世界史の復習法 二次私大対策編 | 東進ハイスクール土気校|千葉県

ブログ

2019年 9月 9日 世界史の復習法 二次私大対策編

こんにちは!!髙木です!!

今日は二次私大の世界史復習法について書いていきたいと思います!

私が復習をする上で一番大切にしていたことは、

取るべき問題と捨ててもいい問題を区別することです。

大学入試には1~3割程度(主観ですが)ほとんどの受験生がわからない難問が含まれています。

ほとんどの受験生がわからないということは、難問を間違えたところで合否に関わってくることは少ないです。

むしろセンターレベルの基本的な問題のミスを限りなく0に近づければ、合格点には届くはずです。

もちろん難問を解けるに越したことはないですが、難問を解けるようになる為の労力とその労力を主要科目などにつぎ込んだ場合では、後者の方が得点の伸び率は良いはずです。

なので間違えた難問を復習することはせず、間違えてしまった基本的な知識を重点的に復習することをオススメします。

では取るべき問題と捨ててもいい問題をどのように区別すれば良いのか。

それは基準となる参考書を決めることです。

この参考書に載ってる知識は全部覚える!と決めた基準となる参考書に載っているか載っていないかどうかで復習するかしないか決めます。

ちなみに私は東進ブックスの世界史一問一答を基準の参考書として使っていました。

 

~補足~

大学ごとに出題傾向に偏りがあると思います。

例えば早稲田大学商学部では中国史とアメリカ史が必ずといってもいいほど出題されます。

このようにほぼ毎年出題されるようなテーマがわかっているのであれば、そのテーマだけ用語集や資料集など使って深く学習しても良いと思います。

 

わからないことがあれば気軽に相談してください!!

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

土気校、Instagramはじめました!

担任助手の自己紹介動画や、勉強法などを載せています!ぜひ見てみてください!

2019年度、土気校の卒業生による合格体験記です。

現役合格への秘訣を知りたい方は↓↓をクリック!!

東進ハイスクール土気校 質問箱!ブログの内容のリクエストや東進に関する質問など、何でもどうぞ!

またその他お問合せは

東進ハイスクール土気校まで

TEL:0120-104-584

 

 

合格体験記