化学の復習法~私立・二次対策~ | 東進ハイスクール土気校|千葉県

ブログ

2019年 9月 16日 化学の復習法~私立・二次対策~

みなさん、こんにちは!!

石井です!!

最近、暑かったり寒かったりと寒暖差が激しいです。

体調管理には気をつけましょう!!

 

さて、今日のテーマは、「化学の復習法~私立・二次対策~」です。

私立・二次対策の紹介も今回がラストになります。

今日は化学の復習法を紹介していきます!!

化学の復習法は大きく二つの分野に分けて紹介します。

 

①理論化学対策

まずは、理論化学の復習法についてです。

理論化学は、他の分野と比べると計算問題が多くなってきます。

なので、まずは計算方法を見直してみて、その計算が定着するまで解き直してみてください。

同じ分野の問題だと計算も似てくるので、計算方法の復習はしっかりやりましょう。

 

②無機化学対策

次に、無機化学の復習法についてです。

無機化学は理論化学と比べて、圧倒的に暗記する量が多いです。

復習の時も、間違えた問題を単独で覚えるのではなく、関連する知識をまとめて覚えてしまった方が楽です。

(沈殿反応の色を間違えたら、まとめて他の色と関連させて覚えるなど)

また、語呂合わせを活用すると覚えやすいと思います。(炎色反応など)

 

③有機化学対策

最後に、有機化学の復習法についてです。

有機化学も理論化学と同じように暗記量が多いです。

まずは、それぞれの官能基の性質をまとめて覚えてみることをオススメします。

構造決定の問題など、有機化学はパズルのように組み合わせて解く問題が多いです。

なので、それぞれの官能基の特徴を理解しておくと復習がしやすくなると思います。

 

3つの分野に分けて復習法を紹介しましたが、最後にそれぞれの分野に共通して言えることがあります。

それは、似た問題が出やすいことです。

例えば、理論化学では、同じ分野の問題なら、数字を変えていても基本的に計算方法に違いはほとんどありません。

無機化学では金属イオンの系統分析、有機化学は構造決定など、暗記したものがそのまま問題として出てくることもあります。

ここで重要になるのは、それぞれの問題の流れを理解することです。

なぜこの計算をしているのか、なぜこの物質をここで入れるのかなど、重要なポイントを押さえることが大事です。

化学の復習法に迷っている人は、今日のブログを参考にしてみてください!!

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

土気校、Instagramはじめました!

担任助手の自己紹介動画や、勉強法などを載せています!ぜひ見てみてください!

2019年度、土気校の卒業生による合格体験記です。

現役合格への秘訣を知りたい方は↓↓をクリック!!

東進ハイスクール土気校 質問箱!ブログの内容のリクエストや東進に関する質問など、何でもどうぞ!

またその他お問合せは

東進ハイスクール土気校まで

TEL:0120-104-584

合格体験記