【夏期特別招待講習高3生締切・高1,2生3講座締切まであと3日】センター過去問の進め方(生物) | 東進ハイスクール土気校|千葉県

ブログ

2018年 7月 17日 【夏期特別招待講習高3生締切・高1,2生3講座締切まであと3日】センター過去問の進め方(生物)

こんにちは!

今日のブログは藤原です!

大学ではテスト期間に入り、テスト勉強に追われています笑

テスト勉強は早めに始めないとダメだったなーと後悔してます、、、

皆さんはもう直ぐ夏休みですね!

ここが肝となってきます!

もう一度気合いを入れ直しましょう!!



さて、本日はセンター過去問生物の進め方について話していきます。


ちなみに、藤原はセンター本番96点でした!

(100点じゃないのかいって感じですよね笑 一問ミスでした。)


でも、高3の4月時点では40点ほどしか取れていませんでした。


なぜ、満点に近い点数を取れたのか、その勉強のポイント3つを教えます!!


まず、
教科書、資料集の太文字の用語すべて、完璧に覚えていますか?

これは基礎の基礎ですね。

ここで、
 ポイント①
図表や写真と照らし合わせて用語を覚える!

そうすることで、

関連用語等も一緒に頭に浮かんで来るようになります。

これらのインプットが終わってない人は

センター過去問を解いても意味がありません。


しっかりと頭に入れてからにしましょう。

昨日のブログでもあったようにセンター過去問は

アウトプットのツールとして活用しましょう!!

 

 

インプットは完璧!!な人は
 ポイント②
大問ごとに進めていきましょう!

大問ごとに単元が分かれているので、

インプットが完成した単元から大問分野別に進めていきましょう!

始めは特に色々な分野に手を出して知識がちらばらないようにするためです。

今日はこの分野と決めて解く方が効率的です。

 

最後に
ポイント③
間違えた問題に合わせた復習方法をする!

3つのパターンで紹介しますね。

⑴用語がわからなかった。インプットができてない。

早急にその場で教科書、資料集を使ってインプットし直しましょう。

この時にわかりやすく印等をつけて次見た時にわかるようにしておきましょう。


⑵用語の意味がわからなかった。

名前は聞いたことあるけど、、、何だっけ?

よくありがちですよね。

これが無くなれば必ず80点以上は取れるようになります場合。

 

例えば、解糖系がわからないとき。

呼吸の3つの反応過程の1つ。グルコースが切断されて2分子のピルビン酸が生じる。

 

だけでなく、解糖系との関連するものと一緒に「流れ」で覚えると、、、

呼吸は解糖系→クエン酸回路→電子伝達系の順に反応する。

そして、反応が起こる場所は、

細胞質気質→ミトコンドリアのマトリックス→ミトコンドリアの内膜である。

このように流れを掴んで覚えることをおすすめします。



⑶計算問題が解けない。

これは問題に慣れていくのが1番手っ取り早いです。

もちろん、基礎知識は必要ですが、

センター過去問、参考書、問題集を使って

色々なパターンの問題を解いて慣れていきましょう。

 

このほかに、私のオススメの勉強法や

オススメの参考書等は校舎の掲示物に記載しています。

また、藤原に直接質問してください。

もうすぐ夏休み!!

どんどんセンター過去問を進めていきましょう!!

 

*******

夏期特別招待講習実施中!! 

担任助手一同みんなの来校を待ってます!! 

お申込み・詳細は下のバナーから!!

 

2018年合格者の皆さんにインタビュー!

随時更新していきますので、下のバナーから、ぜひ見てください!

 

また、東進ハイスクール土気校のFacebookページが開設されました!

ブログに引き続き、Facebookでも情報を沢山発信していきますので

いいね!フォローよろしくお願いします!

 

 

 

******

体験授業、入学申し込み、資料請求は

こちらのバナーから!

またその他不明点・お申込み等お問合せは

東進ハイスクール土気校まで!

0120-104-584