対談①【早稲田大学合格者インタビュー】 | 東進ハイスクール土気校|千葉県

ブログ

2018年 3月 15日 対談①【早稲田大学合格者インタビュー】

【東進入学時期:高2.12月】

 

小関:まずは、第一志望合格おめでとうございます!

 :ありがとうございます!

小関:率直に今の感想をお聞かせ下さい!

 :ずっと目指してきた早稲田大学に合格することが出来てとても嬉しいです。

小関:文化構想学部、文学部、社会科学部に見事合格しましたが、文化構想学部に決めた理由を教えてください!

 :はい。私には人種を越えて世界各国の人たちと交流をしつつ、様々な文化を同時に学びたいという夢があります。その夢を叶えられるのはこの学部しかない!と思い文化構想学部に進学しようと決意しました。

小関:次に、受験勉強のモチベーションの保ち方や高める方法があったら教えてください!

 :私は、塾に毎日来て、一緒に頑張る同級生の姿を見て、またグループミーティングに参加することでモチベーションを高めていました。どうしても集中できないときは、外を散歩するなどして気分転換もしていました。オンとオフの切り替えも大事だと思います。

小関:グループミーティングの思い出を教えてください。

 :私が勉強に身が入らずたるんでいる時は厳しく指導してくださったり、受験期の不安になっている時は、親身になって話を聞いてくれたりアドバイスをしてくださってとても励まされました。また、週に一回のリラックスできる場で、グループミーティングが終わった後は、これからまた一週間勉強がんばろうという気持ちで勉強に向かうことができました。

小関:オススメの講座を教えて下さい。

 :今井宏のB組・英語実力アップ教室です。今井先生の授業は、難しいことをやるのではなく基礎基本をしっかりと教えてくださり、その後の学習でとても役立ちました。また、先生が途中でして下さる雑談もとても面白く、最後まで集中して受けることが出来ました。

小関:受験を通して学んだことは何ですか。

 :毎日送り迎えをしてくれて暖かいご飯を用意してくれた家族、楽しい時は一緒に笑い辛い時は相談に乗ってくれた友達、勉強のアドバイスをして支えてくださった担任の先生方。
受験をするまでは当たり前だと思っていたことが、当たり前ではないということに気づかされました。

小関:大学で取り組んでみたいことについて教えて下さい!

 :日本語以外の言語で多くの外国人の人々と関わりたいと思っています。例えば、オリンピックのボランティアなどをしたいと思っています。

小関:これから始まる大学生活の目標を教えてください。

 :私は大学で多くの人々と関わり、様々な国の文化や風習、言語を学んでいきたいと思っています。そして将来は国籍に関係なく人と人を繋げていけるような人になりたいです。

小関:最後に後輩の皆さんにメッセージをお願いします。

 :まずは塾に毎日来ることが大切だと思います。また、最初は面倒だと思いますが、しっかりしておくとあとが楽です。受験は大変で辛いことではあるけれど、乗り越えれば必ず成長することができると思います。がんばってください。

小関:ありがとうございました。

 

【合格大学】

早稲田大学 文化構想学部・文学部・社会科学部

上智大学  外国語学部

明治大学  国際日本学部

法政大学  国際文化学部