一年前の自分にメッセージ(宮澤ver.) | 東進ハイスクール土気校|千葉県

ブログ

2019年 1月 6日 一年前の自分にメッセージ(宮澤ver.)

あけましておめでとうございます。

 

お正月、みなさん何をしていましたか?

 

私は昭和の森に初日の出を見に行ったのですが、今年は雲で見ることができなくて残念でした、、

 

受験生は元旦から勉強でしたね!あと少し頑張りましょう!

12年生もお正月から校舎に来ている子もいました!明日から学校が始まるので、お正月ボケしている人は今すぐ切り替えましょう!

 

昨日の石井担任助手に続き、今日のテーマも

1年前の自分にメッセージ」です。

 

私は1年前の自分に

「自分がやってきたことに自信を持って!」

と言いたいです!

 

この時期の私は、センター試験までの日数が迫るにつれて、不安でいっぱいになっていました。

 

学校で友達が私の知らない日本史の内容を話していたり、自分より良い過去問の点数を聞いてしまったり、過去問の点数が安定しなかったり、、

 

色々な心配でいっぱいで、帰り道自転車を漕ぎながら泣いていたこともありました(笑)

 

しかし、家に帰って過去問の記録シートや復習ノートを見て

「こんなに頑張ったのに点が取れないわけがない!」

と思い、

「くよくよしている時間があるなら勉強するか寝よう!」

開き直ることができました。

 

そのおかげか、センター本番は試験会場に着いても自分のやってきたことを出し切るのが楽しみに思えてきて、周りの雰囲気に惑わされることなく落ち着いて解くことができました。

 

また、これは1年前ではないのですが

 

私はこの言葉を29日の自分にも言いたいです。

 

その日は元々の第一志望校でもあった明治大学国際日本学部の入試本番でした。

 

前泊をしに車で東京に行くときに車酔いをしてしまったのと緊張のせいで

本番中に体調が悪くなってしまい、なんとか日本史と国語は乗り越えたのですが

英語の長文が全く頭に入ってきませんでした。

 

焦りまくって試験監督に心配そうな目で見られるほど号泣しながら解いていました、、笑

しかし、あきらめないで解き切ってよかったと今は思っています。

なぜかというと、まさかの英語が満点近く取れてで合格していたんです!

 

なぜいい点が取れたのかずっと不思議だったのですが、先日参加した正月特訓の授業で講師の方がおっしゃっていたことで分かりました!

それは、しっかりと英語を読む力が定着していれば、

内容が頭に入っている実感がなくても

「よくわからないけど最後まで読み切れた。」そして答えも合っているという現象がおきるそうです。

過去問演習と復習を重ねることで、無意識に大事な部分を読み取る力がつき、答えにたどり着けるのだと言っていました。

 

なので、これから始まる試験でこのようなことがあっても、

今までの努力を信じて、最後まであきらめず解き切って下さい!

これが1年前の自分とこれから受験を控える受験生へのメッセージです!

本番に自信を持って臨めるように残りわずか、頑張りましょう!

 

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

東進ハイスクール土気校 質問箱!ブログの内容のリクエストや東進に関する質問など、何でもどうぞ!

1月19日・20日センター試験同日体験模試 無料で受けられます!

↓ ↓ ↓

体験授業、入学申し込み、資料請求は

こちらのバナーから!

またその他不明点・お申込み等お問合せは

東進ハイスクール

0120-104-584

合格体験記