センター試験まであと2日! | 東進ハイスクール土気校|千葉県

ブログ

2019年 1月 16日 センター試験まであと2日!

 

みなさんこんにちは。小関悠希です。

 

私ごとですか、新成人として大人の仲間入りをつい3日前にしました。

 

今まで支えてきてくれた家族、友達や、周囲の方々、もちろん東進生の皆さんに感謝の気持ちを忘れず、自分の人生を謳歌していきたいと思います。

 

そして、何よりも新しいことにチャレンジしたいと思います。

 

新しいことにチャレンジということで、私は中国語を学んでみようかなと思います。

 

東進生の皆さんも、どんどん新しいことにチャレンジしていきましょう。

 

さて、話は変わり、本日のブログテーマは「センター試験まであと2日」です。

 

受験生の皆さんはご存知の通り、センター試験本番まで、残り2日となりました。

 

時が経つのは早いですね。夏休みに一生懸命勉強したことが、つい昨日のことのように感じられます。

 

 

受験生の皆さん。

 

 

今まで諦めず、よく頑張りました。

 

 

 

よくやった!!!

 

 

 

ここまで来れた自分、自分が歩んできた軌跡を一旦褒めましょう。

 

そして褒めたら、気持ちを切り替えてあと2日間の本番までを過ごしてください。

 

この二日間心がけることは一つ。

 

それは「本番に力を全て出すための準備」です。

 

本番も近づいてきているからと言って、あと2日間を「死ぬ気でガンバル」というようなことはやめておきましょう。

 

理由は簡単で、本番の前に力尽きてしまうからです。

 

本番前だからと言って焦らずに、普段行なっていることを変えずに最善の準備をしましょう。

 

みなさん上原浩治という野球選手をご存知でしょうか。

 

彼はボストンレッドソックスというメジャーリーグのチームに所属し、

 

2013年にワールドシリーズというメジャーリーグチャンピオン決定戦で、

 

見事チームの中心選手として、チームを優勝に導きました。

 

それは日本人として、わずか6人しか達成していない快挙であり、日本野球界のレジェンドとして人気を集めている選手です。

 

そんな快挙を彼がどのように達成したのでしょうか。

 

彼は優勝後のインタビューで次のように言いました。

 

『ワールドシリーズの9回裏のマウンドのような、緊張する場面はサラリーマンにはありません。失敗は許されない。そんな、究極の緊張状態におかれても、「動じない」ようにするにはどうすれば良いのか。それは、「変えないこと」「変わらないこと」。』

 

 

 

彼は、ワールドシリーズで優勝するためには、「変わらないこと=不変」が重要だと言ったのです。

 

ワールドシリーズという、とてつもない重圧の中でも自分の力を発揮するためには、

 

自分がワールドシリーズ前から変わらずに行なっているルーティーン、試合前の準備、朝昼晩に食べるもの、入浴剤を毎日入れること。

 

ワールドシリーズの前でも「自分」を変えなかったことが優勝できた秘訣だと語るのです。

 

彼の言っていたことを受験に言い換えるとどうなるか。

 

センター試験という人生のかかったゲームを間近に迎えても、自分自身がセンター試験前から行ってきたルーティーン、勉強時間、勉強スタイル、何時に寝て何時に起きるのか、朝昼晩毎日食べること。

 

それらの習慣を、センター試験間近でも変えないことが、高得点を叩き出す秘訣だと言えます。

 

とにかく、センター試験間近だからと言って、自分にとって「ヘンなこと」をやらずに、日頃から行ってきたことを虎視眈々とやり続けましょう。

 

その先に、センター試験での成功があるかもしれません。

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

東進ハイスクール土気校 質問箱!ブログの内容のリクエストや東進に関する質問など、何でもどうぞ!

1月19日・20日センター試験同日体験模試 無料で受けられます!

↓ ↓ ↓

1月21日(月)20:00~ 武藤先生公開授業!

TOEIC4技能満点!英検1級の資格を持っていて、その実力は本物!!

是非ご参加ください!申し込みは下のバナーから↓↓↓↓↓↓

体験授業、入学申し込み、資料請求は

こちらのバナーから!

またその他不明点・お申込み等お問合せは

東進ハイスクール

0120-104-584