髙木のおすすめ講座【部活生招待講習開始まであと6日!!!!!!】 | 東進ハイスクール土気校|千葉県

ブログ

2018年 4月 14日 髙木のおすすめ講座【部活生招待講習開始まであと6日!!!!!!】

はじめまして!! 新担任助手自己紹介の大トリを務めさせていただく、

髙木 一樹

(たかぎ かずき)です!!

早稲田大学教育学部社会学科公共市民学専修に進学します。

高校は、成東高校に通っていました。受験科目は、英語・現古漢・世界史です。精一杯頑張るので、なんでも質問にきてください!!! 自己紹介はこれくらいにして、今日のテーマに移りましょう!

今日のテーマは、担任助手のオススメ講座です!! 

私のおすすめ講座は、センター過去問演習です!!

皆さんはこれからとると思いますが、「いまいちどのようなメリットがあるかわからない」という人はぜひこのブログをよんでください!!

センター過去問演習のメリットは大きく3つあります

1つ目は、莫大な問題量です。センター過去問演習は過去の東進の模試が収録されていて、なんと約70回分の模試が各教科受けられます!!!

私も受験生時代の夏休みにずーっと必死に解いていましたが、終わりませんでした(笑) それほどの問題量があります。

2つ目は、問題を解く速度が格段に上がるということです。

皆さんも今、センター試験本番レベル模試で「時間が足りない!!」と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。(特に英語) 私も、去年の今頃は制限時間の80分以内に全く終わらせることができていませんでした。

しかし夏休みの終わりには、30分余らせて解けるようになりました!!! 解く速度は1日や2日ですぐ上がるものではありませんが、だからこそ!!、時間がたくさん取れる夏休み大量の問題を解くことが重要になってきます。

3つ目は、今皆さんが一生懸命取り組んでいる高速マスターで身につけた単語や文法を定着させることができるということです。

よく聞くたとえ話に、楽譜とか音楽論とかをいくら勉強しても、ピアノは弾けるようにならない。ピアノを弾けるようになるには、実際にピアノを弾いて練習をしなければいけない。みたいな話があると思います。

これは受験勉強にも当てはまっていて、単語や文法をただ覚えているだけでは単なる知識にすぎず、点数につながっていきません。これを使える知識にするには、実際に問題をたくさん解いて、そのなかで使い方を学んでいくことが大切だと思います。

 

以上が私が考えるセンター過去問演習のメリットです!! これからガンガン解いて、点数を上げていこう!!!!!

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【東進模試の特徴】

① 試験実施から7日後のスピード返却

② 詳しい解説授業

③ 試験日3日前まで申込可能

④ 合格までの点数が分かる!

4月センター試験本番レベル模試のお申込みはコチラから↓

 

新高校一年生から入試が大きく変わります!

東進では、いち早く新形式に対応した

『マーク+記述』模試を実施します。

早期対策が合格へと繋がります!

お申込みはコチラから↓

 

 

 

2018年合格者の皆さんにインタビュー!

随時更新していきますので、下のバナーから、ぜひ見てください!

 

 

また、東進ハイスクール土気校のFacebookページが開設されました!

ブログに引き続き、Facebookでも情報を沢山発信していきますので

いいね!フォローよろしくお願いします!

 

 

 

 

 

 

体験授業、入学申し込み、資料請求は

こちらのバナーから!

 

またその他不明点・お申込み等お問合せは

東進ハイスクール土気校まで!