ブログ | 東進ハイスクール土気校|千葉県

ブログ 

2018年 8月 17日 リスニング対策会【ブログ総選挙実施中!】

 

みなさんどうもこんにちは!!新妻です!!

昨夜私の家はカミナリのせいで停電したのですが、みなさんの家は大丈夫でしたか?

最近は、気温差が激しい日が続いているので、体調管理に気をつけて下さい~

ここで、カミナリのように衝撃的なニュースです!!

久しぶりにブログ総選挙の投票状況を見たら、最下位争いをしていた新妻がなんと5位まで上がっていました!!

誰ですか!!私に投票してくれた心の優しい方は~ ( 涙 )

本当にありがとうございます!!!

引き続きブログ総選挙は実施しているので皆さんお好きな担任助手にドシドシ投票とコメントを下さい!!

お待ちしています~

 

*******

ブログ総選挙やってます!

好きな担任助手に投票してね☆

↓↓

*******

 

受験生のみなさん~、8月20日に何があるかご存知ですか??

そうです!リスニング対策会』です!!

名前だけ聞いても何をやるのかよくわからないですよね~

ということで本日はリスニング対策会についてご説明します。

 

センター英語には、筆記リスニングがありますよね。点数配分は、筆記が200点、リスニングが50点です。

筆記は点数が高いため、文系も理系もとても重要な科目になります。

しかしみなさん忘れてはいませんか??

国公立受験の人はもちろん、私立受験の人もセンター利用入試ではリスニングの点数も加味されます。

いくら筆記を対策しても、リスニングで失敗しました。ではお話にならないですよね?

結局筆記とリスニングの両方で合格点を越えなければ合格することはできません。

 

自分の現状を振り返ってみてください。1日という限られた時間の中でやるべきことはたくさんあります。そのなかでリスニングの学習のために割ける時間はあるでしょうか??

まず、筆記で合格点をとる実力をつけなければならないし、他の科目もまんべんなく勉強しなければなりません。リスニングに割いてる時間なんてない!というのが多くの人の正直な答えでしょう。

そんなあなたにぜひ参加してほしいのがこのリスニング対策会です。

この対策会では、普段は社会人や大学生を相手に実践的な英語を教えている東進ビジネススクールの方を講師にお招きし、「リスニングで満点をとること」を目標に時間がない中でのリスニングの勉強法や聞こえにくい音を聞き取るコツなどを教えて下さいます。

とても貴重な機会でもあり、大きなチャンスをつかむ機会でもあります。

是非、参加してください!!!

 

******

体験授業、入学申し込み、資料請求は

こちらのバナーから!

またその他不明点・お申込み等お問合せは

東進ハイスクール土気校まで!

0120-104-584

2018年 8月 16日 私の大学生活【ブログ総選挙実施中!】

最近、甲子園がアツイですね!

はいどうもこんにちは、人気No.1ブロガーになれそうでなれない木村です!(みなさん、ブログ総選挙の投票をお願いします。笑)

 *******

ブログ総選挙やってます!

好きな担任助手に投票してね☆

↓↓

*******

本日のブログでは、自分の大学生活について書いていきたいと思います。

皆さんが大学生活のイメージを膨らませたり、受験勉強のモチベーションアップにつなげられることができれば幸いです。

 

それでは内容に移っていきましょう!

 

今回のブログでは大学生活の中でも特に現在の自分の大学生活の中心になっているゼミ(研究会)について書いていきたいと思います。

 

自分は経済学部なので、経済に関するゼミに入っています。

自分のゼミでは開発経済学計量経済学という二つの分野を軸にゼミ活動を行っています。

開発経済学とは、途上国の貧困問題に対して経済学的な視点からのアプローチを試みる学問で、計量経済学とは一般的に言われる統計学のようなものです。開発経済学ではミクロ的な分析をよく行うので、計量経済学を合わせて学習することが実質必須になってきます。

 

ゼミでは

①春学期は秋学期以降の三田祭論文の執筆に向けた基礎固め

②夏休みは合宿で実際に途上国を知る

③秋学期は三田祭論文の執筆

ということをそれぞれの時期に主に行っています。(下の画像が年間のフローです。)

春学期は毎週、開発経済学の教科書と計量経済学の教科書の輪読を行い、開発経済学の教科書の輪読では扱ったテーマに関するディスカッションなども適宜行っていました。

ちなみに、輪読とは、ざっくり言うと教科書の割り当てられた部分を担当者がプレゼンし、全員でその部分に関する理解を深めていこうとするものです。

 

ここまでは本ゼミと呼ばれる教授が同席するゼミでの内容です。

 

さらに、自分のゼミでは、本ゼミのほかにサブゼミと呼ばれる、学生たちだけでの勉強会も週に2コマ実施していました。

サブゼミでは、Stataという統計ソフトを用いた演習を中心にした計量経済学の勉強に加え。夏合宿の話し合いなどを中心に行っていました。

 

ゼミで扱っている内容はなかなか難しいものも多く、大変なことも多いですが、他のゼミ員と協力して何とか乗り切っています!

 

そして、夏休み、前述した夏合宿というものに行ってきました!

自分のゼミでは毎年途上国に合宿で行っており、年によっては実際に農村などで他大学と共同でアンケートを配布して家計調査を行い、そこで得られたミクロデータに基づいて秋以降の三田祭論文の執筆を行ったりしていたみたいです。

今年は約1週間インドに滞在し、現地に進出している日系企業の訪問やマイクロファイナンスを行っている機関や対象となっている農村を実際に訪問するなどといったことを行ってきました。

(食事はほとんどカレーでした笑)

この合宿の内容は学生にすべて任されていて、合宿係を中心に、自分たちで現地の日系企業などにアポイントを取ったりしており、非常にやりがいがありました^^

↓は現地での写真です。

 

 (↑スリシティーという日本企業をはじめとする外資系企業が進出しているインドの工業地域のような場所です。)

 

 (↑マイクロファイナンスの対象になっている農村の訪問の際の様子です。)

 

 (↑インドにあるスラム街です。)

 

このように座学だけではなく、実際に自分たちの目で見て学ぶことができるのも大学ならではのことではないかと思います。

 

また、慶應経済では、ゼミに所属している学生は①三田祭論文(ここまで何度か文中に登場しましたね)②卒業論文の二つの論文を執筆します。秋学期以降はこれまでの学習を土台にして三田祭論文の執筆が本格的に始まっていくので気合を入れていきたいと思います。

 

たまに、三田祭論文や卒業論文が面倒だ、と言っている人もいますが、個人的には大学に入ったからにはアカデミックな面で何かを成し遂げた経験が欲しいので、大変だとは思いますが、同時にこれらの論文執筆が楽しみでもあります^^

 

以上述べたものが主に自分がゼミで行っていることです。

 

また、余談になりますが、慶應義塾大学では他学部入ゼミという制度がありまして、違う学部のゼミに所属することもできるのです!(他大学では見られない特殊な制度です。)

 

入学後、入学した学部ではできないことをしっかり勉強したい、となった際にはこの制度を利用して他学部のゼミに入ることができるのです。(もちろん、入ゼミの際には試験などがありますが。)

 

なので、「正直大学で勉強したい内容があまり固まっていない」という人は慶應義塾大学を志望校に加えてみるといいかもしれませんよ!

 

以上で本日のブログは終了です。

皆さんが大学生活をイメージしたリ、受験勉強のモチベーションを高める一助になっていれば幸いです!

また、高校1,2年生の方は志望校選びのきっかけしてくれると嬉しいです!(志望校の相談、いつでも乗りますよ^^)

 

夏休みも残り少なくなってきましたが、残り期間を有意義に過ごせるようにしていきましょう!

******

体験授業、入学申し込み、資料請求は

こちらのバナーから!

またその他不明点・お申込み等お問合せは

東進ハイスクール土気校まで!

0120-104-584

2018年 8月 15日 頑張り続けることの難しさ【ブログ総選挙実施中!】

こんにちは!! 最近、運動不足が著しい髙木です。

私も運動がんばるので、みなさんも勉強がんばりましょう!!

センター試験本番レベル模試まで、

あと10日!!

長かった夏休みもあと少し!

最後まで力をふりしぼれ!

*******

ブログ総選挙やってます!

好きな担任助手に投票してね☆

↓↓

*******

今日のテーマは「頑張り続けることの難しさ」でお送りしたいと思います。

 

みなさん、夏休み前のHRで宣誓書を書いたと思いますが、しっかり守れていますか?

 

「毎日朝登校する」「一日○○時間勉強する」などなど素晴らしいことを書いてくれたと思います。

 

夏休み始まった当初は「よっしゃ、やったるぜ!!」みたいな感じでやる気に満ち溢れていたと思いますが、最近はどうでしょう?

 

東進に来てはいるけれど、勉強に集中できない人。

朝つらくて朝登校できていない人。

そもそも東進に来ていない人。

 

人それぞれだと思いますが、そのつらい気持ち痛いほどわかります。

 

たった40日「死ぬ気で頑張ろう」と思っていた夏休み。本当に長いですよね。

 

私もあれほど長く感じた40日間はもう経験することがないでしょう。

 

つらすぎて丸一日食事がのどを通らない日があったり、もう受験勉強など捨てて、どこか遠い場所へ行ってしまおうかと思う日があったり、

相当病んでいました。笑

それでもなんとかやりきって結果を出すことができました。

 

少し話を変えますが、第一志望に合格できる人の割合ってどのくらいだと思いますか?

 

大学によって異なりますが、多めに見積もって2割くらいでしょう。

 

日本の受験生の8割は悔しい思いをしているということです。

 

見事合格を勝ち取った2割の受験生悔しい思いをした8割の受験生ではなにが違うと思いますか?

 

私は頑張り続けられたか否かだと思います。

 

短い期間がんばることなんて誰にだってできます。

 

しかし頑張り続けることがいかに難しいことか

 

みなさん身を持って今感じていると思いますし

 

このという数字が物語っています。

 

今頑張れば、受験が終わったあと「あのとき頑張ってよかった」と思うはずです。

反対に今頑張れなかったら「あの時もっと頑張っておけばよかった」と思うはずです。

 

みなさんは受験が終わったあとどっちの気持ちでいたいですか?

きっと前者のはずです。

 

センター試験本番レベル模試まで、あと10日。

センター試験まで、あと156日。

悔いの残らないように、一緒に頑張っていこう!!

 

 

 

******

体験授業、入学申し込み、資料請求は

こちらのバナーから!

またその他不明点・お申込み等お問合せは

東進ハイスクール土気校まで!

0120-104-584

2018年 8月 14日 宮崎の計画立て方。【ブログ総選挙実施中!】

こんにちは

今日のブログ担当の宮崎です!!

ブログ総選挙皆さんにブログ読んでほしいなってきもちでやってます

ぜひ読んでいただいて、学べるところは学び、みなさんのパワーアップにつながったら

うれしいです!!

 

 

*******

ブログ総選挙やってます!

好きな担任助手に投票してね☆

↓↓

*******

 

では、本題に移ります。

みなさん計画を立ててから勉強してますよね?

でも、計画通り行かない!!計画通りやれてない私だめだ~~って人いませんか?

そこで、今日は宮崎の受験生時代にやっていた計画の立て方を紹介していきたいと思います!!

 

まず、はじめに伝えたいことがあります。

計画ずれるのはあたりまえです!!

計画立てて実行するのは人間です。

もちろん人間ですからものによってやる時間が変わってしまうのは当たり前です

本当に大事なことというのはずれてしまった計画をどう修正していくかということです!!

では、計画立てる時のポイントを紹介していきます。

 

①勉強時間ではなく勉強量で計画を立てる

英語一時間、国語二時間みたいな計画ではなく、

英語単語300個、文法書30ページなど具体的に量で計画を立てましょう!!

こうすることで自分のやらなきゃいけないことが明確化され、かかる時間などを考えられ

計画に大幅なずれが生じることが少なくなります。

 

復習時間を組み入れる

受講をやった後や、問題演習をした後に復習をすると思います。

その復習時間というのも計画に組み込んでおきましょう。

これにより、自分の勉強時間をより正確に考えることが出来ます。

勉強において、復習というのは最も大事なことなので、

そこを計画出来るかできないかで勉強の成果が変わります!!

 

無理の無いように

無理のある計画の立て方は、大幅な計画のズレに繋がります。

絶対にやめましょう!!

 

自分はこの三点に気をつけて、計画を立ててました。

しかし、計画をたててもずれてしまうことがありました。

そこで、自分は前日の夜に、次の日の自分のやることを書き出して勉強していました。

毎日やる事を考えることで、計画の修正というのもやりやすくなりました。

 

受験勉強、やる事毎日明確化してがんばりましょう!!

ちなみにこんなかんじのノートにかいてました

 

 

******

体験授業、入学申し込み、資料請求は

こちらのバナーから!

またその他不明点・お申込み等お問合せは

東進ハイスクール土気校まで!

0120-104-584

2018年 8月 13日 高校野球から学ぶ。【ブログ総選挙実施中!】

 どうも小西です。

総選挙の投票ありがとうございます!

みなさんのおかげで現在

3位です!!

本当にありごとうございます。

ただ、あくまでみなさんの勉強の合間の

休憩のような位置づけでやっているものですので、

投票に夢中にならないようにして下さい。

みなさんの合格が1票より嬉しいので。

 

では今日のブログです。

みなさんは高校野球を観たことがありますか?

野球の分からない人でも、一度はテレビで観たことがあるのではないかと思います。

今日はそんな高校野球から学びを得よう

という内容のブログになります。

 

実は小西は元高校球児です。

当時の写真がコチラ☟

あまりそう見られないのですが

キャッチャーをしていました。

 

私自身の経験から

1.努力の先は結果ではなく成長

2.人と良好な関係を作るには誠意を見せる

3.集中力が100%の力を生む

この3点を皆さんいお伝えしようと思います。

 

1.努力の先は結果ではなく成長

「努力は必ず報われる」

良い言葉ですよね。ただ、これはウソです。

「努力した人が大抵報われる」

これがホントです。

どんなに頑張っても報われないことがあるのが現実。

しかし、私はみなさんに「勉強しろ」と言いますよね。

これはべつにいじわるではなく、

成長した人の方が結果を出しやすいですし

結果が出なくても充実した生活が出来るからです。

ソースは小西です。一般入試全部落ちたので。

でも法政と東進と私生活と、充実しています。

だからみなさん、結果を追いつつ成長も追ってください!

 

2.人と良好な関係を作るには誠意を見せる

東進の生活は基本的に1人で出来ますよね。

しかし、担当の担任助手がいたり、グループのメンバー、

友達、校舎長、親、兄弟、学校の先生など

実は受験期間でも色々な人と関わりがあります。

全ての人とコミュニケーションを積極的にとるほど

みなさんには時間がないと思います。

そこで大切なのが特定の人には誠意を見せることです。

野球部は基本的にあいさつや私生活の部分を

監督や顧問の先生から厳しく指導されます。

その理由はおそらく

周囲の人から応援される野球部」を作るため。

これは皆さんにもぜひ意識しておいてもらいたい部分です。

誰かに応援されながらやる受験と、されない受験では

精神的にやりやすさが違いますから。

 

3.集中力が100%の力を生む

この3点目は特に大切です。

100%の力を試合や試験で発揮出来たら

大体は成功すると思いませんか?

そこで大切なのが集中力だと思うんですよ。

集中力は1回で30分程しか続かないと言われています。

ただ、試合や試験の時間はそれより長い時間行われますよね?

そこで大切なのがことあるごとに深呼吸をすることです。

試合の時はイニングの合間に深呼吸していましたし、

試験の時は大問が1つ終わるごとにしていました。

この工夫だけで大分集中力が続きます

そしてその力が皆さんのパフォーマンスを高めます。

 

 

以上が小西が高校野球で学んだことと

それを活用している方法の話になります。

みなさんにもそれぞれ歩んできた道のりから

学び、生かしていけることが多くあると思います。

勉強に疲れた時や何かに悩んだ時には

ぜひ、今までの自分を振り返ってみて下さい!

 

*******

ブログ総選挙やってます!

好きな担任助手に投票してね☆

↓↓

*******

******

体験授業、入学申し込み、資料請求は

こちらのバナーから!

またその他不明点・お申込み等お問合せは

東進ハイスクール土気校まで!

0120-104-584