大学の卒業論文って?? | 東進ハイスクール土気校|千葉県

ブログ

2019年 2月 9日 大学の卒業論文って??

みなさん、こんにちは!

林とおるです。

 

つい先日、内定先の入社前説明会がありました。

社会人として働く日も着実に近づいてきてます・・・

東進ハイスクール土気校もあと一か月で卒業になってしまいます。

ついに卒業のカウントダウンが始まってきたのを身に染みて感じています。

最後まで少しでも力になれるように頑張っていきたいと思います!

 

今日のテーマは

『大学の卒業論文って何?』 

に、なります。

 

まず、そもそも卒業論文って何?ってとこからいきましょう!

卒業論文とは大学生活の4年間の勉強の集大成になります。

自身の所属する学部やゼミのテーマに沿って卒論を書くことになります。

例えば、私は政治経済学部経済学科に所属しています。

本来ならば、経済系の卒論を書くことになります。

しかし、所属するゼミが「ジェンダー学」について勉強するゼミに入っています。

ですので、私はジェンダー学を絡めた卒論を書きました!

 

 

卒論を書く中で一番難しいと感じたことは

「テーマ設定」

これです。

大学に入るときにこんな言葉を耳にする機会があります。

 

「大学では答えのないことについて勉強することになる」

 

この言葉の一例が卒論だと思います。

高校生までの勉強では、答えが明確に決まったことについて多く取り組む事になると思います。

答えがあるということは、質問や課題が初めから与えられている状態なのです。

ですので、決まった方法で取り組めば必ず答えは出ます

 

しかし

 

卒論は質問や課題が初めから与えられていません。

自分自身で課題・問いを設定し、決まっていない方法で答えを見つける作業になります。

そのため、日常的に様々な事象に関心を持ち、疑問を持てるかどうかという経験が必要になってきます。

本当にどんなことでもいいんです!

私は野球が好きだったのでプロ野球の始球式とジェンダーを絡めて卒論を書きました。

まずは自身の関心のあることから何か問題点はないか探してみるといいですよ!

卒論だけでなく、自身で課題を見つける力も鍛えられて社会に出てから役立つのではないでしょうか。

 

高校生の方はまだまだ先のことかもしれません。

だけど、いつか卒論を書くときにこのブログの内容が参考になると嬉しいです!

 

 

新年度特別招待講習 申込受付中!

3月13日までのお申込みで、3講座に無料招待します。

お申込みはこちらのバナーをクリック!

↓ ↓ ↓

 

 

東進ハイスクール土気校 質問箱!ブログの内容のリクエストや東進に関する質問など、何でもどうぞ!

 

 

体験授業、入学申し込み、資料請求は

こちらのバナーから!

またその他不明点・お申込み等お問合せは

東進ハイスクール

0120-104-584

 

合格体験記