研修に行ってきました! | 東進ハイスクール土気校|千葉県

ブログ

2018年 11月 5日 研修に行ってきました!

こんにちは!

今日のブロガーは2年の井上です!

 

本日のテーマにもあるように私先日、奄美大島沖永良部島に1週間研修に行ってきました!!

奄美大島って?沖永良部島って??どこ?てかなんて読むの??って思われる方も多いと思うんですけど、

あまみおおしま と おきのえらぶじま は鹿児島県にある島です。

沖縄よりも上にある島で、綺麗な海、自然、しまんちゅうで溢れた島です!

 

よく遊びにいってる!!と言われがちなのですがちゃんと勉強してきたんですよ?笑

実際にこの研修で行ったことは主に3つです。

まず1つ目は、

島にある空き家を歩いて回って調査し、回収し、民泊施設にするお手伝いです

今過疎地域を中心に日本全国で住人のいない空き家が増えていることが問題となっているのですが

聞いたことありますか?

実際に見て回って、空き家が民泊施設になっているところも見て、

空き家の活用には可能性がたくさん秘められているけど、

その可能性をどこまで生かせるかはとても難しい現状があるんだな、ということを身を持って感じました。

 

2つ目は、

島の暮らし体験です!

農業を中心にして生活している島なので、農家さんにお邪魔して3日間みっちり農業頑張りました!

島の人たちは歓迎のバーベキュー会も開いてくれたりして、島の現状とか人生のお話とか

たくさんいいお話をしてもらって、また島に帰っておいで~とか行ったもらえて

第二の故郷ができたみたいでとても嬉しかったです!!

 

3つ目は、

観光農園にするためのツアー企画の提案です!

私は沖永良部島でコーヒー農園のほうでお世話になったのですが、

国産コーヒーを育てる農園を観光地化して人を呼び込むためにはどうしたらいいのかということを

実際に農業体験をしながら、案を考案し提案させてもらいました。

コーヒー観光農園をつくりたいとおっしゃっていた方はまだ30代前半の若い方で、

大好きな故郷である沖永良部島をもっとより多くの人に知ってもらうために

いろんな施策をされていて、目標をもって生きているって素晴らしいなと感動することばかりでした。

実際にツアー案を考案するのもとっても難しくて大変だったのですが、

仲間と徹夜しながらコーヒー農家さんに納得してもらおうと必死で考えた案を

喜んでもらえたときはすごくうれしかったです!

 

なんかいっぱい書いちゃったんですけど、

この研修で体験したことは都心にいてはできないことばかりで

とても貴重な体験ができたなと思いました。

 

私はもともと、まちづくりや地域活性化ができる仕事に就きたいな~とやんわり思っていたのですが、

今回の研修でやっぱりこういう仕事がしたい!!って思うようになりました

もうすぐ3年生で就職について真剣に考えなければいけない時期なので

本当に行ってよかったなと思っています。

 

私の通う、東洋大学国際学部は

『現地で学ぶ』を教育理念にしているので

このような機会がたくさんあるので恵まれているな~と思うのですが

大学生は高校生に比べて格段に現地に行って学ぶ機会が増えます。

ただ教室で学ぶ高校生とは違い、

地方や海外に実際に行って、自分の五感を使って経験し、学ぶことができます。

 

得るものが桁違いに違います。

大学生になりたいな~と少しでも思ってくれたでしょうか?

やりたいことが分からないからイメージがつきにくいという人でも大丈夫。

大学は学びたいことを学べ、将来やりたいことを見つけらえる場所だと思います。

 

自ら情報を集めて、やりたい!と思ったことはどんどん挑戦する人になってほしいなと私は思います。

大学生はやりたいことをとことんやれる期間です。

もっと大学生活について知りたい!と思うことがあればどんどん現役大学生の担任助手に聞いてくださいね☆

始めて夕日をみて泣いた、奄美大島の夕焼け。

 

 

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

冬期特別招待講習お申込み受付中!!

こちらのバナーをクリック

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

体験授業、入学申し込み、資料請求は

こちらのバナーから!

 

またその他不明点・お申込み等お問合せは

東進ハイスクール土気校まで!

0120-104-584