過去問の復習法~数学~ | 東進ハイスクール土気校|千葉県

ブログ

2017年 9月 10日 過去問の復習法~数学~

みなさんこんにちは!大林です

 

本日のテーマは過去問数学の復習についてです。

 

数学に苦手意識をもっている人が多いかもしれませんが、

 

国公立理系を目指す人は、二次試験の英語と理科よりも数学の方が点数差が大きい大学が多いので

 

数学で勝負しなければなりません。しっかり対策や復習をしましょう!!

 

では、過去問の復習の流れについて話します。

 

やってほしいこととしては、

 

①時間を計って解く

制限時間を常に意識し、本番同様の緊張感を持つためです。

 

②解答を見る前に、時間制限なしで解けるところまで解いてみる

今の時期では時間内に解くのは難しいですよね。よく「もっと時間があればできたのになぁ」などと思う人も少なくはありません。

時間があったらできた問題を解かないでそのまま解答を見るのももったいないので、これ以上時間をかけても解けない!って思うところまで解いてみよう!

 

③解答・解説をよく読む

解説を読めばある程度は理解できるので、それでも分からなかったら教科書を見返そう!!

 

④何も見ないでもう一度自力で解いてみる

解説を読んで理解したつもりでも、同じものが出てきて解けなかったら意味がないですね。なので、必ずこれをやらなければいけないわけではないけど、もう一度自力で解くことで、確実に実力がつくと思います。

 

の4つです。

 

この4つをやった後に余裕がある人は、間違えたところや公式をまとめたノートをつくってみてください!

ノートづくりに正解はないと思うので、試行錯誤を重ね、自分に合ったやり方を見つけることが大切です。

人のノートや意見を参考にするのもいいですね。

 

解いた後に得点率や自分なりの分析をまとめて次回に活かしましょう。

 

数学が苦手で自信が持てない人は、自分が得意とする分野を一つ作ってみてください!

その分野の問題が出てきたら“満点とるぞ!”ぐらいの気持ちで解いていくと少しずつ数学に対する苦手意識が薄くなるかもしれません。

 

ちなみに、私は数列を得意分野にしていました。演習をこなしていくうちに数列がきらいじゃなくなりました。

 

みなさんもぜひやってみてください!!

写真は2016年センター試験本番レベル模試です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

******

体験授業、入学申し込み、資料請求は

こちらのバナーから!

またその他不明点・お申込み等お問合せは

東進ハイスクール土気校まで!

0120-104-584