いつまでに合格点をとればいいの? | 東進ハイスクール土気校|千葉県

ブログ

2018年 11月 20日 いつまでに合格点をとればいいの?

はいどうもこんにちは、人気No.2ブロガーの木村です。

 

ブログとは直接関係ありませんが、明後日から4日間、慶應義塾大学三田キャンパスにて「三田祭」が行われるので、高校1,2年生の皆さんはぜひ来てみて志望校選びの参考にしてみてください。(自分も三田祭論文の展示を行います。)

 

さて、本題に入りますと、今日のお題は「いつまでに合格点をとればいいの?」ということで、合格点に関して書いていきたいと思います。

 

「いつまでに合格点をとればいいか」。結論から言いますと、「受験の本番」までです。

 

といっても「それじゃあ不安だよ」と皆さん思うと思いますので、過去問をやる上での注意点と絡めつつ書いていきたいと思います。

 

過去問演習講座を取得している皆さんは、問題を解いて、答案を提出すると、数日後に点数が表示されているかと思います。

ここでの注意点が2点ほどあります。

①点数に一喜一憂しないこと

点数を見ていい点だった、悪い点だったと思うだけでは過去問演習の意味がありません。

実際に合格点とのギャップや自分の弱点、不足した部分を見つけ、次の過去問演習を実施するまでに改善をしようという意識を持ちましょう。

②演習の回数を重ねるごとに点数は向上しているか

特に現時点で合格点が取れていない人に関しては、この傾向がないと非常にまずいです。

この傾向がない人は、点数を見て一喜一憂していないか、過去問演習を重ねるごとにしっかり改善点を見つけてそれを改善できているかといった点をもう一度見直しましょう。

 

以上挙げた二つの注意点を守りながら過去問演習を積んでいけば、今は合格点に届いてない人でも、本番までに合格点付近の点数を確実の取れるようになってくるはずです。

 

ただ、髙木さんに言わせると、「正直なところ、このくらいの時期には合格点を取っておいて欲しい」とのことでした。

 

いま合格点を取れていない方は、上に書いたことをとにかく意識して質の高い過去問演習を積んでいきましょう!応援しています!

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

冬期特別招待講習お申込み受付中!!

こちらのバナーをクリック

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

体験授業、入学申し込み、資料請求は

こちらのバナーから!

 

またその他不明点・お申込み等お問合せは

東進ハイスクール土気校まで!

0120-104-584