9月 | 2018 | 東進ハイスクール土気校|千葉県

ブログ 2018年09月の記事一覧

2018年 9月 30日 単元ジャンル別演習とは!?

本日のブログの担当は竹島です!

 

 

今日は台風が近づいていてあいにくの天気ですね…

不要不急の外出は控えて勉強は無理せず家で行うようにしましょう…笑

 

 

てことで本日のブログのテーマは

単元ジャンル別演習とは!?

です。

後半には進め方のアドバイスもあるのでぜひ見ていってください!

 

 

受験生はきいたことがある人はいるかもしれないですね!

こちらは今年からできた新しいコンテンツです!

 

単元ジャンル別演習とは入試までの限られた時間の中で

勉強を最も効率的に行うためにAIを駆使した学習コンテンツです!

 

その特徴は主に3つあります!

 

特徴①

50以上の対象大学の中から直近10年間に出題された入試問題を単元(江戸時代)とジャンル(女性史)2つの視点から詳細に分析し出題される。

 

特徴②

個人の学習履歴(東進模試、過去問演習講座)をもとに科目をまたいで学習優先順位を提示し残り時間の中で合格の可能性を最も高める逆算学習を実現。

 

特徴③

10万問以上の圧倒的問題量の提供により尽きることのない問題演習が可能

 

難しい言葉が並んでいるので簡単にまとめると

 

その生徒の成績から苦手を克服するための専用の問題が用意され、問題量も多いので短期間で成績を大巾に伸ばすことができるものになっています!

 

 

ここまでは受験生であれば知っている人も多いと思うのでここからは竹島が考える効率的な使い方をアドバイスします!

 

まず、第一志望大学の過去問演習講座を取得している人はできなくてもいいので最低3年分過去問を解きましょう。そうすることによってどこが苦手で出来ていないかAIに学習させることができます。

次に第一志望大学の過去問からは少し離れて滑り止め大学から過去問を解いていきましょう。

それと同時並行で単元ジャンル別演習を進めます。志望順位下位の大学の過去問を解くと同時に第一志望相当の問題の苦手な分野の克服をします。

 

これをすることで第2志望以下の大学の過去問をすべて解ききり学力も向上させ、かつ、第一志望相当の苦手分野を克服できるのでスムーズに第一志望の大学の過去問演習に入ることができます

どちらかが遅れてしまうだけで第一志望大学の過去問演習をするタイミングがどんどんずれ込んでいくので計画的に進めていきましょう。

 

単元ジャンル別演習に関してわからないこと、不安な点があれば竹島でもいいですしほかの担任助手でもいいので気軽に遠慮せずに質問に来てください!

 

 

 

 

全国統一高校生テスト、お申込受付中!!

↓ ↓ ↓

体験授業、入学申し込み、資料請求は

こちらのバナーから!

またその他不明点・お申込み等お問合せは

東進ハイスクール土気校まで!

0120-104-584

 

 

 

 

2018年 9月 29日 受講を早く終わらせよう!!

こんにちは~

この間めちゃめちゃ倍率の高い大妻女子大の

MUSIC FESのチケットを当てて、

雨の日が続いているのに

めちゃめちゃ元気な新妻です。

 

本日のテーマは、、、

「受講を早く終わらせよう!」です。

 

最近担任助手に受講をやってる~?と

声を掛けられた人も多いと思います!

 

受験生はセンター試験まであと約三か月

その限られた時間の中で受講、2次・私大対策、

センター対策をやらなければいけません。

 

赤本は各校の傾向を掴むために

たくさんの量を解きます。

因みに私はトータルで80年分解きました。

 

今の皆さんの受講ペースで、満足のいく

2次・私大、センター演習の時間が確保できるでしょうか?

 

高3生の中には自分で時間をつくりだし、

1日4コマ、週20コマ以上やっている生徒もいます。

 

みなさんはライバルです。

「自分が誰よりも勉強してやる!!」

という気持ちで頑張りましょう!!!

 

 

 

低学年の皆さんで夏休みに終わらせる学習計画

が今も終わっていない人はいませんか??

 

そして、今の学習量で全国統一高校生テストで

点数がとれますか??

 

最近雨のせいか校舎に来ない人が増えている気がします。

 

もう一度自分の学習計画を見直して、

しっかりと校舎に来て、受講していきましょう!

 

 

 

全国統一高校生テスト、お申込受付中!!

↓ ↓ ↓

体験授業、入学申し込み、資料請求は

こちらのバナーから!

またその他不明点・お申込み等お問合せは

東進ハイスクール土気校まで!

0120-104-584

 

 

 

 

2018年 9月 28日 二次私大演習進んでる?

こんにちは!

今日の担当は丸桜子です!!

最近寒くなってきて体調を崩しやすい季節だと思うので、体調管理には気をつけていきましょう!

 

ところで皆さん、二次私大演習の方は進んでいますか?

この前のブログでも書きましたが、受講ばかりやってはいませんか?

バランスを考えて進めましょう。

私的に二次私大演習を進める大切さは2つあります。

①その大学の傾向を知る

第一志望に受かりたいならその大学の過去問を何回も繰り返してその大学の傾向を知ることがとても重要です!

実際に問題を解いて、このテーマはよくでるなとか大問数はこのくらいあるからこういう時間配分でいこうとか自分の感覚で掴んでいかないと、受験本番で焦ってしまったり頻出科目の対策を充分に行うことができません。

しっかりと予定を立てて計画的に進めていきましょう!

二次私大の演習量はとても多いので今からやらないと間にあいませんよ!!

②復習の仕方を学ぶ

二次私大の復習にはかなりの時間がかかりますよね?

効率良く復習をしていくにはどんどん二次私大演習を繰り返して、自分なりの復習の仕方を学ぶことが大切です。

時間がかかるといって復習を疎かにしていると、いつまでたっても出来ないところが残って点数を伸ばしていくことが難しいです。

せっかく問題を解いて出来ないところをみつけても、その問題を解き直したりノートにまとめたり、しっかりと復習をしていかなければできるようになりません。

受験の直前期に時間を無駄にせず演習を進めていくためにも、今からがんばっていきましょう!

全国統一高校生テスト、お申込受付中!!

↓ ↓ ↓

体験授業、入学申し込み、資料請求は

こちらのバナーから!

またその他不明点・お申込み等お問合せは

東進ハイスクール土気校まで!

0120-104-584

 

 

 

 

2018年 9月 27日 成績が伸び悩んでいる人へ

今日のブログ担当は小西です!

きょうは非常に寒いですね。

傘を忘れて大学に行ってしまったため、雨に降られてしまいとても後悔しました。

土気では降ってなくても、油断せず東京の天気予報を見ておくべきでしたね。

みなさんはこんなことにならないように気をつけましょう!

さて今日のお題は「成績が伸び悩んでいる君へ」です。

頑張っているのに成績が伸びない。

周りより伸びが遅い。受験までに間に合いそうにない。

様々な状況はあると思いますが、自分の成績の伸びに不安を抱いている人は多いのではないでしょうか?

その不安を解消すべく小西なりにアドバイスします。

 

成績が伸びない理由はズバリ!

学習量が足りていないからです!

「そんなことはない!」と思いましたか?

あてはまらない人もいると思いますが3つの視点から説明をします。

 

1.学習量≠東進にいる時間

学習量は東進にいれば増えるとは限りません。

あたりまえですよね?体育の授業がバスケットボールの時に授業時間50分をすべてそれに振り分けることは不可能なのと一緒です。

準備、片付け、準備体操、先生の話など競技をやる時間は体育館にいる時間とイコールにはならないのですから。

思い返してみて下さい、校舎での自分の学習態度を。

準備、片付け、友達との会話、居眠り、食事、ケータイをいじるなど余計なことに時間を使ってしまっていませんか?

もし時間を無駄遣いしているのなら当然成績は伸びないでしょう。

2.学習量≠机の前にいる時間

机の前に座っているから学習量が増えるわけでもありません。

何かほかのことを考えて上の空だったり、集中できなかったりしていませんか?

机に向かうだけで満足してしまう人にありがちな傾向です。

なんとなく勉強した感覚にはなりますが、結局その時間では大して学習は出来ていないなんてことはざらにあります。

伸びる人は1時間当たりの学習量が多い。つまり、効率がいいのです。

3.学習量≠今まで全ての学習量

この大学受験で必要な力のほとんどは高校生の今、大学受験の勉強をするから身に付くものです。

小学生、中学生の時にどれだけ頭が良くても、どれだけ高校の偏差値が高くてもそれは大学受験にあまりいきてきません。

というのも、高校以前で学習した範囲ではほとんど大学受験の問題は解けないからです。

もちろんその下積みがあるから大学受験の勉強ははかどりますし、勉強効率はも良くなるはずです。

しかし、直接点数にはならないのです。

なので、今までの下積みがあるか大丈夫だと高をくくっている人は厳しい現実を突きつけられているのではないでしょうか?

 

以上3点が学習量が足りないからという理由です。

これはすべて意識していれば改善できるはずです。

学習量を上げるには勉強時間を確保し、集中する時間を極限まで増やし、無駄な時間を省く。

そして今までの自分がどうあったのかは関係なく、これから自分はどうありたいのかを考えそれに向かって努力する。

それだけで結果が変わりますし、人生も変わります。

当てはまらなかった人は小西に相談しに来てくださいね!

******

全国統一高校生テスト、お申込受付中!!

↓ ↓ ↓

体験授業、入学申し込み、資料請求は

こちらのバナーから!

またその他不明点・お申込み等お問合せは

東進ハイスクール土気校まで!

0120-104-584

 

 

 

 

2018年 9月 26日 シャッター前登校をしよう!

みなさんこんにちは!小関悠希です。突然ですが、ここ数ヶ月読書にはまっております。

 

僕の親友が読書を読み始めて、とても思慮深くなったことで自分もそれが刺激になったので自分も読んでみようと思ったことが、読書をし始めたきっかけです。

 

最近好きな作家は、日本を代表するかの有名な三島由紀夫です。

 

彼の影響を受けてか、自分の思想が右翼に傾きそうで怖いです笑

 

みなさんも彼の代表作をぜひ読んで見てください

 

 

さて、本日のブログテーマは「シャッター前登校にこだわろう!」です。

 

まずシャッター前登校とはなんだと思いますか?

 

 

受験生の皆さんは、もうお分かりですよね?

 

 

シャッター前登校とは、校舎が開館する時にシャッターが開きますが、そのシャッターが開く前=開館する前までに校舎に登校することを言います。

 

平日の開館時間は11:30、土曜日の開館時間は10:00、日曜祝日は8:30となっており、その時間前に登校すること、それをシャッター前登校と言います。

 

それぞれシャッター夏休みの時に私達担任助手からシャッター前登校をしようと耳にタコができるまで言われていたと思います。

 

 

なぜ私たちはシャッター前登校をしろというのでしょうか。

 

 

目的は自分が思うに1つです。

 

 

朝早く起床することを習慣とする

 

 

です。

 

 

入試の朝はとても早いです。

 

 

例えば、9時に第1科目が始まり、試験会場が東京の方にある大学を受験すると仮定しましょう。

 

 

 

 

気駅から東京の会場まで電車だけで約1時間半、徒歩も合わせて約2時間近くかかります。

 

 

そうなってくると、朝起きる時間はだいたい6時くらいになってくるでしょうか。

 

 

 

とても早いですよね。ただ、受験はそういうもので、朝早くから受験が始まります。

 

 

ここでもし朝早い時間に起床することを習慣としていないと、脳が完全に機能せず、完璧なパフォーマンスを発揮することができません。

 

 

対して、朝早くに起床することを今の時期から習慣としている受験生は、脳が朝早くに機能させることが慣れているため、

 

 

 

 

試験で完璧なパフォーマンスを発揮することができるのです。

 

 

 

つまり、このことから言えるのは、試験はすでに始まっているということです。

 

 

なぜなら、試験の合否は点数で決まりますが、その点数を決める要素は多くあるからです。

 

 

その要素を大きく占めるものとして、朝早く起床することを習慣としているか否かがあるのです。

 

 

ここで冒頭で紹介した、私の大好きなかの有名な三島由紀夫からの言葉を掲載させていただき、本日のブログを占めたいと思います。

 

 

精神を凌駕することのできるのは習慣という怪物だけなのだ」『美徳のよろめき』にて

 

 

******

全国統一高校生テスト、お申込受付中!!

↓ ↓ ↓

体験授業、入学申し込み、資料請求は

こちらのバナーから!

またその他不明点・お申込み等お問合せは

東進ハイスクール土気校まで!

0120-104-584