物理の復習方法 | 東進ハイスクール土気校|千葉県

ブログ

2018年 9月 11日 物理の復習方法

みなさん、こんにちは!

石井です!

この前、無計画で友達と旅行に行ったら、ただのドライブになりました。

受験勉強と同じで、計画は大事ですね。

 

さて、本題に移りましょう。

今日のブログのテーマは「物理の復習方法」です。

物理の復習に苦労している方も多いのではないでしょうか。

ここでは、大学の過去問レベルの物理の問題の復習方法について紹介します。

 

まず、みなさんがやりがちな復習方法として、とりあえず計算式や公式だけ覚えれば大丈夫と考えている方がいると思います。

しかし、それは大きな間違いです

センターレベルの単純な問題では、その方法も通じるかもしれません。

ただ、二次私大レベルになると、問題が複雑(例:力学の問題で摩擦力の条件が増える)になります。

複数の条件が絡んでくるため、計算式だけを見ても、どの式がどの状況にあたるかが分かりづらく、結局、計算式を眺めるだけの復習になってしまいます。

計算式を覚えても、問題の条件が少し変わっただけで解けなくなってしまいます。

 

そこで、僕がオススメする復習方法は、図をイメージできるようにすることです

図をイメージするとは、物体に働く力を図示できるようにすることです。

このように図示できるようになると、情報も整理されて復習もしやすいと思います。

また、図を使えば、条件が増えてもすぐに対応が可能(矢印を増やすだけ)なので、応用問題にも通用しやすいです。

 

******

体験授業、入学申し込み、資料請求は

こちらのバナーから!

またその他不明点・お申込み等お問合せは

東進ハイスクール土気校まで!

0120-104-584