演習してますか? | 東進ハイスクール土気校|千葉県

ブログ

2019年 7月 8日 演習してますか?

センター過去問演習に取り組んでいますか?大門分野別の演習をしていますか?

まだやっていない人や、やっているけどあまり集中して取り組めていない人に今日のブログは読んでもらいたいです。

 

皆さんは、センター過去問演習や大門分野別演習、2次私大の過去問演習にはどういった意味があるかご存知ですか?これらの演習をやる意味は大きく分けて、1.「自分の課題を知る」2.「問題の傾向を知る」3.「時間配分を覚える」の3つあります。

1.「自分の課題を知る」

受講や音読などで身に付けてきた力がどの程度通用するのかを試し、それを繰り返すことで自分が乗り越えるべき課題が分かります。単純な知識不足なのか、知っているはずなのにできないのか、そもそも勉強に対する取り組みで甘いところがあるのかなど様々な課題を見つけることが合格の近道です。

2.「問題の傾向を知る」

どの試験にも必ず傾向は有ります。特に国公立2次試験と私立大学の一般入試の問題はそれが顕著です。自分が志望している大学の問題にどんな問題が出てくるのか把握できれば、普段の学習で時間をかけて取り組むべき場所が分かるはずです。そこを徹底的に対策して行くことが効率の良い学習に繋がります。

3.「時間配分を覚える」

これはどの試験でも多くの生徒が苦労する部分です。まず試験時間内に解答ができない場合は慣れる事と知識量を増やすこと、計算の速度を上げるなど根本的な解決が必要ですが、試験に合格する為に必要となる時間配分とは、どの問題にどれだけ時間をかけるかを決め時間を多くかける問題は満点を目指すなどの計画を立てることです。この領域まで早く到達して下さい。

 

以上の3点を受験する試験の数だけ把握して受験の戦略を立てることが必要です。どのぐらい時間がかかるか想像できますか?戦略を立ててもそれを実行する力が無ければ意味が無いのでインプットも今以上に大切になります。だからこの夏が勝負です。夏にやり切れた人が受験でそれなりの結果を残している事実を頭に刻み込んで演習に励んでくださいね!!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

土気校、Instagramはじめました!

担任助手の自己紹介動画や、勉強法などを載せています!ぜひ見てみてください!

 

2019年度、土気校の卒業生による合格体験記です。

現役合格への秘訣を知りたい方は↓↓をクリック!!

東進ハイスクール土気校 質問箱!ブログの内容のリクエストや東進に関する質問など、何でもどうぞ!

またその他お問合せは

東進ハイスクール土気校まで

TEL:0120-104-584

 

 

 

 

 

合格体験記