入試問題を復習しよう | 東進ハイスクール土気校|千葉県

ブログ

2020年 2月 3日 入試問題を復習しよう

 

こんにちは!

本日のブログ担当の宮崎です!!

今週の関東は気温が低く、

冬らしい寒さになるそうです。

7日は東京で最低気温が

0度を下回る予報で初氷など

危険も増えるかもしれないらしいです。

入試に行く人も多いと思います。

温度調節をできるように気を付けてください!

 

さて本題に移ります。

今日のテーマは「入試問題を復習しよう」です!

入試問題を復習するとはなんぞやと思う方も多いと思います。

自分が言っている入試問題を復習しようというのは

言葉通り入試本番で解いた問題を復習しようということです。

しかし、ここでは過去問を解いて復習するときと

同様に細かく全教科時間をかけて

復習するというわけではありません。

これからその復習方というものを解説していきます!

 

自分は私立文系なので私立文系の話をしていこうと思います。

まず初めに、英語と国語の文章問題自体は復習しなくても

問題ありません。

むしろ、そこまでやることをお勧めしません。

なぜなら、正確な回答や解説というもの

は入試直前では不足しており

正しい復習ができないからです。

また、正確な点数も知れない状態で

自分の正答率を見ることにより不安になりやすくなってしまう

ことがあります。

では、何を復習したらいいのかというと

社会科目や国語に文学史などの暗記科目です!

これには理由がいくつかあります。

 

一つ目は正解がわかるからです。

暗記科目は教科書や用語集などの

参考書で調べれば正解が出てきやすいです。

しっかりと調べましょう!

 

二つ目は入試本番で解いた問題というのは

印象に残りやすいからです。

皆さんは模試で間違えた問題というのは

印象に残っているという経験はありませんか?

印象的な出来事で起きたことは

人間忘れられなくできています。

そこをうまく活用していきましょう。

 

三つ目は同じ問題が別の大学で

出題されることがあるからです。

これには理由があります。

生誕200周年!など記念になるような

ものは問題になることが多い印象です。

そうなれば、同じことを別の大学が

考えていることもあります。

わざわざ記念になりそうなものを調べなくてもよいですが

可能性としては高まるので復習してみてください!

 

これらについては自分のおススメです。

絶対にやらなくてはいけないというわけではありません。

自分は自分の解いた入試問題の正答率がわかってしまうのは

不安になってしまうという人はむしろやらない方がいいかもしれません。

参考になりそう、自分のためになりそうと

考える人はぜひやってみてください!

私立文系以外の話を聞いてみたいという方は

受付の担任助手に声をかけてみてください!!

残り期間あと少しですが抜かりなく

頑張っていきましょう!!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

土気校、Instagramはじめました!

担任助手の自己紹介動画や、勉強法などを載せています!ぜひ見てみてください!

2019年度、土気校の卒業生による合格体験記です。

現役合格への秘訣を知りたい方は↓↓をクリック!!

東進ハイスクール土気校 質問箱!ブログの内容のリクエストや東進に関する質問など、何でもどうぞ!

またその他お問合せは

東進ハイスクール土気校まで

TEL:0120-104-584

過去の記事

合格体験記