センター過去問演習(数学ⅠA)の進め方 | 東進ハイスクール土気校|千葉県

ブログ

2018年 7月 13日 センター過去問演習(数学ⅠA)の進め方

こんにちは!鈴木優香です!

今日も暑かったですね~熱中症に気をつけて下さいね!

 

さて、今回のテーマはセンター過去問演習(数学ⅠA)の進め方!です!

 

私は数学がとても苦手だったのでセンター試験の数学ⅠAはかなりてこずりましたが、

センター過去問演習のおかげで点数が伸びたと言っても過言ではないので

徹底的に過去問演習を行うことをおすすめします。

まず、メリットとして、①演習量が確保できる苦手分野を認識できるセンター試験の傾向に慣れることができる

の3点があります。

この①から③のメリットを最大限引き出す私のオススメの進め方としては、

 

①のために夏休みは毎日大門分野別演習で3題以上解く。

のために、分野ごとに進めていく。はじめは、数と式の問題を一日3題解いて、1~2ページ分(12題~24題)といて、自分の目標点数が取れるようになったら二次関数の分野に取り組む、などして、苦手なものは時間がかかるので苦手認識が出来、目標点数によって苦手を克服するべきなのかある程度とれるようにするのか作戦を立てることが出来ます。ここの時間配分のかけ方がとても大事なので自分で考えて勉強するように心がけてほしいです。

③のためにはある程度、量と質を必要とします。問題量をこなして、どんなふうに出題されるのか傾向に慣れて、復習の質、時間配分の質を上げて同じような問題に対してのアプローチが頭に浮かぶくらいのあたまの回転をするような準備をすることが大切だと考えています。

 

この3点を意識して取り組んでみて下さい!

意識を少し変えるだけで、集中度が高まったり、質が上がったりすることもありますよ~

 

あとは、に数学を勉強するのがオススメです。

朝は頭が冴えているので夕方や夜やるよりも、数学を勉強して頭を使うことでスッと勉強モードに入れて、その後も集中力が切れにくいと言われています。

試してみて下さいね~!

*******

夏期特別招待講習実施中!! 

担任助手一同みんなの来校を待ってます!! 

お申込み・詳細は下のバナーから!!

 

2018年合格者の皆さんにインタビュー!

随時更新していきますので、下のバナーから、ぜひ見てください!

 

また、東進ハイスクール土気校のFacebookページが開設されました!

ブログに引き続き、Facebookでも情報を沢山発信していきますので

いいね!フォローよろしくお願いします!

 

 

 

******

体験授業、入学申し込み、資料請求は

こちらのバナーから!

またその他不明点・お申込み等お問合せは

東進ハイスクール土気校まで!

0120-104-584