【夏期特別招待講習高3生締切・高1,2生3講座締切まであと4日】センター過去問の進め方(化学) | 東進ハイスクール土気校|千葉県

ブログ

2018年 7月 16日 【夏期特別招待講習高3生締切・高1,2生3講座締切まであと4日】センター過去問の進め方(化学)

こんにちは!

今日のブログは竹島がお送りします。

前のブログの時にもワールドカップの話をしたような気がしますが今日もさせてください笑

昨日の夜決勝戦がありました!フランスが優勝しましたね!

クロアチアを応援していた私としては残念でしたが

寝不足が解消されると思うと嬉しいところもあります笑

はい!それでは今日のブログの本題に入りたいと思います!

今日のブログはセンター過去問(化学)の進め方!です。

今化学科に通っていて受験生時代に化学の点数で校舎1位になった(すいません自慢です)

竹島から進め方について話したいと思います!

まず、大きく2つに分けたいと思います!

 

①化学の基礎がしっかりと入っていて問題を解いても6割くらいわかる人

②上に該当しない人

 

この2つです。

まずの人は基礎が入っているのでガンガンセンター過去問を全部の大門を通して

時間を測って解いて点数をあげてください!

そして、2次私大レベルの難易度の高い問題を参考書などを用いて解いていってください!

(オススメの参考書は竹島に聞いてくれれば教えます)

 

 

の人は基礎をしっかり入れる段階を踏みましょう。

焦ってセンター過去問をやってもはっきりいってムダです。

基礎を入れるツールとしてセンター過去問は不適です。まず、教科書、受講などを使って基礎を入れてください。

その次に参考書、問題集を用いて問題をたくさん解いてください。

その問題集などで7割くらいできるようになってからやっとセンター過去問を始めてください。

 

なんでセンター過去問でのインプットを進めないかというと

センター過去問だけをやっていると細かいとこまで学習できず穴ぼこだらけの覚え方になってしまいます。

それだとセンターはできるようになっても2次私大の問題はできるようになりません。

 

なので基礎が7~8割入ってきて穴ぼこにならないくらいになってから始めてください。

極論を言えばセンター過去問を一切やらずに参考書問題集だけでも全然いいです。

英語などはセンター過去問をやってくことで読めるようになり点数も上がってくると思いますが

化学の場合はそれはあまりないので勘違いしないでください!

 

あくまでもセンター過去問はアウトプットで使うのであって

インプットでは絶対に使わないでください。

これを間違えると9月以降各大学の過去問を解く時に本当に大変になります。

 

また、センター過去問をやった後復習の時には出てきた用語、物質、計算方法をその問題だけで終わらせることなく

参考書とともに復習をして似た性質や似た化学式のものも一緒に覚えるようにすると非常に効率的です!

(例えば問題で酸化銅が出てきたら酸化銅の色や反応式、またほかの金属の酸化物

酸化鉛や酸化マグネシウムなどの性質、色、反応式も覚えるとかなり効率的!)

 

 

以上のような感じでみなさんには進めていってほしいです。

最後になりますが強調して言いたいのはやはり

センター過去問はアウトプットで使う。

参考書問題集をやりまくるのが1番!

 

もし、化学のことでわからないこと、または数学物理でもいいので聞きたいことがあれば

竹島まで相談に来てください!

*******

夏期特別招待講習実施中!! 

担任助手一同みんなの来校を待ってます!! 

お申込み・詳細は下のバナーから!!

 

2018年合格者の皆さんにインタビュー!

随時更新していきますので、下のバナーから、ぜひ見てください!

 

また、東進ハイスクール土気校のFacebookページが開設されました!

ブログに引き続き、Facebookでも情報を沢山発信していきますので

いいね!フォローよろしくお願いします!

 

 

 

******

体験授業、入学申し込み、資料請求は

こちらのバナーから!

またその他不明点・お申込み等お問合せは

東進ハイスクール土気校まで!

0120-104-584