私のセンターエピソード | 東進ハイスクール土気校|千葉県

ブログ

2020年 1月 4日 私のセンターエピソード

 

こんにちは!

本日のブログ担当の宮崎です!!

お正月でたくさんおいしいご飯を食べたことにより

体重が増加している気がします。

おなかも出てきているかもしれません。

これから痩せていこうと思うので、

だれか何か良い方法を知っている方がいれば

ぜひ、私に教えてください!!

 

さて、本題に移っていこうと思います。

本日のテーマは「私のセンターエピソード」です!!

本日はテーマ通り、

私が受験生だったころの

センター直前から本番までについての経験について

書いていこうと思います!!

 

まず、直前期の話をしていこうと思います。

センター本番の本格的な直前対策は

センター試験本番の1週間前から始めました。

このようにした理由としては、

自分はセンター利用で合格しなければならない大学の

模試の判定では安全なラインにいたため第一志望校の

過去問対策を冬休みに行ってきたからです。

ここで困ったことが起こりました。

困ったこととは、解く問題がないということです。

自分はセンター試験対策講座を取得していましたが

問題の多くは解ききってしまっていたり、

現在のセンター試験とは傾向が大きく

異なる問題しか残っていませんでした。

そこで自分はあわてて問題を書店で購入した

という経験がありました。

皆さんにも私と同じような状態の場合は

早めに演習問題を確保しておくことをお勧めします!!

 

次にセンター試験本番の時について書いていこうと思います。

センター試験本番は会場に同じ学校の同級生が

多くいることは皆さん知っていると思います。

慣れ親しんだ人がいるから安心。

友達が緊張薄れると考えている人いませんか?

そんなことは一切ありませんとは言いませんが

ほとんどの人は緊張をすると思います。

そこで、緊張を和らげるために友達といることは

良いことではあるのですが、ゆるみきることはやめましょう!!

自分の友達に「いつも通りにいれば緊張しない」と言って

友達と休憩時間の度に会い話している人がいました。

その人たちの結果は普段通りの

実力が出し切れていないという感じでした。

ここで自分が感じたことは、

適度な緊張というものは必要であるということです!

一問でも点数を多くとるために休憩時間勉強したほうが良いです。

 

以上が私のセンターエピソードです。

参考になれば幸いです。

今日でセンター試験本番2週間前です。

ここで追い込めるのか、はたまた、だらけていってしまうのか

この時期にこの先の自分の人生がかかっています。

自分に負けずに頑張り続けていってください!!

合格体験記