社会の勉強法 世界史ver | 東進ハイスクール土気校|千葉県

ブログ

2019年 2月 18日 社会の勉強法 世界史ver

こんにちは!!!! 髙木です!!!!

 

もう受験も終盤ですね。

よく言われますが現役生は受験直前まで伸びます!!

本当です!!

直前期がいかに辛いか私もよくわかりますが、

最後まで勉強しつづけてください!!

今まで頑張ってきた皆さんならできるはずです!!

負けるな受験生!!!

 

ということで今日のテーマに移ろうと思います!

今日のテーマは「世界史の勉強法」ということでやらせていただきます!!

めちゃめちゃ気合い入れて書いていきますので、

(※気合い入れ過ぎてめっちゃ長くなりました)

皆さんも気合い入れて読んでください!!

 

それではまずこれを見て下さい!

おおまかに世界史の勉強法について書いてみました。

今日はこれに沿って説明していこうと思います!

 

まず受験世界史のゴールを決めましょう。

私が考えたのは「受験範囲内の知識を体系的に覚える」です!

本当のゴールは志望校の過去問で合格点をとることなのですが、

それを達成するための目標です。

 

次にこのゴールを分けて考えてみましょう。

 

①覚える

紙にも書いてある通り、極端に言えば覚えてしまえばいいんです。

でもやみくもに覚えても効率が悪いですし、

なかなか覚えられないと思うので、考えていきましょう!!

 

効率よく覚えるためには2つの段階が必要だと思っています。

 

ひとつ目は「理解する」です。

理解することで覚える量がとても減りますし、

覚えやすくなります!!

「理解する」とはなんでしょうか?

私は、因果関係(何が原因で結果何が起こったのか)

歴史背景(当時の常識や慣習)を掴むことだと思います。

 

理解するために使うツールは

・受講

・学校の授業

・(教科書)

・(資料集)

などがあります。

教科書と資料集にかっこがついているのは

暗記するために使えなくもないけど、

個人的には理解するために使うべきかなと思っているからです!

 

覚えるためのふたつ目の段階、「くりかえす」に参りましょう!

これはそのままです。ひたすら繰り返してください。

コツとかはないです!気合いです!

ここを乗り越えればセンター世界史で80%くらいは

得点できるようになるので頑張ってください。

 

私も高3の夏休みに1日4時間ひたすらテキストを音読するというのを

40日間続けた結果、点数が爆伸びしました!

 

くりかえす時に使うツールは、

・テキスト

・一問一答

などがオススメです!

 

ここからは結構個人的な意見なので参考程度に見て欲しいんですが

問題集をくりかえし解くというのはあまりオススメしていません。

なぜなら時間がかかるからです。

 

テキストや一問一答なら

見る→覚える

で済みますが、

 

問題集だと

解く→丸付け→解説を読む→覚える

といった具合にやることが増えてしまいます。

 

もちろん問題集を使うなということではありません。

紙に書いてある通り、人間ってテキストを全部見ているようで、

見落としているところが結構あるんですね。

問題集はそこに気付かせてくれます!

そうやって問題集に「君、ここ覚えてないよ」って

言われた知識は記憶に残りやすいんです!

なので問題集はある程度知識がついてきたら使うと良いと思います!

 

 

②体系的に

知識を覚えただけでは、単なる知識にすぎません。

それを使える知識にするために体系的に整理する必要があります。

 

体系的に理解するとは「流れ」を理解することです。

 

流れには、「タテの流れ」「ヨコの流れ」のふたつがあります。

「タテの流れ」を理解するには因果関係を掴むことが重要です。

例えば、Aの事件が原因となってBの事件が起こったという因果関係が

わかれば、Aが先に起きてBが後に起きた出来事だとわかります。

 

厄介なのは「ヨコの流れ」です。

例えばフランスでフランス革命が起きた年に

アメリカでは何が起きたかわかりますか?

とても難しいと思います。

 

でも年号を覚えていれば一発でわかります!

 

料理で例えると、年号とはレシピみたいなものです。

材料(知識)が揃っていても、レシピ(年号)がなかったら

何を作ったらいいかわからないですよね。

 

年号は、重要な年号をまとめた参考書があるので

それらを使うと良いと思います!

(オススメ参考書は聞いてくれればいくらでも教えます!)

ここまで出来ればセンター世界史で90%は軽く超えると思います!

 

③受験範囲内の知識を

これは要はマニアックな知識ばかり覚えている暇があったら

他の科目を勉強して下さい!ということです。

 

世界史がわかってくると、どんどん楽しくなって

ついつい細かいところまで追求したくなってしまうんですよね。

 

受験は総合力勝負なので、世界史に時間を割き過ぎないようにしましょう。

 

合格点を取るために必要な事は

多くの人がわからないような問題を正解することではなく、

多くの人が解けるような問題を確実に正解することです。

 

基礎基本を完璧に!どの教科でも同じですね!

 

最後にまとめです!

理解する

 ↓

繰り返して覚える

 ↓

タテとヨコの流れを整理する

 

 

長々と話してきましたが、

人それぞれ勉強法は違うと思うので、

自分に合った方法を試行錯誤しながら

見つけましょう!!!!

 

 

 

 

 

 

 

新年度特別招待講習 申込受付中!

3月13日までのお申込みで、3講座に無料招待します。

お申込みはこちらのバナーをクリック!

↓ ↓ ↓

 

 

東進ハイスクール土気校 質問箱!ブログの内容のリクエストや東進に関する質問など、何でもどうぞ!

 

 

体験授業、入学申し込み、資料請求は

こちらのバナーから!

またその他不明点・お申込み等お問合せは

東進ハイスクール

0120-104-584