合格設計図を活用しよう! | 東進ハイスクール土気校|千葉県

ブログ

2019年 12月 26日 合格設計図を活用しよう!

  こんにちは!!

今日はが担当です。

2019年がもう少しで終わってしまうと思うと、とてもしみじみした気持ちになりますね、、。

今年は去年よりも大学生活に慣れ、夏休みには海外旅行に行くこともできたりと、とても充実した年だったなと思います。

0年もステキな1年にしていきたいです!!

 

さて、

今日は合格設計図 二次私大ver.の説明をしていきたいと思います!(1月末までの期間で)

これをやる目的は、試験本番までの残り日数・二次私大の過去問演習の進捗具合を整理し、やるべき過去問演習量を明確にして勉強を進めていくことで合格に近づくようにするためです。

志望校合格には過去問の演習・分析が欠かせません。

しかし、過去問演習が思うように進んでおらず、やるべき演習量に届かない人もいると思います。

入試が終わって後悔しないようにするためにも、

合格設計図 二次私大ver.を活用して自分の状況を整理し、やれることをすべてやり終えた状態で入試に臨めるようにしましょう!

 

 

それでは使い方について説明していきたいと思います!

自分の状況整理

まず志望大学、それぞれの大学の必達年数(第一志望レベルなら10年分、第二志望レベルなら7年分、第三志望レベルなら3年分)・やり終えている過去問年数・残っている過去問年数を記入する。

理想の演習ペースを考える

残っている過去問年数をもとに、1月末までにやるべき過去問年数(☆)・1週間あたりにやるべき過去問年数を出す。

実現可能な二次私大演習ペースを出す

冬休みは別として、平日に1年分解くのは時間的に厳しいと思うので、1日に何科目できるか書いてみて

1週間あたりにできる年数を出す。それをもとに1月末までにできる年数(★)を記入。

(ゆるゆるな予定は立てないように!「頑張れば終わる」くらいのきつめな予定を立てよう)

④ 最終的な演習量を決める

☆-★の差によって過去問演習の量を調節し、実際にやる年数を決める。

 余裕がある人は過去問二週目に入ったり、傾向の似ている問題を解いていきましょう!

⑤具体的な計画をたてる

合格設計図のシートの下に1月末までのカレンダーを載せてあるので、どのように過去問演習を進めていくか記入していきましょう。

その際は、大学学部名、年度、科目まで書くように!

細かく予定を記入することでやるべきことが明確になり、遅れてしまった時もどこができていないのか、分かりやすくなります。

マーカーなどを使ってチェックしていけるといいですね!

 

 

細かいことは直接説明した方が分かると思うのでいつでも聞きに来てください!

合格設計図を活用して合格に少しでも近づけるようにしましょう!!

 

 

明日の担当は勝山さんです!

いつもおっとり優しい雰囲気でとてもうらやましいです、、。

お楽しみに!

 

 


土気校、Instagramはじめました!

担任助手の自己紹介動画や、勉強法などを載せています!ぜひ見てみてください!

2019年度、土気校の卒業生による合格体験記です。

現役合格への秘訣を知りたい方は↓↓をクリック!!

東進ハイスクール土気校 質問箱!ブログの内容のリクエストや東進に関する質問など、何でもどうぞ!

またその他お問合せは

東進ハイスクール土気校まで

TEL:0120-104-584

合格体験記