過去問研究ノートのススメ | 東進ハイスクール土気校|千葉県

ブログ

2019年 11月 3日 過去問研究ノートのススメ

こんにちは!宮澤です。最近ブログの登場率が高い気がします(笑)

 

11月に入って、本格的に私大・国公立二次試験の過去問の演習をしていると思います。
1週間で2〜3年分解いている人もいて、皆とっても頑張っていますね!

 

そこで質問です。
過去問をたくさん解くことに必死になって、復習をおろそかにしていませんか?

 

もちろん解く量も大事ですが、その問題の分析や復習はもっと大事です!
解いた問題の復習を適当にすると、せっかく解いた過去問の効果は半減します。

 

そこで質の良い復習をするためにオススメするのが「過去問研究ノート」です。

 

過去問研究ノートには
・解いた過去問の年度・得点かかった時間
・どんな範囲や問題が出題されたか、なぜ解けなかったかなどの分析
・苦手を埋め合わせるためにこれから何を勉強するか、全体の感想
・間違えた問題や用語の意味

など、後から見返すことのできるものを書くといいと思います!

 

私も過去問研究ノートを作っていましたが、間違えた問題や用語の意味については、大事なもの以外あまり書きすぎないように意識していました。

 

例えば日本史はテキストに書き込めるものは書き込み、テキストに無いものや、テキストだと時代ごとに書かれていてわかりにくい「中国との関係」などはノートにまとめていました。

↑こんな感じです。

 

英語の単語や熟語も、単語帳に乗っていないものだけをノートに書くようにしていました。

 

私自身、過去問研究ノートを作って復習を怠らなかったおかげで、志望校の過去問の形式や出やすい問題に慣れ、本番はあまり緊張せず解くことができました
また、入試の前日にその大学のページだけ見返すこともできたので、安心感と「こんなにやったから大丈夫」という自信にもなりました!

 

過去問研究ノートの内容は人それぞれなので、自分があとから見やすいノートを意識して作ってみましょう!
そして、過去問研究ノートを作ったら、絶対にノートを見返す・復習する時間を作ってください。それをしないとノートを作るだけ無駄です。
(ちなみに私は、土日に解いた過去問のノートを次の週の平日に見直していました)

 

過去の先輩の過去問研究ノートが登下校チェックのPCの隣にあるので、それも参考にしてみてください!!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

土気校、Instagramはじめました!

担任助手の自己紹介動画や、勉強法などを載せています!ぜひ見てみてください!

2019年度、土気校の卒業生による合格体験記です。

現役合格への秘訣を知りたい方は↓↓をクリック!!

東進ハイスクール土気校 質問箱!ブログの内容のリクエストや東進に関する質問など、何でもどうぞ!

合格体験記