9月以降の勉強計画 | 東進ハイスクール土気校|千葉県

ブログ

2019年 8月 30日 9月以降の勉強計画

みなさんこんにちは、國江です!

先日ブログ総選挙の結果が発表されましたね~

私は3位という結果でした!上位に入れて嬉しいです!

でも、やっぱり1位狙いたかったですね・・・。新妻担任助手強い・・・。

 

これからも皆さんのタメになることを発信していけたらと思いますので

東進ハイスクール土気校のブログ見て下さいね~!!!

 

今日は「9月以降の勉強計画」

というテーマで書いていこうと思います。

夏休み、8月模試に向けてセンター過去問演習をメインに

勉強していた生徒が多かったと思います。

しかし、「9月以降は何をするの?」と疑問に思っている生徒が多いと思うので

9月以降の勉強方針について期間ごとに説明していきます。

 

模試後~8/31:第一志望校の過去問演習実施(最低1年分)

まだセンターでもあまり点数が取れないのに、

いきなり第一志望校の過去問を解くのに抵抗を持つ生徒もいると思います。

しかし、今すぐに点数を取らなくてはいけないという訳ではないです。

早い段階で解くことによって、第一志望校の傾向把握や自分の課題理解ができます。

自分がどんなレベルでも必ず1年分は明日までに解きましょう!

 

9/1~11/15:第一志望校の過去問演習10年分、志望校対策講座

この期間で第一志望校対策をするために

受講を通してインプットを行います。

それを過去問でアウトプットしていくという流れになります。

以下が学習例です。

 

《学習例》

平日:単元ジャンル別演習、大学対策・記述答案練習講座・単元集中受講

等の志望校対策講座でインプット

土曜日:第一志望校過去問演習(1年分)・採点・分析

日曜日:解説授業・復習

 

ここで大事になってくるのは分析復習です。

もちろん過去問を解くことはとても大切なことですが

分析と復習を徹底してできたかどうかで

間違えた問題を次解けるか、自分の課題はどこか知ることができます。

解いた後も手を抜かないで下さいね!

 

また、国公立の生徒はこの期間

文系の場合、理科と数学を理系の場合、国語と社会を

並行して学習していかないと忘れていくので

時間がとれる土日にセンター過去問演習もしましょう。

 

11/15~12月中旬・末頃:併願校の過去問演習開始

この時期から併願校をどんどん進めていきます。

それまでに講座や第一志望校の過去問演習は

終わらせているようにしましょう。

 

大体の流れはこのようになっていきます。

講座の取得時期やレベルなどは人によるので

細かい計画は担当の先生としっかりと

話し合って決めるようにしましょう!

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

土気校、Instagramはじめました!

担任助手の自己紹介動画や、勉強法などを載せています!ぜひ見てみてください!

2019年度、土気校の卒業生による合格体験記です。

現役合格への秘訣を知りたい方は↓↓をクリック!!

東進ハイスクール土気校 質問箱!ブログの内容のリクエストや東進に関する質問など、何でもどうぞ!

またその他お問合せは

東進ハイスクール土気校まで

TEL:0120-104-584

合格体験記