11月 | 2018 | 東進ハイスクール土気校|千葉県

ブログ 2018年11月の記事一覧

2018年 11月 30日 明日からついに12月!!

こんにちは!

今日のブログは竹島です!

だいぶ寒くなってきて冬が近づいてきた感じがしますねぇ。

気づけば明日から12月。一年はすぎるのが早いですね。

 

ということで今日のブログのテーマは明日から12月!です。

何を話そうか色々考えたのですがやはり受験生の12月の過ごし方、重要性についてお話ししようかなと思います。

受験生にとって12月とても大事な月です。

なぜかというと12月はプレッシャーがなく勉強できる最後の月だからです。

 

1月に入るとセンターが近づいてきて無意識的に受験を意識し緊張をしてきます。センター直前なんて生きた心地がしません。笑

センターが終わってひと段落。というわけにもいかずすぐに私立の入試が始まってきます。

私立の入試が始まればあっという間に受験が終わります。

 

つまり12月しかプレッシャーがない状態で勉強ができないのです。そりゃもうすでに緊張してきましたという人がいるかもしれませんが、年が明けると今の比じゃないくらい緊張をすると思います(人によりけりだと思いますが)

なので12月の使い方次第で合否を左右すると言っても過言ではないと思っています。

 

以上のことから12月が重要だということがお分かりいただけたでしょうか?

次に12月をどのように過ごせば良いのかお話します。

 

12月は今まで通りの勉強をしているようではダメです。12月の勉強のテーマは弱点克服ではなく弱点を消滅させることです

まず、今日でも明日でもいいので自分の弱点を書き出してください。この時単元ジャンル別演習を取得している生徒はその画面を見た方が早いかもしれません。

次にその弱点の優先順位をすべてにつけていってください。単元ジャンル別ではそれもすべて出ているはずですね。

優先順位がわかったらその弱点をひたすらに潰してください

多少できるようになるくらいじゃ甘いです。弱点を強みにできるくらいにしてください

今の時期は各大学の過去問だったりセンターの過去問だったりをやっていると思いますがその間の時間があると思うのでその時間で弱点克服ではなく弱点を潰す勉強をしてください。

 

12月に弱点をどれだけ潰せるか、無くせれるかで合否が変わってきます。この勉強方法は12月しかできません。

今日のブログの話をまとめると

12月がとても大事。この1ヶ月の使い方が合否を左右する。

です。

もし、勉強の進め方、弱点の見つけ方がわからないなどありましたら竹島や他の担任助手に聞いてみてください!

では最後に!前回からやっている偉人の名言を載せて終わりしたいと思います。

『人間の最も偉大な力とは、その1番の弱点を克服したところから生まれてくるものである』

-カールヒルティ(幸福論の著者)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

冬期特別招待講習お申込み受付中!!

こちらのバナーをクリック

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

体験授業、入学申し込み、資料請求は

こちらのバナーから!

 

またその他不明点・お申込み等お問合せは

東進ハイスクール土気校まで!

2018年 11月 29日 センター試験まであと50日

 

 

こんにちは、今日の担当は宮澤です!

 

いきなりですが、センター試験まであと何日か知っていますか?

 

50日

 

です!

 

100日切った!と焦っていた日から50日ということになりますね、、

 

この時期は、ほとんどの3年生が国公立二次・私大の対策をしていると思いますが

 

私が今日言いたいことは

センター試験の対策もしっかりしよう!

 

ということです。

 

まず国公立の人は、分かっているとは思いますがセンター試験がとても重要になってきます。

 

センターで一定の点数が取れないと、「足切り」と言って、二次試験を受けられなくなってしまうということがあります。第一志望が受けられないという結果にならないよう、センターの対策はしっかりしましょう!

 

 

次に、私立志望の人です。

 

「解かなきゃいけない赤本がありすぎて、センター演習してる暇がない、、」

「センター利用で受ける大学は第一志望じゃないし、、」

 

と思っていませんか?

 

確かにそうなのですが、センター利用で滑り止めの大学に合格できる点数を取ると、

 

一般試験で受ける大学の数を減らすことができる

 

第一志望の演習を多くできる

 

ということになります!

 

また、センター試験の問題は出る範囲に偏りがなく、基礎の問題が多いので

 

苦手な部分や忘れてしまっているところがはっきり見えると思います。

 

私立の問題を解くことは1番大事ですが、学校の休み時間に

 

大問分野別演習をやるなど

 

スキマ時間を活用してセンターにもできるだけたくさん触れるようにしましょう!

 

 

 

センター試験まであと50日と聞いて焦りと不安でいっぱいの人もいると思います。

 

(東進 POSを開くと日にちどころか秒数までカウントダウンされているので、昨年の私は見るたびに焦ってました、、(笑))

 

心配ばかりしていても何も変わらないので、

 

受験が終わった後に後悔しないように、今できることを確実にやりましょう!!

 

 

また、高校2年生は後50日でセンター試験まであと残り1年です。

 

 

意外と短いですよ~

 

受験生になって「もっとやっておけば」と後悔しないように

 

受講・マスターなど今やるべきことをしっかりやりましょう!

まだ受験勉強を始めていない人は、

 

東進で、冬期特別招待講習を実施しているので、下の画像をクリックして詳細を見てみてください!

 

 

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

冬期特別招待講習お申込み受付中!!

こちらのバナーをクリック

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

体験授業、入学申し込み、資料請求は

こちらのバナーから!

 

またその他不明点・お申込み等お問合せは

東進ハイスクール土気校まで!

2018年 11月 28日 私大志望はいつからセンター対策するのが良い?

こんにちは!

本日の担当の宮崎です!!

最近寒くなってきたのでしっかり風邪ひきました。

みなさんは、体調管理しっかりしましょう!

 

本日のテーマは、「私大志望は、いつからセンター対策するのが良い?」です。

これは、ずばりセンター試験本番の1カ月前頃です。

 

冬休みが始まる頃から対策を始めていきます。

これには、理由があります。

私大志望の皆さんは、今、私立の過去問を解いていると思います。

私立の問題とセンターの問題は、出題形式や時間配分など違うと思います。

違うやり方で慣れている状態で、センターに戻ると、

自分の実力を出せないこともあります。

その状態で本番を受けないためにも慣れの期間というのが必要なのです。

 

しかし、1カ月前からセンター対策を始めるといっても

私立対策を全くやらないという訳では、ありません。

私立の対策も、センターの対策と同時に行っていきます。

学校のある平日は、私立とセンターの対策を交互にやり、

土日の時間があるときは、私立の過去問一年分とセンター1教科をやるなど

工夫しながら、対策していきます。

その頃になったら、担当の人と話し合いながら計画を立てましょう!!

 

試験本番が近付いているのに、過去問の点数が全然伸びないとか、

様々な悩みが増えてきて辛くなってきている時期だと思います。

しかし、ここを耐えていけるか、耐えていけないかで結果が大きく変わってきます。

なにか悩みがあったら、担任助手の人は相談にのります。

ここを耐え抜いて頑張りましょう!!

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

冬期特別招待講習お申込み受付中!!

こちらのバナーをクリック

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

体験授業、入学申し込み、資料請求は

こちらのバナーから!

 

またその他不明点・お申込み等お問合せは

東進ハイスクール土気校まで!

2018年 11月 27日 そろそろセンター対策に移ろう!!【国公立ver】

こんにちは!國江です!

先日、高校の後輩の新人戦を見に行ってきました。

やっぱり高校生の頑張っている姿は素晴らしい!!!

バスケやりたくなりました(笑)

 

もうあっという間に11月も終わりに近づいています。

この時期までにほとんどの受験生は私立国公立二次試験の対策をしてきたと思います。

しかし!国公立を受験する人はセンター試験の得点率によって受験する大学が変わってきます!

なので国公立を受ける人はそろそろセンター試験に戻りましょう!

センター試験対策を始める時期はその人の学力や大学のセンターと二次の配点にもよりますが、11月末~12月始め頃から始めることをオススメします。

 

〈國江の場合〉

千葉大学教育学部はセンター試験50%、二次試験50%という配分

=センター試験も二次試験も安定的に得点を取らなければならないという試験方式でした。

まだこの時期はセンター試験で安定にとれる状態ではなかったので、11月の難関・有名大模試と復習が終わった日からセンター試験対策を始めました。

 

また、国公立受験者はよく「受験科目が多くて何から手をつければ分からない」と悩む人が多いと思いますがここで國江からのアドバイス☆

 

学校の授業を効率よく使おう!!

この時期はセンター試験に出そうな問題を解くなどセンター対策中心の授業になる高校が多いと思います。

私の場合、「英語は1日1年分絶対に通して解きたい。けど、社会科目・数学も不安。」と考えてました。

こんな時に学校の授業をどう活用していたかというと、

学校で英語のセンター1年分演習した日は東進では他の科目やるという風にして1日で多くの科目に触れるようにしていました

あくまでも私のやりかたなので全員に合ってるとは言えませんが、参考にしてみて下さい!!!

 

実際に私のまわりにもセンター試験の得点が思い通りにとれなくて受けたかった大学を受けれなくてこうかいしたひとがいます悔しい思いをした人がいます。

後悔しないように今やるべきことをやって欲しいです!

頑張れ受験生!!!!

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

冬期特別招待講習お申込み受付中!!

こちらのバナーをクリック

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

体験授業、入学申し込み、資料請求は

こちらのバナーから!

 

またその他不明点・お申込み等お問合せは

東進ハイスクール土気校まで!

0120-104-584

 

2018年 11月 26日 行き詰ったときこそ基礎!!

こんにちは!

卒論提出も間近に迫ってきて追い込まれている林です!

卒論も提出してしまえば大学生活も終わりが近づいてるのを感じます。

やはりさびしいのものですね・・・

では、本題に移りましょう!

 

今日のお題は『行き詰ったときこそ基礎』です。

 

英語を例に挙げて話を進めますね。

高校3年生は今の時期は大学の過去問を解いている時期だと思います。

そこで毎年多く挙がってくる来る声として

「点数が取れなくて困ってます」と言う声です。

そんな時に私が生徒に色々確認していくと大体の結論が

・語彙(単語・熟語)を疎かにしている

・構文が頭に入っていない。

このあたりに収束します。

このことを生徒に伝えると意外だったみたいな反応をする人もいます。

特に構文は本当に毎年多くの生徒がびっくりした反応をしていますね。

 

ですが、よくよく考えてみれば英語と言う科目は

長文を読むためには基礎知識である単語・熟語・文法・構文が必要ですよね。

ですので、長文が読めない人間こそ基礎知識が大事ですね。

なので、基礎知識に取り組む時間を確保した方がいいと思います。

(他の科目との兼ね合いもありますが・・・)

 

他の科目も同様です。

なにかに行き詰ったときには1つずつ振り返っていくと基礎的なことが抜けていることに気付くと思います。

 

高校1・2年生の人たちこそ早期に様々な科目の基礎知識を完璧にしておくことをオススメします。

まだ手遅れではありませんよ!

出来ない人こそ早く取り組めば、最終的には高い点数を取れます!

大事なのは努力の量ですよ!

 

みなさんがんばってください!

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

冬期特別招待講習お申込み受付中!!

こちらのバナーをクリック

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

体験授業、入学申し込み、資料請求は

こちらのバナーから!

 

またその他不明点・お申込み等お問合せは

東進ハイスクール土気校まで!

0120-104-584

 

合格体験記