私の受験期の後悔 | 東進ハイスクール土気校|千葉県

ブログ

2019年 11月 19日 私の受験期の後悔

みなさん、こんにちは!

石井です!

最近は大学の宿題が多くて大変です。

そろそろ中間テストもあるので勉強頑張ります。

 

さて、今日のテーマは、「私の受験期の後悔」です。

自分も受験が終わるまでにいろいろ後悔したことがありました。

その中でも一番後悔したことを話していきたいと思います。

 

まず、自分の入試の結果から言うと、第一志望校(千葉大)は受かったけど、私大は散々な結果に終わったという感じでした。

センター利用で取れたところもありましたが、私立の一般入試は全滅でした。

一つも私大の一般入試を取れずに千葉大の入試を受けたので、千葉大を受けているときはメンタル的には結構厳しかったです。

 

この結果を踏まえて自分が一番後悔したことは、過去問を解く量が少なかったということです。

千葉大の過去問はそこそこ解いていましたが、私立の過去問はあまり解いていませんでした。

その結果、私立の一般入試は全滅しました。

なぜ過去問を解いておくべきかというと、直接的に大学の対策になるからです。

過去問を解くことで、その大学がどのような問題を出すかなどの傾向が分かります。

自分は、過去問をあまり解かずに問題集を解くのを中心にしていたので、その部分があまり出来ていなかったと思います。

問題集を解くのも悪い事ではないのですが、ピンポイントに受験する大学の対策ができるわけではありません。

大学の傾向を知るためにも過去問をある程度の年数を解くのは必須だと感じました。

 

特に過去問を解かずに私大の入試で失敗したと感じた教科は英語です。

第一志望校の入試が長文中心だったので、普段の勉強ではほとんど長文しか解いていませんでした。

そのまま、傾向などを把握せずに私大の入試を受けたのですが、あまり良い点数が取れませんでした。

理由は、文法問題が解けなかったからです。

もともと文法が弱点だったので、対策もしていないのに解けるはずがありませんでした。

少しでも文法問題が出ると知っていて対策をしていれば、結果が変わっていたと思います。

 

今日は、自分の受験期の後悔を書いていきました。

みなさんには、自分と同じような後悔はしてほしくないです。

その思いでブログを書いています。

明日以降のブログにも同じ内容のブログがあるので、いろんな担任助手の後悔をみて、自分の勉強に活かしてください。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

土気校、Instagramはじめました!

担任助手の自己紹介動画や、勉強法などを載せています!ぜひ見てみてください!

2019年度、土気校の卒業生による合格体験記です。

現役合格への秘訣を知りたい方は↓↓をクリック!!

 

東進ハイスクール土気校 質問箱!ブログの内容のリクエストや東進に関する質問など、何でもどうぞ!

またその他お問合せは

東進ハイスクール土気校まで

TEL:0120-104-584

合格体験記