模試の復習法 | 東進ハイスクール土気校|千葉県

ブログ

2018年 4月 24日 模試の復習法

こんにちは!本日のブログ担当の木村です!

土曜日に久しぶりに野球の試合をしたらいまだに筋肉痛が取れずに非常に苦しんでおります、、、(もう年ですね、、、涙)

しかし、筋肉痛の痛みと引き換えに「野球は楽しいスポーツだ」ということも再確認できました!

そんなことはさておき、日曜日にはセンター試験本番レベル模試がありましたが、みなさん結果はいかがでしたでしょうか?

結果が良かった人、悪かった人、それぞれいるかと思いますが、しっかりと次につながるようにしていきたいですね!

というわけで本日は「模試の復習法」と題しまして、模試の復習について科目別に書いていきます。

 

【英語】

大問1&2:発音アクセント&文法(知識の問題)

見直すポイント:単語熟語/文法知識

①まずは間違えた問題を見返し、その問題を解くために必要だった知識を覚える

②自分が間違えた原因を考える

 ・単語が分からなかった

 ・熟語の知識が不足していて語の呼応で解けるような問題を落としてしまった

 ・求められている文法の知識があいまいなため、解けなかった

 などなど、、、

③②で考えた原因を潰す勉強を考え、今後の学習において実践する

 ・単語が分からなかった

 →単語力を増強するべく、高速マスター単語帳に励む

 ・熟語の知識が不足していて語の呼応で解けるような問題を落としてしまった

 →熟語力を増強するべく、高速マスター熟語帳に励む

 ・求められている文法の知識があいまいなため、解けなかった

 →苦手/知識が不足している分野の文法の問題を解くなどして、その分野を固め直す

 などなど、、、

大問3~6

見直すポイント:単語熟語/構文/時間

①自分が間違えた問題を見直し、間違いの原因を考える

 ・問題文を読み間違えた

 ・本文の根拠にあたる部分の文章の読解が上手くできなかった

 ・時間が足りなかった

 などなど、、、

②①で考えた原因を念頭において見直しをする

 ・問題文を読み間違えた

 →猛省して二度と問題文を読み間違えないようにする

 ・本文の根拠にあたる部分の文章の読解が上手くできなかった

 →読めなかった原因は単語が分からなかったことか、構文が取れなかったことか確認

 →単語が分からなかった:分からなかった単語を覚える

  構文が取れなかった:解答解説の和訳と照らし合わせて構文を取り直す

 ・時間が足りなかった

 →答えを見る前にもう一度解いてみましょう!

 →読解スピードは徐々に上がっていくものなので地道に普段の学習を進めよう!

 などなど、、、

ざっくり英語に関してはこんな感じです!

おおまかな間違いの原因は上に書いたことで大体網羅できていると思うので、参考にしてみてください!

 

【数学】

①答えを見る前にもう一度自分が間違えた問題を解き直してみる

②それでもできなかった問題はしっかり解答解説を読み込んで理解する

③解答解説を見ないで自力で問題を解く

④自分が苦手だと思う分野が発覚した場合は、今後の勉強でその苦手を潰すように勉強していく

以上の①~④が数学の復習の主なステップかと思います。

この4つのステップの内で最も重要なものが③のステップです。

数学が苦手だという人に限って、間違えた問題の解答解説を読んで「理解した気」になって終わってしまう人が多いように感じます。

しっかり自分の頭を使って一から解答を作成するということが、模試の復習においてのみならず、普段の学習から重要になってくることなので、数学を受験で使う方はそのことをしっかり意識して学習を進めていくようにして下さい!

 

【国語】

<現代文>

①間違った問題を見直す

②解答解説を読んで、自分の思考プロセスと、解答解説にかかれている思考プロセスのギャップ理解する

現代文に関してはこの①~②のステップをやるのみで十分だと思います。

解答に至るまでの思考プロセスをしっかりと頭にしみこませましょう!

<古文>

①自分が間違えた問題を見直し、間違いの原因を考える

 ・問題文を読み間違えた

 ・本文の根拠にあたる部分の文章の読解が上手くできなかった

 などなど、、、

②①で考えた原因を念頭において見直しをする

 ・問題文を読み間違えた

 →猛省して二度と問題文を読み間違えないようにする

 ・本文の根拠にあたる部分の文章の読解が上手くできなかった

 →読めなかった原因は単語が分からなかったことか、主体/客体がわからなかったことか、助動詞/助詞がわからなかったことか確認

 →単語が分からなかった:分からなかった単語を覚える

  主体/客体がわからなかった:文中の敬語の確認/解答解説の現代語訳との照らし合わせを行う

  助動詞/助詞がわからなかった:覚えていないものがあれば覚える

③自分の弱い部分を補うように今後の勉強を修正していく

<漢文> 

①自分が間違えた問題を見直し、間違いの原因を考える

 ・問題文を読み間違えた

 ・本文の根拠にあたる部分の文章の読解が上手くできなかった

 などなど、、、

②①で考えた原因を念頭において見直しをする

 ・問題文を読み間違えた

 →猛省して二度と問題文を読み間違えないようにする

 ・本文の根拠にあたる部分の文章の読解が上手くできなかった

 →読めなかった原因は単語が分からなかったことか、句法がわからなかったことか確認

 →単語が分からなかった:分からなかった単語を覚える(漢文にも重要単語があります!)

  句法が分からなかった:分からなかった句法をしっかり覚えよう

③自分の弱点を補うように今後の勉強を修正していく

以上が国語の復習法です。

古文漢文に関しては、英語の復習法と似た部分が多いと思うので、英語と似た感じで復習するのが良いかと思います。

 

【選択科目】

①間違えた問題は自分の学習が進んでいる範囲の内容か確認

②学習が進んでいる範囲の内容であれば、しっかり見直し原因を考える

 ・知識を覚えきれていないことによるミスか

 ・思考力が足りないことによるミスか

 ・ケアレスミスか

選択科目に関しては学習が終わり切っていない人も多いと思うので、自分の学習が進んでいる範囲を重点的に復習すればよいかと思います。

選択科目のインプットも今後しっかり行っていきましょう!

 

以上ざっくり書いてきましたが、上に書いたものはあくまで個人の一意見として参考にして、しっかり自分自身でも復習法を考えるようにして下さい!

 

皆さんの次回の模試での健闘を祈ります!

明日のブログ担当はカピバラに似ていると話題の小松さんです!

乞うご期待!

 

部活生特別招待講習、お申し込み開始!

 

下のバナーをクリック!↓

 

 

新高校一年生から入試が大きく変わります!

東進では、いち早く新形式に対応した

『マーク+記述』模試を実施します。

早期対策が合格へと繋がります!

お申込みはコチラから↓

 

 

 

2018年合格者の皆さんにインタビュー!

随時更新していきますので、下のバナーから、ぜひ見てください!

 

 

また、東進ハイスクール土気校のFacebookページが開設されました!

ブログに引き続き、Facebookでも情報を沢山発信していきますので

いいね!フォローよろしくお願いします!

 

 

 

 

体験授業、入学申し込み、資料請求は

こちらのバナーから!

 

またその他不明点・お申込み等お問合せは

東進ハイスクール土気校まで!

 

 

 

最新記事一覧

過去の記事