社会の勉強法 日本史ver | 東進ハイスクール土気校|千葉県

ブログ

2019年 2月 17日 社会の勉強法 日本史ver

こんにちは!!

髙橋です。

 

いよいよ私立大学受験も残すとこ僅かになり、国立の一次試験も近づいてきましたね。

一人一人のゴールに向けて最後までやり切ってほしいと思います。

 

 

さて、本日のブログテーマは、、、

社会の勉強法 日本史ver

このテーマ何度も書いた気がしていますが(笑)、本日は私がしていた日本史の勉強法をインプットアウトプットに関してお伝えしたいと思います。

 

 

①インプット(黙読と音読)

皆さんは英語などで、音読をしたことがあると思いますが、それを日本史でも行いました。

音読をした理由は、頭だけでなく耳でも覚えることが出来る、問題を解くときの反射が良くなると考えたからです。

(*音読をするときはお経読みではなく、頭で理解しながら読むことが大切です。)

そして、内容をほとんど把握できるようになったら黙読に切り替えました。時間効率が音読の時とくらべ格段に良くなるためです。

この時は、キーワードを目で追っていきそのキーワードを自分で出来るかを確認することを意識していました。

 

②アウトプット

日本史を勉強する上で、インプットだけで十分だとおもってる人もいるかと思いますが、絶対にアウトプットを行った方が良いと考えます。

それは知識を入れることと、知識を使うことが同時に出来るからです。そして、一度間違えた問題を絶対に間違えないように意識して復習をすることが一番大切です。

そのため、私は復習ノート難問ノートをつくり1点でも多く本番で取れるように意識していました。アウトプットに関しては、なにか教材をやるよりもセンター過去問演習二次私大演習の問題を解きまくることをオススメします。

 

日本史だけに限らず、社会科目は適切にやれば誰でも高得点を狙える科目です。

大事なのは何をやるかよりもどうやるかだと思います。

頑張ってください。

 

 

新年度特別招待講習 申込受付中!

3月13日までのお申込みで、3講座に無料招待します。

お申込みはこちらのバナーをクリック!

↓ ↓ ↓

 

 

東進ハイスクール土気校 質問箱!ブログの内容のリクエストや東進に関する質問など、何でもどうぞ!

 

 

体験授業、入学申し込み、資料請求は

こちらのバナーから!

またその他不明点・お申込み等お問合せは

東進ハイスクール

0120-104-584