私の就活~小松編~ | 東進ハイスクール土気校|千葉県

ブログ

2019年 11月 14日 私の就活~小松編~

みなさんこんにちは!

小松です!

最近はいよいよ寒くなってきましたね。

に向けて本格的に対策を進めていかないといけませんね。

体調を崩しやすい時期なので手洗いうがいマスクなど、十分に行ってください!

そして、11月も半ば

いよいよ受験本番が近付いてきたことを実感しているのではないでしょうか。

大きな進路を決めていくにあたって私の進路選択のお話をしていこうと思います。

私は大学4年生なので次の進路に向かって進んでいきます。

私の就活は、みなさんが思い描いている就活とは少し違うと思います。

世間一般的には、「公務員」と呼ばれるものです。

公務員には、地方公務員国家公務員がありますが、私は地方公務員として千葉県のために働いていきます。

さて、その就職活動には試験があります。

私の場合は、「筆記試験」「実技試験」「面接試験」などさまざまなものがありました。

先日のHRでは話しましたが、どんな就職活動でも「自分をPR」することが重要になってきます。

相手の会社・団体に取って自分が働くことでどんなメリットがあるのか。

相手に伝えていくことになります。

そこで大事なってくることはもちろんたくさんありますが、

中でも「短所の捉え方」は大事だと思います。

良く言いますが、例えば、

我が強いこと→リーダーシップが取れる 

他人に流されやすいこと→協調性がある

といったことです。

このように言い換えてポジティブな印象を伝えていくことが鍵になる訳です。

これを受験において考えてみると、

例えば、模試で得点が上がらなかった時に、

「上がらなくて残念だった」と捉える一方で、

「まだ伸びしろがある!」と捉える姿勢も大切になってくるわけです。

このようにポジティブに考える事が出来れば気持ちも良い方向に向いてくると思います。

注意としては、ポジティブに捉えるだけではなく、何か失敗をしてしまった時には反省も大切ということは覚えておいてください。

例えば、「寝坊して朝登校出来なかった」という時には、「休息がとれたからOK!」とはならないですよね?

ポジティブな姿勢と反省の姿勢。

両方を活用して志望校合格を目指しましょう!

 

最後になりますが、あくまでも大学受験は中間地点です。

しかし、将来の進路に大きく関わっているのは事実です。

私は今の進路が決まって、大学受験を本気で頑張って本当に良かったと思います。

大学受験で頑張っていなければ今の進路とは違っていたかもしれません。

ぜひ、自らの人生を豊かにするためにも目の前の大学受験に一生懸命取り組んで志望校に行きましょう!

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

土気校、Instagramはじめました!

担任助手の自己紹介動画や、勉強法などを載せています!ぜひ見てみてください!

2019年度、土気校の卒業生による合格体験記です。

現役合格への秘訣を知りたい方は↓↓をクリック!!

 

東進ハイスクール土気校 質問箱!ブログの内容のリクエストや東進に関する質問など、何でもどうぞ!

またその他お問合せは

東進ハイスクール土気校まで

TEL:0120-104-584

合格体験記