質問応対が変わります! | 東進ハイスクール土気校|千葉県

ブログ

2019年 12月 20日 質問応対が変わります!

みなさんこんにちは!

石井です!

最近、日が落ちるのがすごく早く感じます。

今日も校舎に来る時に外が真っ暗でびっくりしました!

 

さて、今日のテーマは、「質問応対が変わります!」です。

二次・私大の過去問を解いていくにつれ、だんだん生徒からの質問も増えてきたと感じます。

そんな中で、質問応対の質をもっと上げられるのではないかと考えました。

今まで通りだと、生徒から問題をもらって担任助手がその場で質問に答える、という方法でした。

ただこの方法だと、自分たちもその問題をすぐに理解するというのは難しいので、どうしても質問応対の時間が長くなってしまっていました。

そこで、その問題を解決するために、質問箱というものを作ります。

質問箱の使い方は、まず、質問箱の中に質問したい問題を入れます。

次に、質問箱の横に紙があるので、それに希望する質問応対の時間に自分の名前を書いておきます。

あとは、担任助手がその時間までに問題を解いておくので、時間になったら質問応対をする、という感じです。

ちょっと面倒かもしれませんが、質問箱にはさまざまなメリットがあります。

 

まず1つ目は、質問応対の時間が大幅に減らせるということです

今までだと、問題を渡されてから1から問題を解いていたので、解くまでに時間がかかっていました。

また、考えを整理する時間もあまりなかったので、結果的に説明の時間が伸びるという時もありました。

ですが質問箱を使えば、前もって問題を解けるので、問題を完全に理解した上で質問応対ができます。

今までより簡潔に説明することができるので、質問応対の時間が短くなるはずです。

1分1秒を争う受験では、こういう時間を減らすのもとても重要なことだと思います。

 

2つ目は、自分の予定をなるべく崩さずに質問ができるということです

今回は、生徒の希望時間に合わせて質問応対をするという方法にしました。

これは、なるべくGMなどで立てた予定をなるべく崩さないように、都合の良い時間で質問ができるようにするためです。

効率の良い勉強時間の確保に繋がると思います。

 

今日は質問箱について説明していきました。

今まであまり質問していなかった人も、どんどん質問しに来てください!!

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

土気校、Instagramはじめました!

担任助手の自己紹介動画や、勉強法などを載せています!ぜひ見てみてください!

2019年度、土気校の卒業生による合格体験記です。

現役合格への秘訣を知りたい方は↓↓をクリック!!

東進ハイスクール土気校 質問箱!ブログの内容のリクエストや東進に関する質問など、何でもどうぞ!

またその他お問合せは

東進ハイスクール土気校まで

TEL:0120-104-584

合格体験記