2月 | 2019 | 東進ハイスクール土気校|千葉県

ブログ 2019年02月の記事一覧

2019年 2月 28日 勉強計画の立て方

はいどうもこんにちは!

 

人気ブロガーの木村です!

 

本日は新高校3年生向けに強計画の立て方」について書いていきたいと思います。

 

以下が計画を立てる際の大まかな流れになってくると思います。

①現状分析

②解決策を考える

③スケジュールに落とし込む

 

今回のブログは「勉強計画の立て方」というタイトルですが、計画を立てる前段階の①現状分析と②解決策を考えるというプロセスが計画を立てるためには欠かすことができないのでこちらについても書いていきたいと思います。

 

①現状分析

この目標と現時点での自分の点数を比較します。

点数を比較した結果、「各科目において目標まで○点不足している」という形で具体的に目標までのギャップが見えてきます。

具体的なギャップが見えたら、各科目どのように勉強して点数を上げていくかを考えていきます。

例えば英語を考えてみます。目標は9割程度で、模試では6割程度でした。具体的に得点状況を見てみると文法までは8割程度取れているが、後半になるにつれて得点率が悪くなっていた。

→こんな感じで分析をしてみましょう!(実際はこんなにうまく分析できないかもしれませんが。。。)

しっかり分析を行うことで、やるべきことが明確になりモチベーションの観点からも非常に良いです!やみくもに計画を立てる前にまずはしっかり現状と目標の差を確認するようにしましょう!

 

②解決策を考える

①の現状分析をした後で解決策を考えていきましょう!

先程の英語の例では、文法は8割程度取れていて、後半になるにつれて得点率が下がっていた、と分析がされていました。

ぱっと考えてみるといくつか原因があると考えられます。

・文法の知識を思い出すのに時間がかかってしまっていて後半に割く時間が少なくなってしまった。

・長文読解のスピードが遅く、時間が足りなかった

・そもそも長文の読み方をうまく確立できていない

などなどいろいろあるかと思います。

こうした考えられる原因と自分の試験中の状況などを照らし合わせて、もっとも決定的な原因を突き止めます。

この例では、「長文読解のやり方が確立できていない」ということが原因だったとします。

そこでこれを解決する策として「取得している長文の受講&復習の徹底」「長文の問題集を1冊やる」といったものを導きます。

 

③スケジュールに落とし込む

②までをしっかりやったらいよいよスケジュールに落とし込みます。

先程の例では、「取得している長文の受講&復習の徹底」「長文の問題集を1冊やる」といったことを解決策としてあげていました。これらをどれくらいの期間でやるかを決めた後は、それを1か月、1週間、1日といった単位で落とし込んでいきます。この時に計画通りいかなかったときのための「予備日」のようなものを週に1日ほど設けておくと極端に計画からずれてしまうということがなくなるのでお勧めです。

 

 

はい、いかがでしたでしょうか?

計画の立て方で困ったことがあればいつでも校舎にいるスタッフに聞いてみてください!

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

新年度特別招待講習 申込受付中!

3月13日までのお申込みで、3講座に無料招待します。

お申込みはこちらのバナーをクリック!

↓ ↓ ↓

 

 

東進ハイスクール土気校 質問箱!ブログの内容のリクエストや東進に関する質問など、何でもどうぞ!

 

 

体験授業、入学申し込み、資料請求は

こちらのバナーから!

またその他不明点・お申込み等お問合せは

東進ハイスクール

 

 

2019年 2月 27日 模試の復習法 数学ver

みなさんこんにちは

石井です!!

先日、友達と草津に旅行に行きました。

なんという幻想的な風景(天気が悪くて視界が曇っているだけです)

久しぶりにゆっくり過ごせました!!

 

さて、今回のテーマは、「模試の復習法 数学ver.」です。

昨日に引き続き、模試の復習法シリーズです。

 

つい先日、第一回目のセンター試験本番模試が実施されました。

この前の模試の結果はどうだったでしょうか?

結果が出た人、出なかった人、それぞれいると思います。

 

ただ、結果を見て一喜一憂するのが模試ではありません。

模試は、自分の弱点を見つめ直し、その弱点を克服して成績を伸ばしていくことに意味があると思います。

だからこそ、弱点を克服するために模試の復習が重要になってきます。

 

模試の復習で優先してやるべきことは、解けなかった問題を解きなおすことです。

一回問題を解き直してみることで、時間が足りなくて解けなかったのか、そもそも問題を理解していなかったのかの大きく二つに分かれると思います。

それぞれ対処方法は次のようになっています。

 

①時間が足りなくて解けなかった場合

この場合は、問題自体の理解は出来ているので、あとは時間制限になれる問題演習を進めましょう。

高速マスターの数学計算演習をやるのがおすすめです。

自分も、数学計算演習利用して計算スピードをupさせることができました。

数学計算演習会も開催しているので、ぜひ参加して下さい!!

 

②問題が理解できなくて解けなかった場合

この場合は問題を解くというよりも、まずは公式などを理解するところから始めましょう。

受講などを見直してみるのが良いと思います。

受講を見直してある程度解けるようになったと思ったら、数学計算演習を進めてみるといいと思います。

数学計算演習の問題は、教科書の練習問題レベルの簡単な問題が中心になっています。

まずは、この簡単なレベルの問題を解けるようになってからセンターレベルの問題に移っていけるのがベストです。

 

また、答えだけでなく解説もしっかり読みましょう。

自分がどこで間違えているのか、どこが理解できていないのかが一目瞭然です。

解法を理解して、似ている問題が出た時に間違えないようにしましょう。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

新年度特別招待講習 申込受付中!

3月13日までのお申込みで、3講座に無料招待します。

お申込みはこちらのバナーをクリック!

↓ ↓ ↓

 

 

東進ハイスクール土気校 質問箱!ブログの内容のリクエストや東進に関する質問など、何でもどうぞ!

 

 

体験授業、入学申し込み、資料請求は

こちらのバナーから!

またその他不明点・お申込み等お問合せは

東進ハイスクール

2019年 2月 26日 土気校 合格速報(2月26日時点)

2019年 2月 26日 模試【英語】の復習方法(宮澤ver.)

Hello, xin chào, สวัสดี ค่ะ

右から英語、ベトナム語、タイ語で「こんにちは」です。

新妻担任助手が先日のブログで言っていた通り、3か国語で挨拶してみました(笑)

マイナーな言語も覚えておいてその国の人に会ったときに挨拶をすると、とっても喜んでくれて仲良くなれるんです!

なので英語以外の言語にも積極的に触れていきたいです!

 

さてさて、今日のテーマは英語の模試の復習法です。その中でも長文の復習について話します。

 

まず、英語の復習で意識して欲しいことは精読することです。

模試や本番では時間制限があるので、どうしてもゆっくりと文章を読むことは出来ませんよね…

なので、時間に制限が無い復習で、細かいところまでしっかり読み、自分に足りていないところを確認することが重要です。

 

ここから書くのはあくまで私の個人的なオススメの方法なので、1つの参考にしてみてください!

 

①分からない単語・熟語にマーカーを引く

そもそも知らない単語や熟語が多いと英語の文章は読めません。ぱっと見てマーカーの数が多い人はマスターや単語帳のやり方をもう一度見直してみてください。

このときチェックをつけたものは、単語帳にチェックをつけるなどして絶対に覚えるようにしましょう。

 

②英文と和訳を照らし合わせながら、自分の解釈が合っているのかを確認する。(このとき知らない単語・熟語はない状態)

自分の解釈と違っていた場合は

・ 1つの意味しか覚えていない単語や勘違いして覚えている単語はないか

・知らない文法の知識が文章に含まれているのではないか

・構文の取り方を間違えていたのか

・Not や But を見落としていただけなのか

このような事を中心に確認をし、ペンで細かいところまで書き込みます。

もちろん自分の解釈と合っている場合は、時間がもったいないのでペンで書く必要はありません!

1文1文確認するので、集中力を保つためにも音読をしながらやるのをオススメします!

私はこんな感じでやっていました。構文の取り方は受けている授業や人によって違うと思うので自分で読んでいて分かりやすいやり方を使ってください。

 

③文章をすべて理解した状態で音読をする

はじめはゆっくりで大丈夫です。完璧に分析をし、書き込みを入れた文章を読みます。

左から右へ理解しながらスラスラと読めるようになったらスピードアップしていくようなイメージで、何回も音読をしましょう!

これをすることで、速く正確に読むイメージがつくことが理想です。

このときに、どんな発音なのか分からない単語も調べながら読むことで、大問1の発音アクセントやリスニングの対策にもなります。

 

④書き込みが無い状態のものを印刷し、音読する

③でスラスラ読めるようになったら、最後は本番と同じ状態で読んでみましょう。

ここで速いスピードで正確に読めるようになっていれば、その文章の復習は終わりと考えていいと思います。

 

私は受験生の時このような順番で復習をしていました。始めは時間がかかるのですが、知識が増え、慣れてくると復習の時間も短くなります。

これも1つの参考にして、自分に1番合ったやり方をみつけてください!

 

3月末英語完成と4月1日の英語プレ模試期待してます!!

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

新年度特別招待講習 申込受付中!

3月13日までのお申込みで、3講座に無料招待します。

お申込みはこちらのバナーをクリック!

↓ ↓ ↓

 

 

東進ハイスクール土気校 質問箱!ブログの内容のリクエストや東進に関する質問など、何でもどうぞ!

 

 

体験授業、入学申し込み、資料請求は

こちらのバナーから!

またその他不明点・お申込み等お問合せは

東進ハイスクール

0120-104-584

 

2019年 2月 25日 自己採点をしっかりやろう!!

こんにちは!!

鈴木優香です!!

昨日は第一回センター試験本番レベル模試でしたね!!

受験した方お疲れ様でした~!!

私は昨日も校舎にいましたが、点数が上がって喜んでいる人もいれば、

思ったような結果が出ずに悲しんでいる人もいました。

そこで今日は、どちらの人にとっても、大切である、

「自己採点」の話をします!

 

 

今回はセンター試験における自己採点の大切さについてです。

自己採点はなぜそんなに大切かというと、

センター試験本番で、自分がとった点数が開示される時期はいつだか知っていますか??

はセンター試験の成績は、

すべての大学の入試が終わった4月中旬に成績通知書が順次送られます。
つまり、センター試験の成績は、

受験校の判断には使えないということです。

どれほど遅い学校であったとしても、

3月の中旬から下旬までには試験が終わってしまっています。
願書の提出となれば、もっと早いタイミングで打ち切られてしまいます。

「センター試験の後に、どこの大学を受けるか」の判断は、

センター試験の成績通知が出ていない段階で決めなければなりません。

また、私立大学の一般入試に関してはセンター試験後でも出願が可能ですが、

センター試験利用入試はセンター試験前に出願することがほとんどです。
では、成績通知を待たずに自分の成績をするためにはどうしたらいいのでしょうか。

このときに重要になってくるのが、自己採点です。

自己採点の結果によって、

国公立の出願校を変えたり、センター利用入試や一般試験の追加出願をしたりします。

国公立大学や私立大学のセンター利用入試の合否判定も参考程度にはなりますが、自己採点によって判定が出ます。

ここで自己採点が正確になされておらず、

例えば低い点数に採点してしまっていたら、じぶんが本当に受けたかった大学を点数が足りないからという理由で諦めざるを得ないかもしれません。

いじょうから分かるように、

自己採点で大切なことは、点数再現の

「正確性」です。

この正確性があるかないかで、進路に迷った時の助けになるかどうかが決まります。

 

これから、毎回の模試で意識して正確に点数を出せるように練習しておきましょうね!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

新年度特別招待講習 申込受付中!

3月13日までのお申込みで、3講座に無料招待します。

お申込みはこちらのバナーをクリック!

↓ ↓ ↓

 

 

東進ハイスクール土気校 質問箱!ブログの内容のリクエストや東進に関する質問など、何でもどうぞ!

 

 

体験授業、入学申し込み、資料請求は

こちらのバナーから!

またその他不明点・お申込み等お問合せは

東進ハイスクール

0120-104-584