社会の勉強法 政治経済ver. | 東進ハイスクール土気校|千葉県

ブログ

2019年 2月 16日 社会の勉強法 政治経済ver.

 

Hello everyone~

여러분 안녕하세요

みなさんこんにちは~ 今日の担当は新妻です!!

 

今日は、気分を一転させてなんちゃて英語

私が大学で第2外国語として学んでいる韓国語

日本語の3か国語ではじめてみました(笑)

今度宮澤さんのブログでは、得意の

ベトナム語とタイ語ではじめるらしいので是非

みなさん見て下さいね~

 

さて今日のテーマは

「政治経済の勉強法」です!!

政治経済を受験で使う方は少ないと思いますが

現代社会や倫理・政経を使う方でも

共通する所があると思うので

参考にして頂ければと思います。

 

何も知らない状態から受験レベルに仕上げるまでの

流れに沿って説明します!

 

①総範囲の予習をする

高校の授業では政経を3年生になってから

やる場合がとても多いと思います。

しかし、学校のペースで学習を進めて

いてはとうてい受験には間に合いません

なので1度受講で通期の範囲を予習してから

学校の授業でその内容を復習するような形を

とりましょう!!

受講をする時に大事なのは必ず政経の用語集を片手に

受講をすることです。単語の意味がわからないと

先生の説明の意味も全く分からないので出来るだけ

買うようにしてください!!

東進ブックスの政経ガイドブックも持っていると

先生が授業中にその内容に触れたりするので

便利です。

授業を受ける際にこれといって意識することは

ありませんが、ノートは復習する時の為に

きちんととっておいた方が良いと思います!

 

②音読で授業テキストの内容を復習

記憶を定着させるためには、

視覚と聴覚をフル活用することが

とても効果的です。

人それぞれ好みはあると思いますが、

音読は視覚も聴覚も使う勉強法なので

暗記科目の勉強にはうってつけの方法です。

テキストの音読をする際には、

出来事とそれを行った人物、また出来事の

背景を意識しながら音読すると

覚えやすいと思います

 

③ひたすらセンター過去問を解く

これが政経の勉強法において

一番のポイントになります!!

「きちんと受講の内容が頭に入って

いないのに問題を解くのがいやだ!」

「きちんと受講の内容を頭に入れてから

じゃないと過去問を解く意味がないんじゃないの?」

と思う方が多いと思いますが、政経に関しては

そんなことはありません。

みなさんが最終的に目指す目標は受験本番で

合格点を取ることです!!

政経は日本史や世界史のように覚える内容が

桁違いに多いわけではないので、だいたいテストでは

単元ごとに問題の出題傾向が決まってきます

なのでセンター過去問を解いて、分からなかった問題を

復習するというサイクルを繰り返せば、出題傾向が高い

問題を厳選して、何度も演習をしていることになるので

効率的に受験で合格点をとるための勉強を進めることが

でき、同時に自分の苦手分野の発見や基礎の定着を

はかることもできます。

はじめのうちは、どんなに高くても30点ほどしか

点数がとれないと思いますが、めげずに毎日演習、

復習を繰り返してください。1~2ヶ月ほど続ければ

必ず点数は伸びます!

センター過去問の復習の際には先程と同じく

音読をしながら、自分が全く覚えていなかった内容や

頻出する問題に対応するテキストの部分に

マーカーを引いたり、テキストや参考書に書き込みを

してみてください。

東進のセンター過去問演習の解説はとても詳しいので

誤った選択肢の解説やテキストや参考書に載っていない

内容の解説までしてくれます。

なのでそのような部分を

テキストに書き込んで、この1冊に

自分の知識の全てが

まっているようなだけの

スペシャルオリジナルテキスト

作ってみましょう!!

 

④講習講座をやる

実は、通期の受講では冷戦や国際経済、紛争の部分に

詳しく触れていません。

なので、夏休み明けに5コマ程度の講習講座を

受講して知識を補います!!

実はこの講習講座が私の一番の

おすすめ講座でもあります。

執行先生の「センター対策政治・経済(国際関係)」です!!

執行先生の板書は整理されていてとても見やすいので

きちんとノートをとって、復習をすることで苦手な受験生も多い

冷戦やアラブの春、国際収支や外国為替の分野完璧にして

他の受験生に差をつけるましょう!

復習の際に先生が授業中におっしゃっていた

ゴロ合わせなど使うと容易に暗記できると思います!

冷戦や金融関係の取引は混乱することも多いので

自分で図におこすとわかりやすいです!

ここまで来たらほとんど知識の

インプットに関しては、ほぼ完璧な状態です!

⑤赤本を解く

上記の学習をしっかりとやってきた人は

赤本もスムーズに解けるのではないでしょうか?

しかし、センター過去問ではあまり出なかったのに

赤本では頻出の問題があると躓いてしまうと思います。

法律などの年代整序の問題や憲法の穴埋め問題です!

政経の参考書では分野ごとに年代順で法律などを

書いてくれているものがほとんどありません。

なので復習の際はノートに年代順に並び替えた法律

などをまとめると覚えやすいです!!

また憲法は、前文、第6条、7条、9条、11条、12条、

13条、14条、21条、22条、28条、97条、99条は

必ず暗記し、その他の何条にどんな内容が書いてあるのか

理解しておくと政経は必ず8割近く赤本でも取れると思います。

アウトプットをしながらも最後まで並行して

インプットを続けましょう!!

 

政経は日本史や世界史よりは覚える範囲が狭いですが、

その分応用力が必要になります!

勉強方法を工夫して、政経が自分の強みになるよう

がんばりましょう!!

 

 

 

 

新年度特別招待講習 申込受付中!

3月13日までのお申込みで、3講座に無料招待します。

お申込みはこちらのバナーをクリック!

↓ ↓ ↓

 

 

東進ハイスクール土気校 質問箱!ブログの内容のリクエストや東進に関する質問など、何でもどうぞ!

 

 

体験授業、入学申し込み、資料請求は

こちらのバナーから!

またその他不明点・お申込み等お問合せは

東進ハイスクール

0120-104-584