センター評論文の話。【ブログ総選挙実施中!!】 | 東進ハイスクール土気校|千葉県

ブログ

2019年 8月 5日 センター評論文の話。【ブログ総選挙実施中!!】

いよいよ明日から高校球児の全国大会が始まりますね~

朝から夜まで受験勉強を東進でやって、家に帰って復習をして、寝る前に熱闘甲子園を視聴していたのがもう4年も前だと考えると時の流れの速さに驚かされます。

 

さて、皆さんの中にセンター試験の評論文の得点が伸びなくて困っている方はいるでしょうか?そろそろこういう人が出てくる時期なので今日はセンター評論文の勉強方法についてお話します。

①センター評論の特徴

まず、センター評論文の特徴を抑えましょう。センター評論文で出題される問題のほとんどは内容一致の問題です。傍線部の文章がどういう意味なのか理解していれば解ける問題になっています。なので文章の理解度が高ければ高いほど得点が高くなりやすいです。ただ、文章の意味を理解できていないと得点はとてつもなく低くなります。そこで考えるべきなのが、どうすれば正確に文章を読めるようになるのかということです。

②正確に文章を読むためにやるべきこと

正確に文章を読むためには、文の言い換えや対比関係など様々な文章表現に惑わされずに文章を読む力が必要です。その力をつけるためには問題演習が最も効果的で効率的だと思います。というのも、問題演習をすることは様々な文章表現に慣れることに繋がり、問題を解いただけ答えに至るための正しい読み方を解説で勉強することができるからです。特に問題の解説はセンター評論文の力をつける最高の教科書だと言えます。

③問題の解説が最高の教科書

問題を解いて、採点をした後に解説を読みながら復習をすると思いますが、この時間が一番評論文の力をつけるポイントになります。解説を読むことで正しい答えに至るための考え方を学ぶことができるからです。復習の際には、何となくで当たった問題と2択で迷った問題と全く分からなかった問題の解説を読んで、自分の考えと照らし合わせてみてください。そうすることで、答えの導き方が身につきますし、多様な視点を持って文章を読むことができるようになります。

④注意

評論文を解いて50点満点に近い点数を取れるような人は復習をしなくていいわけではありません。自分の感覚だけで問題を解き続けていると急に得点が取れなくなる時期が来ます。それは文章を捉える視点が減ってしまい一元的な見方しかできなくなってしまうからです。時間は多くかけなくていいですが、必ず復習はして様々な観点で文章を見れるように日々努力して下さい。

 

とにかく今日伝えたかったのは演習と解説を使った復習の大切さです。国語は才能が無いと解けないなんてさびしい考えは捨てて、演習と復讐を繰り返して力を磨きあげましょう!

文章だと伝わり辛いことがほとんどだと思います。分からなかった部分はぜひ私かスタッフに聞いてみてください!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ブログ総選挙開催しています!

下のバナーをクリックして、良かったなと思った担任助手に投票しよう!!

 

土気校、Instagramはじめました!

担任助手の自己紹介動画や、勉強法などを載せています!ぜひ見てみてください!

2019年度、土気校の卒業生による合格体験記です。

現役合格への秘訣を知りたい方は↓↓をクリック!!

東進ハイスクール土気校 質問箱!ブログの内容のリクエストや東進に関する質問など、何でもどうぞ!

またその他お問合せは

東進ハイスクール土気校まで

TEL:0120-104-584

 

 

 

 

合格体験記