早寝早起きのすすめ | 東進ハイスクール土気校|千葉県

ブログ

2018年 10月 5日 早寝早起きのすすめ

みなさんこんにちは!

 

鈴木優香です!

私は最近夏休みが終わりました。

3泊4日のサークル沖縄合宿が台風の影響で飛行機が欠航になってしまい、

7泊8日に延泊になり、いい夏のおもいでができました!

大学生になると夏休みが高校の時よりも伸びてかなり自由に色々なことが

できます!

たのしい大学生活を想像して今、勉強を頑張りましょう!

この写真は、沖縄のハートロックです。観光してきました。

 

さて、本日のブログタイトルは

”早寝早起きのすすめ”です。

 

文字通りです。

早寝早起きすすめます。大事です。

 

なぜすすめるのか、その理由を3つ今日は書きたいと思います。

まずは、早寝早起きを進める理由1つ目は

入試本番の朝は早い!

からです。

 

10時に東京の大学の試験会場に行こうとすると、土気からは大体電車で1時間以上かかりますよね?

それを見据えて家での準備等々をしたりご飯をたべたりなんだりすると朝6時や7時くらいには

起きていないといけません。

土日で休みだからと言って10時に起きた!

なんて生活を今でもしている受験生のアナタ。

本番痛い目を見ますよ、慣れていない事すると体も起きません。

 

今から生活リズムを整えておきましょう。

 

2つ目は、

朝は集中力が持続しやすい

からです。

朝の時間帯は脳が活性化されている状況なので集中力が続く、とされており、

夜間に情報が整理されて、朝起きると脳がすっきりしている状態で活動できると言われています。

そのため、朝は論理的な思考を用いる数学の勉強に向いているとよく言われるみたいです。

 

3つめは、

勉強の質が上がりやすい!

からです。

 

深夜に遅く寝て、あまりよく睡眠できずに学校に行って、眠いまま東進に来て

東進でうとうとしてしまって勉強に身が入らない、、そんな経験ありませんか?

 

それよりも、早寝早起きをすると、ある程度は決まった睡眠時間を取ることができます。

しっかり寝て日中は勉強に集中できる状態にしておくか、

夜遅く寝て日中もだらだらするか

であれば

明らかに日中集中できた方が質の高い勉強ができますよね!

以上が早寝早起きをした方がいい理由です。

 

早寝早起きをするコツとしては、

はじめ3日頑張って早寝早起きを継続してみて下さい。

4日目からそれをどんどん1週間、2週間と伸ばしていくとまいにち苦でなく

続けられるようになります。

生活リズムを整えて毎日同じ時間に起床、就寝するとさらにスッキリ起きられると思います。

 

センター試験まであと105日。

もうすぐ100日切ります。

今を全力で頑張り切りましょう。

以上

全国統一高校生テスト、お申込受付中!!

↓ ↓ ↓

体験授業、入学申し込み、資料請求は

こちらのバナーから!

またその他不明点・お申込み等お問合せは

東進ハイスクール土気校まで!

0120-104-584