朝登校しよう! | 東進ハイスクール土気校|千葉県

ブログ

2018年 4月 12日 朝登校しよう!

みなさんこんにちは。小関はるきです

 

新年度になってまもなく2週間近くが経過しようとしていますが

 

いかがお過ごしでしょうか。

 

1年もあっという間に過ぎてしまい私小関も2年生になりました。

 

今年1年間の抱負は、

 

Work hard Play hard

 

遊びも勉強も本気な1年にしたいと思います。

 

最近私がハマっていることがあるのですが

 

それは東京を散歩することです。

おすすめスポットは豊洲ですね。特に夜は夜景がきれいです。

 

 

とても気分が晴れ晴れとした感じになるので

 

皆さんも大学生になったらやってみてください。

 

さて、本日のブログテーマは「朝登校しよう!ですが、

 

皆さんは朝登校に関してどのような考えをお持ちでしょうか。

 

朝早いからめんどくさい。朝は苦手だから早く起きたくない。

 

なんて言う考えを持っているんじゃないでしょうか。

 

実際、私自身もあまり早起きが得意ではありません(笑)

 

かといって受験生時代に朝登校をしなかったかというと

 

決してそうではありません

 

なぜなら朝登校をする意義を見出していたからです。

 

じゃあそれは一体何なのか。

 

たった1つだけあります

 

それは、

 

 

試験本番は朝が早い

 

ということです。

ここ土気から、主要な大学がある東京の会場までとてつもない時間を要します。

なので朝早くに起きなくてはなりません。

 

もし朝登校を受験生時代に毎日行っていてそれが習慣化している受験生は、

 

朝早く起きることに慣れているので朝の時間を有利に過ごせるでしょう。

 

一方、受験生時代に朝登校をしないでいた受験生は、

 

朝が苦手なので朝の時間を頭が回らずに不利になってしまうのです。

 

 

朝登校をするために早起きすることを

 

習慣化すること勝負の分かれ道なのです。

 

習慣化するためには試験本番直前にどうこうなる問題ではありません。

 

習慣化するためには少なくとも1カ月、多くて3カ月以上は要するでしょう。

 

つまり上の事から何が言えるのか。

 

それは、、

 

 

試験本番の前に決着はついている

 

ことです。

以上のたった一つだけを意識すれば朝になって自ずと校舎に体が向かっているでしょう。

 

これで本日のブログを終わりにします。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【東進模試の特徴】

① 試験実施から7日後のスピード返却

② 詳しい解説授業

③ 試験日3日前まで申込可能

④ 合格までの点数が分かる!

4月センター試験本番レベル模試のお申込みはコチラから↓

 

新高校一年生から入試が大きく変わります!

東進では、いち早く新形式に対応した

『マーク+記述』模試を実施します。

早期対策が合格へと繋がります!

お申込みはコチラから↓

 

 

 

2018年合格者の皆さんにインタビュー!

随時更新していきますので、下のバナーから、ぜひ見てください!

 

 

また、東進ハイスクール土気校のFacebookページが開設されました!

ブログに引き続き、Facebookでも情報を沢山発信していきますので

いいね!フォローよろしくお願いします!

 

 

 

 

 

 

体験授業、入学申し込み、資料請求は

こちらのバナーから!

 

またその他不明点・お申込み等お問合せは

東進ハイスクール土気校まで!