嫌なことと向き合おう | 東進ハイスクール土気校|千葉県

ブログ

2018年 11月 22日 嫌なことと向き合おう

みなさんこんにちは。本日のブログ担当は小関悠希です。

 

 

早速ですが本題に入りたいと思います。

 

本日のブログのテーマは「嫌なことと向き合おう」です。

 

お、なんだかおもしろそうなタイトルですね。

 

実は先日、私の生涯の友達とこのテーマについて熱く語っていましたので、なんだかとてもタイミングが良いですね。

 

生徒の皆さんにとって「嫌なことと向き合う」って、相当難しいし、その名の通り「イヤ」なことだと思います。

 

英語嫌いだし勉強するのめんどくさいな

 

数学苦手だし、手をつけたくないな

 

第一志望の過去問全然取れなくて気持ちが萎えているから復習しなくていいや

 

わかるわかる。私たち担任助手も受験生時代には同じようなことを思っていました。

 

嫌なことに直面したら逃げ出したくなり、目を背けたいですよね。

 

ただですね。

 

ただ。。。

 

ただ。。。

 

そこが成長できるかできないかの境目ですよ

 

私は成長のためには逆境が不可欠だと日頃から確信しています。(この考えは人それぞれです。)

 

「英語勉強するの嫌だしめんどくさいけどやってやろう」

 

「数学苦手だし、手をつけたくないけどやってやろう」

 

「第一志望の過去問全然取れなくて気持ちが萎えているけど復習してやろう」

 

この苦しい時に、「けど」と思えるような人間は強く、単なる勉強を超越した、人間的な厚みが凡人と違います。

 

私は普段、いやなことがあったら「ここで壁と向き合ったら成長するんだろうな~」と言うように思っています。

 

なので皆さんも、考え方は人それぞれですが、「けど」を大切にしてみて下さい。

 

ちなみに、ブログの冒頭で少し紹介しました、私の友は

 

嫌なことが無いそうです

 

は??何言ってんだこの人??

 

そう思われた皆さんも多いと思います。実際自分もその様に思いました(笑)

 

彼は言いました。

 

「嫌なことはないんだよね。例え嫌なことがあっても、そこに強制的に意義を見出して、嫌なもの普通のもの楽しいものに頭の中で変換するんだよね。」

 

なるほど。全てのことに対して意義を見出すことがとても大切ということがポイントだそうです。

 

例えば、「英語苦手だし勉強したくないな。」を「英語勉強しなきゃいけないな」と思うには、

 

「英語ってなんで勉強しなきゃいけないんだっけ?英語勉強したらどんなことが起きるんだ?英語を勉強した先のゴールは?英語を勉強する目的は?」

 

とひたすら自問自答するらしいです。その後にようやく意義を見出し嫌なことを変えるらしいです。

 

スゴイ面白いですよね。その話を聞いたときに「あ、なるほど」と感銘を受けずにはいられませんでした。

 

これもとても参考になりますね。

 

ただ、ここで重要なことは、上記の話をうのみにしないことです。

 

人それぞれ、自分の考え方がありますので、その考え方を受動的に変えることはあまりお勧めしません。

 

だから、上記の話しはあくまで参考程度にとどめて欲しいです。ただ試行錯誤は出来るので、自分に合ったものを探してください。

 

センター試験本番まであと57日(早いですね、、、。)

 

最後まで精一杯私たち担任助手と共に走りぬきましょう。

 

では最後に、本日のブログのまとめに入りたいと思います。

 

センター試験本番まであと57日(早いですね、、、。)

 

最後まで精一杯私たち担任助手と共に走りぬきましょう。

では最後に、本日のブログのまとめに入りたいと思います。

 

まとめ

①嫌なことはたくさんあるが、そこで「けど」と思えることが人間としての厚みを決める

②嫌なことに対して「意義」を見つける私の友人の話

③考え方は人それぞれ。自分の考えを大切にする。あくまで上記の話しは参考までに。

                                 

以上。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

冬期特別招待講習お申込み受付中!!

こちらのバナーをクリック

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

体験授業、入学申し込み、資料請求は

こちらのバナーから!

 

またその他不明点・お申込み等お問合せは

東進ハイスクール土気校まで!

0120-104-584