単元ジャンル別演習とは!? | 東進ハイスクール土気校|千葉県

ブログ

2018年 9月 30日 単元ジャンル別演習とは!?

本日のブログの担当は竹島です!

 

 

今日は台風が近づいていてあいにくの天気ですね…

不要不急の外出は控えて勉強は無理せず家で行うようにしましょう…笑

 

 

てことで本日のブログのテーマは

単元ジャンル別演習とは!?

です。

後半には進め方のアドバイスもあるのでぜひ見ていってください!

 

 

受験生はきいたことがある人はいるかもしれないですね!

こちらは今年からできた新しいコンテンツです!

 

単元ジャンル別演習とは入試までの限られた時間の中で

勉強を最も効率的に行うためにAIを駆使した学習コンテンツです!

 

その特徴は主に3つあります!

 

特徴①

50以上の対象大学の中から直近10年間に出題された入試問題を単元(江戸時代)とジャンル(女性史)2つの視点から詳細に分析し出題される。

 

特徴②

個人の学習履歴(東進模試、過去問演習講座)をもとに科目をまたいで学習優先順位を提示し残り時間の中で合格の可能性を最も高める逆算学習を実現。

 

特徴③

10万問以上の圧倒的問題量の提供により尽きることのない問題演習が可能

 

難しい言葉が並んでいるので簡単にまとめると

 

その生徒の成績から苦手を克服するための専用の問題が用意され、問題量も多いので短期間で成績を大巾に伸ばすことができるものになっています!

 

 

ここまでは受験生であれば知っている人も多いと思うのでここからは竹島が考える効率的な使い方をアドバイスします!

 

まず、第一志望大学の過去問演習講座を取得している人はできなくてもいいので最低3年分過去問を解きましょう。そうすることによってどこが苦手で出来ていないかAIに学習させることができます。

次に第一志望大学の過去問からは少し離れて滑り止め大学から過去問を解いていきましょう。

それと同時並行で単元ジャンル別演習を進めます。志望順位下位の大学の過去問を解くと同時に第一志望相当の問題の苦手な分野の克服をします。

 

これをすることで第2志望以下の大学の過去問をすべて解ききり学力も向上させ、かつ、第一志望相当の苦手分野を克服できるのでスムーズに第一志望の大学の過去問演習に入ることができます

どちらかが遅れてしまうだけで第一志望大学の過去問演習をするタイミングがどんどんずれ込んでいくので計画的に進めていきましょう。

 

単元ジャンル別演習に関してわからないこと、不安な点があれば竹島でもいいですしほかの担任助手でもいいので気軽に遠慮せずに質問に来てください!

 

 

 

 

全国統一高校生テスト、お申込受付中!!

↓ ↓ ↓

体験授業、入学申し込み、資料請求は

こちらのバナーから!

またその他不明点・お申込み等お問合せは

東進ハイスクール土気校まで!

0120-104-584