9月を乗り越える | 東進ハイスクール土気校|千葉県

ブログ

2019年 9月 1日 9月を乗り越える

みなさんこんにちは!

本日のブログ担当はです!

9月になり、そろそろ学校が始まる生徒も多いんじゃないかと思います。自分の夏休みもあと2週間ほどしかないので、残りは崩れてしまった生活リズムを戻しつつ楽しんでいきたいと思います!

 

さて、本日のタイトルは、

「9月を乗り越える」

です!

なぜこのタイトルなんだろうと思う方もいると思うので、まずそこから説明していきますね!

受験生にとっての9月というのは、受験期で一番気が抜けてしまうと言っても過言ではありません。

その理由は主に

①8月模試で思うような点数を取ることができずモチベーションがあがらない。

②学校も始まり移動や体育などで疲れてしまい、校舎に来ても集中して取り組めない。

の2つがあると思います。

なのでこの2つを乗り越える方法を自分なりに紹介していきたいと思います。

8月模試で思うような点数を取ることができずモチベーションがあがらない。

これが今の自分の実力だと受け入れて切り替えましょう。

いくら思うようにいかなかったからといってクヨクヨしていても何も始まりません。そうしているうちにも全国にいるライバルたちは勉強して一点でも多くとろうと頑張っています。

しかしただ切り替えて模試の事を考えないのではなく、なぜこの点数になってしまったのかの原因を考えて改善していくようにしましょう。

例えば、

・勉強量が足りてなく分からない問題があった。→

勉強量を増やし「知らない」を無くしていく。

・外部会場に行くと緊張してしまい、普段通りに解くことができない。→

普段から試験会場の環境に近い自習室で過去問を解いたり、他塾の外部会場のマーク模試を受験してみたりしてそのような環境に慣れる。

などです。

②学校も始まり移動や体育などで疲れてしまい、校舎に来ても集中して取り組めない。

校舎に来てから時間を決めて10分~20分程度で昼寝をする。勉強に取り掛かる前にミント系のスース―するタブレットなどを舐めて目を覚ます。

などをして、勉強する時間は最大限の集中力が出せるように工夫してみましょう!

 

また学校で久々に友達と会って、つい長い時間話しこんでしまうこともあると思います。

そこで少し我慢をして休み時間や自習の時間を勉強の時間に当ててみてください。

しかし、友達と話をしてリフレッシュをするというのも追いつめられている受験期に大切かもしれません。

なので例えば昼休みだけは友達と話しながらお弁当を食べる。それ以外の休み時間は勉強時間に当てる。など、メリハリをつけて夏休みと比べて少なくなってしまった勉強時間を有効に使いましょう。

(ちなみに自分は朝のHR前は図書館、授業間の休み時間は単語帳を見ながら早弁、昼休みは図書館とスキマ時間を見つけて勉強していました。あくまで参考です。)

 

どのように改善していけばよいかなど悩んでいることがあったらいつでも担任助手のもとへ相談しに来てください!

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

土気校、Instagramはじめました!

担任助手の自己紹介動画や、勉強法などを載せています!ぜひ見てみてください!

2019年度、土気校の卒業生による合格体験記です。

現役合格への秘訣を知りたい方は↓↓をクリック!!

東進ハイスクール土気校 質問箱!ブログの内容のリクエストや東進に関する質問など、何でもどうぞ!

またその他お問合せは

東進ハイスクール土気校まで

TEL:0120-104-584

 

合格体験記