早大英語を解くためには | 東進ハイスクール土気校|千葉県

ブログ

2017年 11月 4日 早大英語を解くためには

 

みなさんこんにちは。小関悠希です。

本日のブログのテーマは早大英語を解くためにはです。

土気校の生徒はご存知の通り、

私は現在青山学院大学に通っていますが、受験生時代には早稲田大学を目指して勉強をしていました。

英語は得意で、かなりの量の早大英語を解いていてそれなりに点数も取れていたのではないかなと思います。

さて、早大英語ですが、早稲田を目指している受験生は、、、

めちゃめちゃ難しい!!と感じていることと思います(疑っている人は一回解いてみてね)。

しかし、早稲田に合格するためには英語と社会科目は当たり前に取れて、

国語で合否が分かれるというのが合格レーンだと思います。
なので英語ができないということはかなりの痛手を伴うことになります。

 

早速挙げていきましょう。

1.早大英語特有の癖を取得
早稲田英語は明青立法中と異なり問題に特有の癖があり、問題の難しさは天と地ほどの差があると言っても過言ではありません。

その特有の癖を克服するためには、数多くの過去問をこなし問題に慣れることが重要です。

そして過去問を解くのみでなく、復習の際に

自分がどのような問題を間違いがちなのか(ex.内容一致、文挿入など)を理解し、

より早大英語を研究することが一番の克服方法であると思います。

2.学部を越えた過去問演習
早大受験生の皆さん。自分の受験校のみを解くだけでなく、

他の学部もともに解きましょう。

とにかく早大英語を解きまくりましょう!

一応目安として、難易度をあげると*あくまで私の感覚です。

法学部≧国際教養学部≧社会科学部>商学部>文学部=文化構想学部>教育学部

みたいな感じです。

上二つに共通して言えることが

より多くの過去問演習を行うことです。

とにかく解きまくりましょう!!

 

詳しいことは僕のところまで来てください。お待ちしてます。

 
 

 

↓冬期特別招待講習のお申込みはこちらから↓

体験授業、入学申し込み、資料請求は

こちらのバナーから!

 

またその他不明点・お申込み等お問合せは

東進ハイスクール土気校まで!

0120-104-584