難関大・有名大記述模試の復習法! | 東進ハイスクール土気校|千葉県

ブログ

2017年 9月 24日 難関大・有名大記述模試の復習法!

皆さんこんにちは。

三橋です。
最近、上海の復旦大学という中国でも有名な大学に行ってきました!
大学の生徒と話す機会もあり、
日本とは違った国の学生がどんなことを考えているのか
知ることができ、自分にとってとても刺激になりました!
みなさんも海外に行くことがあったら、
ぜひその国の大学を見学しに行ってみても面白いと思います!!

 

さて本日のブログテーマは

難関大・有名大記述模試の復習法についてです!

昨日土気校では第3回難関大・有名大記述模試が行われました。
この難関大・有名大記述模試は受験本番の二次試験レベルで問題で作成されています。

 

三年の皆さんは、記述模試三回目になると思うので
出題傾向などもだいぶ分かってきたと思います。

そこで、今日は改めて記述模試の復習法について書いていこうと思います!

 

 

 

復習法①
間違えた問題は解答解説をしっかりと読み、内容をきちんと理解するべし!
まずは、答案作成の記憶が残っているうちに、解答解説を用いて自分の間違えたところを
しっかり認識することが大切です。解答解説には、「出題のねらい」や重要事項なども
詳しく記載されているのでそれらを参考にして、理解を確かなものにしましょう!
また、社会科目に関しては間違えたところの部分を自分のテキストに
書き込むのもオススメです!

 

復習法②
間違えたノートを作るべし!
復習法①で自分の間違えたところ理解をできたと思います。次にやることとして、自分の
間違えたところをさらに細かく分けて、ノートにまとめます。英語だったら、
単語・熟語・文法・和文英訳・英文和訳に分け何回も復習が出きるようにしましょう!
また細かく分けることによって今自分がどこが一番弱いのかも見つけることが出来るので、
今後の対策に役立つと思います!

 

復習法③
模試の解き直しをするべし!
復習してそれで終りではなく、少し時間をおいてから再度問題を解きなおししてみると
復習でやったことが定着しているのかわかることが出来ます。
二回目に解くときには満点が取れるような復習を心がけてがけましょう!

 

 

模試は、復習をしないと受けた意味がありません!
今自分になにが足りていないか認識したうえで、
これからの勉強の対策をしていきましょう!!

 ******

 全国統一高校生テストのお申込みはこちらをクリック

   ↓     ↓      ↓      ↓      ↓

 

体験授業、入学申し込み、資料請求は

こちらのバナーから!

またその他不明点・お申込み等お問合せは

東進ハイスクール土気校まで!

0120-104-584