過去問二周目の注意点 | 東進ハイスクール土気校|千葉県

ブログ

2019年 11月 13日 過去問二周目の注意点

こんにちは!本日の担当はです!

さっそく本題に入っていきたいと思います!

本日は

「過去問二周目の注意点」

です!

みなさん二次私大の過去問演習は順調に進んでいますか?

最近は受講が終わった人も増えてきて、自分の第一志望校の過去問をガンガン解いている人も多いと思います。

二次私大の過去問は基本的に

挑戦校:10年分

実力校:7年分

安全校:3~5年分

解けばいいと言われていたと思いますが、挑戦校できるだけ10年分×2をやってほしいと考えています。

過去問を2周やる目的は

①1周目で間違えたところから得た知識が定着しているかを確認

②その大学の出題形式に何度も触れて慣れる

です。

そこで注意点を2つ述べます。

①出来なかった問題は一周目と同じ解き方で解かない

→同じ解き方で解いていては何も改善されず結局また同じような点数を取ることになってしまい全く意味がなくなってしまいます。そのため、時間が足りなかったというなら文章を読むペースを上げてみたり、文章の中から大事な部分を見つけられなかったというなら注目する場所を変えて読んでみたりするなど、一周目での反省点・改善点を意識して二週目に取り組むようにしましょう。

②答えを覚えて解いているのではなく根拠を持って答えられている

→暗記科目なら覚えられていればいいのですが、英語や国語、数学など根拠があって答えを導き出すものはどうしてこの答えが出るのかを再度頭の中で確認してから答えを選ぶようにしましょう。

 

以上のことを気をつけて、第一志望合格に少しでも近づけるように過去問演習に取り組んでいきましょう!

分からない事があったらいつでも聞きに来てください!

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

土気校、Instagramはじめました!

担任助手の自己紹介動画や、勉強法などを載せています!ぜひ見てみてください!

2019年度、土気校の卒業生による合格体験記です。

現役合格への秘訣を知りたい方は↓↓をクリック!!

東進ハイスクール土気校 質問箱!ブログの内容のリクエストや東進に関する質問など、何でもどうぞ!

 

 

 

 

合格体験記