模試の復習法 | 東進ハイスクール土気校|千葉県

ブログ

2019年 6月 10日 模試の復習法

こんにちは!

担任助手1年のです!

先週の暑さとは一変、急に寒くなりましたね。

体調を崩さないように気を付けましょう!

(ちなみに僕は窓を開けたまま寝てしまいのどが痛いです…)

 

 

さて昨日は全国統一高校テストでしたね!

もう復習は終わりましたか?

思うようにできた人もできなかった人も復習が一番大事とよく言われますよね。

終わってない人は最優先で終わらせるようにしましょう!

そんなところで今日は模試の復習法について話していきたいと思います!

 

まず最初にどの科目でも共通して言えるのは、

解説を他の人に説明できるようになるくらいまで熟読するということです。

他の人に説明するということは内容がしっかり頭に入ってないとできないと思います。そのためそこまで理解できていればOKです。

 

次に科目別に話していきたいと思います。

 

[英語]

~大問1・2~

この二つは基本的に自分が知っていなければ解けません。

そのため間違えってしまった問題は

①解説を熟読する。

②単語帳・文法書(ない場合はマスター)に次見たときに「これこの前間違えたからしっかり覚えよう。」となるように印をつけておく。

③自分で作ったノートに色ペンで自分がわかりやすいようにまとめる。(まとめたものはそのままにしないで繰り返し読むようにしましょう。)

~大問3・4・5・6~

長文は間違えてしまった理由と復習法がいくつかに割れると思うので分けて説明します。

(1)単語・熟語・文法がわからなくて読めなかった。

→大問1・2と同じように復習

(2)(1)は大丈夫だが読み方を間違えてしまった

→構文の取り方を間違えている場合が多いため、日本語訳を見ながらSVOCをふってみる。

(3)答えに直結する部分を見過ごしていた。

→次回から見過ごさないように気をつけて読む。

 

[国語]

~現代文~

漢字・語彙問題

この二つは基本的に暗記なので一度解いたものはその場で覚えてしまうようにしましょう。

また、漢字は答え以外の選択肢も書けるようにしておきましょう。

文章問題

①解説を熟読してどこを読み取れば答えにつながるかのプロセスを理解する。

②理解したプロセスを用いてもう一度解いてみる。 

~古典~

古典は英語と同じように単語・助動詞・敬語など基本を知らないと全く内容をつかめません。そのため基本を覚えられていない人は優先して覚えるようにしましょう。

文法問題

①文を文節ごとに切ってみる。

②文節の内容を1つずつ単語帳や文法書で確認しながら書き込んでいく。

文章問題

これについてはほとんど現代文と同じようにやっていました。

ただ少し違うのは、内容がわからなかったという所もあると思うので、そういう時は文法問題と同じように文節ごとに切ってみるとわかりやすくなります。

 

[社会]

①解説を熟読する。

②テキストでも確認。(その近辺も一緒に覚えてしまう。)

③もしテキストの内容が薄かったり詳しく書いてなかったりしたら、解説や用語集から抜き出して書き加えておく。

 

 

間違えてしまった問題は頭の中に残りやすいです!

次見たときには「これこの前間違えたやつだ。でも覚えてるからもう間違えない!」と思えるようにしっかり復習は行いましょう!

 

 

ただ一つ言っておきます。

復習法は本当に人それぞれです。

あくまで今回話したのは僕の復習なので、ぜひほかの担任助手にも聞いて自分なりの復習法を見つけましょう!

 

分からないことがあったらいつでも聞きに来てください!

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

渡辺勝彦先生の公開授業申込受付中!

「スーパー速読法」で難解な長文問題の速読即解が可能に!!

6月17日 20:00~ 無料招待中!

↓ ↓ ↓

 

夏期特別招待講習 申込受付中!

高1・2生を無料招待!

↓ ↓ ↓

部活生招待講習 申込受付中

高3生を無料招待!これがラストチャンス!

↓ ↓ ↓

2019年度、土気校の卒業生による合格体験記です。

現役合格への秘訣を知りたい方は↓↓をクリック!!

東進ハイスクール土気校 質問箱!ブログの内容のリクエストや東進に関する質問など、何でもどうぞ!

体験授業、入学申し込み、資料請求は

こちらのバナーから!

またその他不明点・お申込み等お問合せは

東進ハイスクール土気校

TEL:0120-104-584

 

合格体験記