社会科目はどれがいい?~日本史ver~ | 東進ハイスクール土気校|千葉県

ブログ

2019年 5月 13日 社会科目はどれがいい?~日本史ver~

 

今日のブログは小西です。

そろそろ皆さんの学校で中間テストの勉強が始まってきた頃でしょうか?

受験勉強も学校の勉強も効率よく進めていきましょうね。

若々しい二人が持っているテキストは??

そうです。今日から社会科目の選び方のお話です。

社会科目は何を選ぶべきか?

多くの受験生がこの問題にぶつかるだろうと思います。

みなさんの決断のお手伝いをするべく、今日は日本史を選択するメリットとデメリットをご紹介します。

 

日本史を選択するメリット

1.文系の学部は基本的に全て受験可能

各大学の入試科目を見てもらえばわかりますが、学部によって入試で使える科目と使えない科目があります。特に気をつけるべきは文学部を受験する場合で、多くの文学部の受験では日本史か世界史しか使うことができない事が多いです。

2.日本を中心にして歴史が動くので軸を持って勉強できる

世界史との大きな差が視点が常に日本にあることです。日本に関わることしか出てこないので、世界史のように「どの国の出来事だっけ?」とはなりづらいです。

 

日本史を選択するデメリット

1.覚える物事が細かい

1つの時代の中で起きた出来事、それに関わった人、社会の考え方、農業などの文化などなど様々な細かい知識が必要です。問題はこれらの知識をもとにした因果関係を聞いてくる形式です。よって細かく物事を考えるのが苦手な人には苦しい科目になると思います。

2.難しい漢字が出てくる

基本的に出てくる人物の名前は漢字です。人物の名前の厄介な所は旧字体の漢字が使われていたり、阿部なのか安倍なのか安部なのか阿倍なのか分からなくなると言った具合に紛らわしい読み方が多く度の受験生も苦しみます。漢字を覚えることが苦手な人には特につらい科目と言えるでしょう。

 

以上が日本史を選択する時に考慮すべきポイントです。あくまで小西の感覚によるところなので、皆さん自身でも一度調べてみると良いでしょう。

個別に質問があれば担任助手に声をかけてみてください!

明日は髙木さんが世界史について話をしてくれるのでお楽しみに!!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

部活生招待講習 申込受付中

高3生を無料招待!これがラストチャンス!

↓ ↓ ↓

定期テスト特別招待講習 申込受付中

新学年でいいスタートを切りたい高1生・高2生を無料招待します!

↓ ↓ ↓

全国統一高校生テスト申込受付中!!

自分の実力を知ろう!!

新高1,2生は新テスト対応です。

申込はコチラ

↓↓↓↓↓↓

2019年度、土気校の卒業生による合格体験記です。

現役合格への秘訣を知りたい方は↓↓をクリック!!

東進ハイスクール土気校 質問箱!ブログの内容のリクエストや東進に関する質問など、何でもどうぞ!

体験授業、入学申し込み、資料請求は

こちらのバナーから!

またその他不明点・お申込み等お問合せは

東進ハイスクール

0120-104-584