過去問の復習法 ~英語~ | 東進ハイスクール土気校|千葉県

ブログ

2017年 9月 9日 過去問の復習法 ~英語~

こんにちは!小関はるきです。

今回のブログテーマは

過去問の復習法~英語~ということで

英語の復習方法についてお話したいと思います。

まず過去問を解いたらやってほしいことが4つほどあります。

①過去問を見てマルつけをし、解説を読んで自分が間違えたところを理解する

②文中に出てきた分からない単語を調べてノートにまとめる

③文中に出てきた分からない文構造を理解する

④音読する

この4つです。

 

詳しく説明していきたいと思います。

は文字通りマルつけをし、解説を見て自分がわからないところをなくし、

どうしてこの問題が間違っているのかをしっかり理解します。

続いてですが、これは復習をしながら語彙力強化に努めることが出来る一石二鳥の

復習法です。この際につくったノートはスキマ時間に見て見直しするのも吉、問題を解く前にさらっと見るのも吉。

自分の分からない単語が一目で分かる最強のノートが出来上がります。

そして。やはり過去問となってくるとセンターのような明瞭な文構造でなく

複雑な文構造がたくさん用いられた文章が出題されます。

それらの複雑な文構造を理解し、身に付けることで、難易度の高い文に対応できるようになります。

最後にですが、解いた問題を音読します。今井先生や安河内先生もおっしゃっているように、

英語は音読によって力を伸ばすことが出来ます。何回も何回も音読し、頭を英語の脳にしちゃいましょう。

 

これら4つの復習のサイクルを過去問を解いた後に確実に行えば、点数は上がること間違いなしでしょう。

大学受験において英語は配点が一番高く合否に最も関わる教科です。

第一志望に合格するためにも英語の復習を決しておろそかにしないようにしましょう!

 

 

 

******

体験授業、入学申し込み、資料請求は

こちらのバナーから!

またその他不明点・お申込み等お問合せは

東進ハイスクール土気校まで!

0120-104-584