

よろしくおねがいします!!

 

髙木:受験を終えて、今の率直な感想を聞かせて下さい!!

渡辺:思うような結果は出なかったけど、受験を通じて成長できたのでよかったです、今は受験期に我慢していたことを好きなだけ楽しんでいます!!

 

髙木:いいですねー。遊びまくりましょう!!

では次の質問いきます! 受験勉強を本格的に始めた時期はいつ頃ですか?また始めたきっかけは何ですか?

渡辺:東進には高1から入っていたのですが、本格的に始めたのは高2の12月ですね。でも高1のうちに高速基礎マスターは全部終わっていました!!

 

髙木:すごいですね! では、受験生活のなかで、一番大変だったことは何ですか?

渡辺:思うように成績が伸びなかったことです。周りの人は成績が伸びている中で、自分が思うように伸びなかったのはつらかったです。

 

髙木:それはつらいですよね。。僕もよくわかります。ではその大変な時期をどのように乗り越えましたか?

渡辺:今まで頑張って勉強した分は消えないので、自分を信じてひたすら突き進んでいました。

 

髙木:やはり我慢の時期は誰にでもありますよね。でもそれを乗り越えると大きく成長できると思います。

   次に、受験においてもっとも大切だと思うことは何ですか?

渡辺:早期学習の開始だと思います。早くから始めると周りと大きく差をつけることができます。先程も言ったとおり僕は高1のうちに高速基礎マスターは完全修得していたので、受験学年になって周りの受験生よりも英語は少ない勉強時間で済みました。その分他の科目に力を注げたのは大きかったと思います。

 

髙木:では、最後に受験生にひと言お願いします!!

渡辺:模試で結果が思うように出なくても、今まで勉強したことは消えないので自分を信じて突き進んでください!!一緒に頑張っていきましょう!!

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

新年度特別招待講習 申込受付中!

3月27日までのお申込みで、1講座に無料招待します。

お申込みはこちらのバナーをクリック!

↓ ↓ ↓

 

2019年度、土気校の卒業生による合格体験記です。

現役合格への秘訣を知りたい方は↓↓をクリック!!

 

 

東進ハイスクール土気校 質問箱!ブログの内容のリクエストや東進に関する質問など、何でもどうぞ!

 

 

体験授業、入学申し込み、資料請求は

こちらのバナーから!

またその他不明点・お申込み等お問合せは

東進ハイスクール

 

 

2019年 3月 28日 本日合格報告会でした

みなさんこんにちは。

 

本日の合格報告会は、国公立理系志望の生徒向けに挙行されました。

 

本日報告してくれた受験生は2人。

 

1人目は春から、長生高校から順天堂大学医療看護学部に進学する勝山千聡さんです。

 

東進に入ってよかったこととして彼女が挙げていたのが、勉強法を知ることができたことだそうです。

 

2人目は、千葉東高校から千葉大学法政経学部に進学する上原真央さんです。

 

彼女が受験生に一番伝えたいことは、どんなに忙しくても計画性を持って

 

学習を進めることだそうです。

 

合格報告会に参加して下さった生徒の皆さんも真剣に2人の話を聞いていました。

 

 

 

 

ぜひ、今回の合格報告会で得た貴重な情報を、確りと今後の受験生活に活用しましょう!

 

 

 

 

 

2019年 3月 28日 合格された先輩にインタビュー!!

 

皆さんこんにちは。小関悠希です。

 

実は最近、花粉症に苦しんでおります(笑)。今年は昨年よりも花粉の量が多いらしく、非常につらい日々を過ごしております。

 

私のように花粉に苦しんでいる生徒の皆さんも、しっかりと薬を飲みマスクをつけて生活をしましょうね。

 

 

さて、本日のブログのテーマは「合格された先輩にインタビュー!!です。

 

ということで、本日は、昨年まで土気校舎で受験生活をしていた、関和慶君にインタビューをしました!

 

 

彼は、千葉南高校でテニス部で副部長をしながらも、勉学にも一生懸命に励んだ結果、来年度からは日本大学経済学部に進学することができました。

 

受験生時代からとても勉強に対して熱心で、毎日校舎に登校し、朝早くから夜遅くまで欠かさず勉強をしていたとても模範的な受験生でした!

 

そんな優秀な関君ですが、来年からなんと土気校の担任助手になるそうですよ!とてもうれしいですね!

 

さて、それではインタビューを始めましょう。

 

Q1. 受験を終えて、今の感想をお聞かせください。

 

第一志望に合格できなかったのはくやしいですが、大学生になれてホッとしております。今は映画を見たり、友達と遊んだりと、リラックスした日々を送っています。

 

 

 

Q2.受験生時代を振り返り最も辛かったことは何ですか?

 

10月の全国統一高校生テストで、日本史が38点と絶望的な点数を叩き出したことです。

 

夏休みに日本史を頑張って勉強したのにもかかわらず、あまり点数が伸びなかった不安感に加えて、センター試験本番まで3ヶ月を切ったこともあり、とても焦った気持ちもありました。

 

本当にあれは辛かったですね。。。

 

 

 

Q3.その辛いことを、どのように乗り越えましたか?

 

あまり点数が伸びなかったことを気にせず、それを受け止め、すぐに気持ちを切り替えたことです。

 

日本史の自己採点を校舎で行ったあと、すぐに担当の担任助手と今後の勉強方針を定めたことで、12月の模試では69点まで伸ばすことができました。

 

そして、気持ちを早く切り替えたこともあってか、センター試験本番では79点と、6月の模試からセンター試験本番で41点も伸ばすことができました。

 

 

 

Q4.受験を戦い抜く中で大切なことはなんですか?

 

2つあります。1つ目は「気持ちを強く持つこと」です。

 

試験本番は、想像以上のプレッシャーやがを襲います。

 

そんな試験を重ねるにつれて、第一志望校に合格したい気持ちや、大学生になりたいという気持ちがどうしても弱くなってしまいます。

 

しかし、そのような状況の中においても、気持ちを強く持つことで、試験に100%の力で立ち向かうことができます。

 

2つ目は「大学合格だけを見据えるのではなく、将来を見据えること」です。

 

大学受験がゴールではないと自分に言い聞かせることで、日々の勉強に対するモチベーションが上がります。

 

受験においてモチベーションはとても大切なものですから、この考え方を早いうちから身につけて本当に良かったと思います。

 

 

 

Q5.今後どのような大学生になりたいですか

 

自分から考えて、積極的に様々な活動に取り組んでいける大学生になりたいです。

 

例えば、受験生活を通して、海外の文化などに興味を持てたので、留学や海外旅行に積極的に取り組めたらと思います。

 

 

 

Q6.最後に東進生にメッセージをお願いします!

 

受験は自分が思っているよりも、辛くて厳。

 

しかし、最後までやり抜けば、自分はやり切ったという自信につながり、これからどんな辛いことや苦しいことがあってもがんばろうと思える強い精神力を手に入れることができます。

 

なので、現在辛い思いや苦しい思いをしている人でも、最後まで戦い抜けば、強い精神力を手に入れることができるので、最後まで諦めず頑張ってください。

 

~完~

以上で関君とのインタビューを終わりにしたいと思います。

 

今回のインタビューではすぐに気持ちを切り替える事、気持ちを強く持つことなど、受験生活を通していく中で大切なエッセンスを彼は語ってくれました。

 

今回のブログを生かすも殺すも自分次第。

 

このブログを胸に刻み、苦難の連続である受験生活を全力で乗り越えましょう!!

 

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

2019年度、土気校の卒業生による合格体験記です。

現役合格への秘訣を知りたい方は↓↓をクリック!!

 

 

東進ハイスクール土気校 質問箱!ブログの内容のリクエストや東進に関する質問など、何でもどうぞ!

 

 

体験授業、入学申し込み、資料請求は

こちらのバナーから!

またその他不明点・お申込み等お問合せは

東進ハイスクール