ブログ | 東進ハイスクール土気校|千葉県

ブログ 

2018年 11月 13日 教育実習に行ってきました!

みなさん、お久しぶりです!

小松です!

実に1か月ぶりの登場です。

この1か月間、何をしていたかというと…

教育実習

に行っていました!

「教育実習」とは、実際の学校現場に行って、授業を行ったり生活指導を行ったりするものです。

簡単に言えば、先生になるための「職場体験」のようなものですね。

教員免許(先生になるために必要な免許)を取得するためにも必ず行わなければいけないものです。

(小学校や中学校、高校の先生はみんなこの教育実習に行っています)

今日は、この教育実習の経験についてお話ししたいと思います。

(詳しいことは個人情報保護の関係で書けないのでご容赦ください!)

 

①将来像の認識ができた

私は、今回教育実習を行ったことで、将来実際に「どのような環境で」「どのような仕事をし」「どのような生活をするのか」はっきりと認識することができました。

今までは、漠然と「こんな風な仕事なんだろうなぁ」とか、「こういう生活がしたいなぁ」としか考えることができませんでした。

しかし、実際に経験することで具体的にイメージすることができるようになり、モチベーションが上がりました。

 

②大学ではできない経験ができた

大学では主に講義(授業)が中心です。そのため、実践的なことはあまり経験できません。

もちろん、模擬授業を行ったり、RP(ロールプレイング)を行ったりして研究することはありますが、そのほとんどは大学生や教授などの大人が中心です。実際の子どもを相手に行うことはめったにできません。そういった環境の中で、実際に子どもたちを相手にして試行錯誤することができました。

「こういう発言をしたらこう返ってくる」「何が好きで何が嫌いか」など、たくさんのことを知ることができ、大学の授業とは全く別の貴重な経験ができました。

 

③様々な人と出会うことができた

学校の先生から子どもたちまでいろいろな人に会うことができました。さまざまな人と関わっていくことで自分の人間性を豊かにしていくことができました。特に、先生にもいろいろな性格、考え、行動をしていて、間近で観察することができたのでとてもためになりました。

今後の人生において、今回の経験を思い出して、「こんな先生がいたなぁ」「こんな子どもがいたなぁ」とより充実した生活にしていけるようになりました。

 

以上のように、今回大変良い経験をすることが出来ました。

このような経験ができたことは、

高校生に受験をするときにこの道を決めたから行くことが出来ました。

受験をするときに進路を決めていなければ、今回教育実習に行けていませんでした。

そのため、本当に高校生の時に進路を決めておいて本当によかったと感じています。

教育実習以外でも、大学での進路によって経験できることは様々です。

例えば、農学部なら野菜の生育体験看護学部なら病院の看護体験など、その進路を選んでいなければ体験できない事があるでしょう。

ぜひ、高校生のうちに将来について真剣に考えていきましょう!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

冬期特別招待講習お申込み受付中!!

こちらのバナーをクリック

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

体験授業、入学申し込み、資料請求は

こちらのバナーから!

 

またその他不明点・お申込み等お問合せは

東進ハイスクール土気校まで!

0120-104-584

 

 

2018年 11月 12日 最後に合否を分けるのは…!?

 

こんにちは!

最近大分書いているなと言う印象の竹島です。

最近は再び学校の実験が忙しくなり毎週レポートに追われる日々です…

しかし、やっている内容は面白いので何とかやれています。笑

 

てことでイントロダクションは少なめにして今日のブログの本題に入りたいと思います!

今日のブログのタイトルは

「最後に合否を分けるのは……………………????」

です。

なんでしょうねー。まぁこれは正解はないですよね。

 

 

けど、自分が受験生時代に感じたことは

いかに最後まで慢心しないか、諦めないか、油断しないか

が合否を分けるだろうなと感じました。

第一志望に受かる人は最後の最後ま問題集や参考書をボロボロになるまで使い

覚えていることを何回も確認したり

試験本番直前になってもゆっくりお昼ご飯を食べたりはせず

常に集中し緊張感がありました。

 

逆に第一志望に落ちた人(竹島)

覚えたであろう英単語を反復せず高速基礎マスターをさぼる

過去問をやっていてわからない問題があっても復習を徹底的に行わない

数学の知らない公式、問題があっても

「この問題出ないだろー。やらなていいやー。」

と言って覚えようとしない。

(その公式を使う問題はある私立大学の入試本番で出て何もできませんでした)

お昼ごはんの時間は息抜きだ!(それも大事だとは思います)

などと言って1時間近く友達と話し込む。

 

などなど…

今振り返ってもほんとにひどい慢心っぷり。油断しまくりですね。苦笑

私が第一志望に落ちた要因の一つはここからの時期の慢心だと思っています。

受験勉強に終わりはないと言っても過言ではないです。

受験科目の出題範囲全て分かり、100点満点をいつでも取れるようになったら終わりだと思います。

しかし、そんなこと現実的に不可能です。

なので受験勉強は上で言った状態にいかに近づくことができるかなのです。

つまり慢心したら全ての問題が出来るようになるわけがない。

試験本番の教科書見てても大丈夫なギリギリの時間まで勉強し続けるのが理想です。

油断大敵。油断し慢心したらそこで負けです。

長かった受験生生活も残り3ヶ月ちょっとです。

ここまでせっかく死ぬ気で頑張ってきたんだから最後までやり切りましょう。

俺と同じような後悔をしてほしくない。そしてその後悔は取り戻せません。

 

ここで松下幸之助(元松下電器、現パナソニック創業者)の名言を載せておきます。

“謙虚さを失った確信は、これはもう確信とはいえず、慢心になってしまいます。”

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

冬期特別招待講習お申込み受付中!!

こちらのバナーをクリック

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

体験授業、入学申し込み、資料請求は

こちらのバナーから!

 

またその他不明点・お申込み等お問合せは

東進ハイスクール土気校まで!

0120-104-584

 

 

2018年 11月 11日 一日一善のススメ

こんにちは!

とても久しぶりのブログ登場です!

鈴木優香です!今日は天気が良かったので朝散歩してきました!

私の家の近くは森があって自然豊かなので、

歩きながら自然っていいなあと改めて感じた一日でした。

 

さて、本日のテーマは『一日一善のススメ』です。

一日一善とは、

一日にひとつの善行をして、それを積み上げなさいという呼びかけ

と辞書にありました。

私は、一日一善をしていれば、

塵も積もれば山となるということで大きな幸せが回っていつか回ってくるのではないかと信じて受験期の時はこころがけてやっていました。

例えば、自分が出していないけしカスが机にあったらゴミ箱に捨てるとか、

道端にごみがあったら捨てるとかいろいろな人が使う場所を少し掃除するとか…

いいことならなんでもいいです。

意外とあまり時間をかけず、ぱっとできるいいことは日本にたくさん転がっています。

日常的にできるちいさないいことをして自分を褒めてあげて下さい!

これが大事!

これが自己肯定にもつながって、私は良い事積み上げてきたから大丈夫!

と不安になったときは自信にしてみて下さい。

 

やるべき勉強をしっかり行って、一日一善をこころがけて、試験に備えましょう。

受験と運は大分関係していると私は思っているので

今のうちにどんどんいい運気を引き寄せておきましょう~!

以上、一日一善のススメでした!

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

冬期特別招待講習お申込み受付中!!

こちらのバナーをクリック

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

体験授業、入学申し込み、資料請求は

こちらのバナーから!

 

またその他不明点・お申込み等お問合せは

東進ハイスクール土気校まで!

0120-104-584

 

 

2018年 11月 10日 過去問の進めるペース!

こんにちは!林亨です!!

今年も残すところ、残り約1ヶ月半になってしまいましたね~

紅白歌合戦の司会者が決まってきたり、箱根駅伝の予選会もありましたね・・・

今年も残り少なくなってきたので時間は有効活用していきましょう!!

 

今日のテーマは『過去問の進めるペース』です。

 

今の時期だと、受講も終わってきて、自由に使える時間が増えたようなタイミングだと思います。

そこで多くの人が過去問に取り組むと思います!

そこで、平日と休日の過去問の進め方について紹介します。

 

① 平日

平日ならまだ学校があり、東進にいられる時間もさほど長くないと思います。

大体、4時間~5時間半(240分~300分)かなと思います。

過去問の解答時間も様々ではありますが、大体60分~80分ほどかかると思います。

その後に、復習となると大体30分~60分くらいは要すると思います。

そうすると、解答時間+復習時間合わせて計90分~140分ほどかかる計算です。

これが1科目あたりの時間なので、科目数に比例して増えますよね。

1科目だけでもかなりの時間を要するのがわかりますね。

 

ですので、他の科目の勉強時間も考えると・・・

 

平日1日1科目 or 2科目

 

これが目安なのではないでしょうか。

 

② 休日(土日・祝日)

休日は東進にいられる時間はかなり増えますよね?

(朝登校は受験生ならしてくださいね!)

約11時間になります。

これだけありますので・・・

休日1日全科目

休みの日は頑張りましょう。

 

これを目安でやってもらえると良いと思います!

 

私も同じようなペースで受験生時代は進めていました。

最終的には合計90年分の過去問の演習量は確保できました!

 

このようなペースで進めて頑張っていこう!!

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

冬期特別招待講習お申込み受付中!!

こちらのバナーをクリック

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

体験授業、入学申し込み、資料請求は

こちらのバナーから!

 

またその他不明点・お申込み等お問合せは

東進ハイスクール土気校まで!

0120-104-584

 

2018年 11月 9日 センター試験まであと70日!!

皆さん、こんにちは!藤原です!

題名にもあるように、もう11月に入り、

本番が近付いてきましたね。

受験生の皆さんは、

緊張感がさらに増してきていると思います。

過去問は進んでいますか?

私が、過去問を解くときに大事にしてほしいポイントは

復習です!!

科目によって復習の方法は異なると思うので、

復習方法に困っている人は担任助手に聞いてみましょう。

過去問は量も大事ですが、も大切にして下さい。

どの科目にも共通して言えるのが、

「なぜ間違えたのか」を明確にすることです。

復習方法をもう1度見直してみて下さい。

 

高校1・2年生の皆さんは

最近がんばれていますか?

もうすぐ学年が上がります。

10月の模試の反省を生かして、

次の学年に備えて、

毎日登校!毎日受講!をしていきましょう。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

冬期特別招待講習お申込み受付中!!

こちらのバナーをクリック

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

体験授業、入学申し込み、資料請求は

こちらのバナーから!

 

またその他不明点・お申込み等お問合せは

東進ハイスクール土気校まで!

0120-104-584