本番を想定しよう | 東進ハイスクール土気校|千葉県

ブログ

2019年 12月 10日 本番を想定しよう

こんにちは!

本日のブログ担当の宮崎です!!

冬は空気が澄んでいるので星がきれいに見えます。

星空を見ることが自分は好きです。

14日から15日にかけてふたご座流星群の活動が極大になるそうです。

見れそうだったらぜひ見てみてください!!

こころが穏やかになって精神的にいい感じになるのでオススメです!!

 

さて、本題に移ります。

本日のテーマは「本番を想定しよう」です!

受験生のみなさん

今たくさん勉強していると思いますが

本番を想定して普段から勉強をしていますか?

今回は本番を想定して普段から勉強をするということについて

いくつか紹介していこうと思います!

 

まずは、演習の時に本番を想定する勉強のやり方を紹介していきます。

受験生のみなさんは今、二次、私大過去問を解いていると思います。

そこで想定して欲しいのが解く場所です。

隣の人が見えない囲いのある席で過去問を解いている人はいませんか?

これはあまり好ましくありません。

試験本番では囲いは有りません。

隣の席の人と机が長机で共有するかもしれません。

隣の人の書く音が大きいかもしれません。

消しゴムを使う時机を揺らすかもしれません。

貧乏ゆすりが気になるかもしれません。

試験本番に自分一人だけの空間ということはほぼありえないです!

ですから周りが見える自習室などで演習してみてください。

 

次に、時計や筆記用具についてです。

過去問を解くときスマホのタイマーを使っている人いませんか?

また、部屋にある時計で時間計っていませんか?

筆記用具ボールペンやシャーペンしか使っていないということはありませんか

試験本番では時計は部屋にないし、スマホは使えません。

マークシートは鉛筆で塗ります。

普段から使っていないものを本番で使うと違和感が生じます。

部活でも履いたことのないシューズや使ったことのないラケットなどを

大会本番で使わないと思います。

今から入試本番で使うものを揃えて使用していきましょう!

 

最後に時間について紹介していこうと思います。

入試本番、多くの人は東京など遠くで受験すると思います。

そして入試は午前中に始まります。

それを想定すると起きる時間というのは朝になっていきます。

みなさん土日や学校が休みの時何時に起きてますか?

今のうちから起きる時間も本番と近い時間にしないと

本番で実力を出せない可能性があります。

みなさん深夜は寝てると思います。

その時間に起きて勉強しろと言われても難しいと思います。

普段からの慣れというものはとても大切です。

 

これらのことを今まで意識したこと無かったという人は

これから意識してみてください。

意識して勉強するということは、何も考えないで勉強するということより

効率がいいです。

効率ということを常に考えながら勉強してみてください!!

ほかに気になることがあったらぜひ聞いてみてください!!

頑張りましょう!!

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

土気校、Instagramはじめました!

担任助手の自己紹介動画や、勉強法などを載せています!ぜひ見てみてください!

2019年度、土気校の卒業生による合格体験記です。

現役合格への秘訣を知りたい方は↓↓をクリック!!

東進ハイスクール土気校 質問箱!ブログの内容のリクエストや東進に関する質問など、何でもどうぞ!

またその他お問合せは

東進ハイスクール土気校まで

TEL:0120-104-584

合格体験記