対談②【芝浦工業大学合格者インタビュー】 | 東進ハイスクール土気校|千葉県

ブログ

2018年 3月 17日 対談②【芝浦工業大学合格者インタビュー】

【東進入学時期:高1.7月】

 

藤原:第一志望合格おめでとうございます!

金子:ありがとうございます!

藤原:第一志望に合格した今の気持ちを教えてください!

金子:辛い受験勉強を乗り越えて合格することが出来たので嬉しいです。

藤原:担任との面談で思い出に残っていることはありますか。

金子:毎回模試後に行う面談です。点数が悪くて落ち込んでる時も、次の模試までに何の勉強をしていけばいいのかを明確にして、的確にアドバイスをくれたことです。とても親身になって教えてくださいました。

藤原:一番思い出に残っている東進のイベントを教えてください。

金子:2年生の冬に参加した東進の冬期合宿です。受験勉強を本格的に始めようと思い、軽い気持ちで参加することを決めました。しかし、周りとの学力のレベルの違い、今まで経験したことのない勉強時間に驚き、苦しみました。そこで、自分の受験に対する認識の甘さや基礎学力の足りなさを痛感しました。今振り返ると、合宿に参加しなかったらこれらのことに気が付くことができずに受験に臨み、失敗していたのではないかと思います。

藤原:オススメの講座を教えてください。

金子:大吉先生の受験数学Ⅰ・A/Ⅱ・B(基礎)です。頻出の入試レベルの問題を取り扱っていて、なおかつ基礎からしっかりと教えて頂けるので、基礎から応用まで確実に理解して進んでいくことが出来ました。

藤原:志望校対策について何か勉強法はありますか。

金子:まずは過去問をしっかりと解くことだと思います。自分は10年分とくことが出来たので、試験本番でも落ち着いて問題を解くことが出来ました。また、数学の勉強法として数学計算演習をオススメします!数学は毎日触れることで計算力も高くなっていくので、上級編までしっかり終わらせることが大切です。

藤原:最後に後輩の皆さんにメッセージをお願いします。

金子:勉強は基礎が一番肝心だと思います。基礎学習(単語や計算演習)は反復作業がほとんどで、正直に言って面白くないと思います。しかし、これを乗り越えなければ模試の点数は上がりません。後輩の皆さんには基礎学習の重要さを頭に置いて受験勉強に励んで欲しいと思います。。私は東進で受験勉強したおかげで第一志望校に合格することができました。これも両親、東進のスタッフさんが支えてくださったおかげです。感謝の気持ちを忘れずにこれからの人生を過ごしていきます。

藤原:ありがとうございました。

 

【合格大学】

芝浦工業大学 工学部

千葉工業大学 工学部

日本大学   理工学部