私の志望校の決め方 | 東進ハイスクール土気校|千葉県

ブログ

2019年 10月 4日 私の志望校の決め方

こんにちは、玉田です!

今日は朝起きたとき大雨だったのに

日中は太陽が照りつけて暑かったです…

なのになんで教室の冷房がついてないんでしょうね…

千葉大学の教室は蒸し風呂状態になりがちな気がします。

※あくまでも個人の感想です

勉強は良い環境でしたいものですね…

 

さて、本日は冷房事情に文句がありつつも千葉大学を志望した理由や、

その他の志望校を私がどのように決定したかをお話していきます。

まず、私の主な志望大学について。

 

第一志望・・・千葉大学 工学部 総合工学科 医工学コース

第二志望・・・早稲田大学 先進理工学部 電気・情報生命工学科

第三志望・・・東京理科大学 基礎工学部 生物工学科

 

第一志望、千葉大学について。

私が医療工学を専攻したいと考えたときから目をつけていました。

そもそも医療工学を専攻するコースがある大学は少なく、

さらに西千葉にあるという通いやすさや国立であることから

第一志望はすぐに決まりました。

また、大学のレベルも無理のない受験勉強で届きそうであり、

医学部も持つ大学であることから医療工学を学ぶにあたって

医学部に寄った授業や教授の繋がりもあるのではと考えたことは

他の志望校よりも志望順位が高くなった理由です。

 

第二志望、早稲田大学について。

医療工学だけを専攻する学科ではありませんが、

自分の学びたいことに加え、周りの人の類似の研究内容から

刺激がもらえるのではと考えていました。

また早稲田大学の所有する最新の研究施設が使える限られた学科の

ひとつであることはとても魅力でした。

さらにOCに行って見学したときの感動が志望校となる決め手でした。

第一志望よりもレベルが高く魅力も十分だったため、

同率で第一志望のような位置づけをしていました。

ちなみに指定校推薦に出願しましたが高校内で選定漏れとなってしまいました。

一般入試でも悲しい結果となってしまいました。

 

第三志望、東京理科大学について。

第三志望となると、確実に受かりたいレベルを優先して決めました。

基礎工学部は入試難易度でいえば理科大で下の方のようで、

過去問を解いてレベルを把握して志望校となりました。

またこの学部の1年生は全員北海道キャンパスで1年間の寮生活を送り、

大自然のなかで仲間と切磋琢磨して充実した日々を過ごせそうだとも

考えていました。

合格通知が来た時には進学しようか迷いましたが、

千葉大の合格時の喜びと比べたときに辞退させて頂きました。

 

 

受験生のみなさんはそろそろ志望校が確定してくる時期ですね。

迷っている人はぜひ私や他の担任助手のブログを参考にしてみてください。

さらに志望順位はこの先の成績や実際の合否によって変動するかもしれません。

それでも常に冷静な目を持ち、進学先を選んでください。

 

それでは志望校目指して頑張ってください!!!

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

土気校、Instagramはじめました!

担任助手の自己紹介動画や、勉強法などを載せています!ぜひ見てみてください!

2019年度、土気校の卒業生による合格体験記です。

現役合格への秘訣を知りたい方は↓↓をクリック!!

東進ハイスクール土気校 質問箱!ブログの内容のリクエストや東進に関する質問など、何でもどうぞ!

またその他お問合せは

東進ハイスクール土気校まで

TEL:0120-104-584

合格体験記