今後の大学入試における方針 | 東進ハイスクール土気校|千葉県

ブログ

2017年 3月 16日 今後の大学入試における方針

*************

皆さん、こんにちは

聞いたこともあるかもしれませんが、

今年より、私立大学では定員充足率の厳格化が行われることとなりました。

以下は文部科学省公布の「平成28年度以降の定員管理に係る私立大学等経常費補助金の取扱について」より引用です。

----------------------‐--------------------------------------------‐‐‐

文部科学省は、平成28年度から私立大学等経常費補助金が不交付となる定員充足率(いわゆる定員超過率)の基準を厳格化することを決め、7月10日に日本私立学校振興・共済事業団に通知した。平成31年度からは、超過入学者数に応じた学生経費相当額の減額にも着手する。

 同省によると、平成26年度は全国で約4万5,000人の入学定員超過が発生しており、約7割にあたる約3万1,000人が収容定員4,000人以上の大・中規模大学に集中。さらにこのうち約9割の約2万7,000人が三大都市圏に集中し、大都市圏の入学定員超過の適正化が課題であったという。

 現在の入学定員超過率は、大規模大学(収容定員8,000人以上)1.20倍以上、それ以外の大学1.30倍以上。今回の引き下げでは、大規模大学1.10倍以上、中規模大学(収容定員8,000人未満4,000人以上)1.20倍以上へと厳格化する。

 入学定員超過率の変更にあたっては、経過措置を設定。平成28年度は大規模大学1.17倍以上、中規模大学1.27倍以上、平成29年度は大規模大学1.14倍以上、中規模大学1.24倍以上と、段階的に実施する。

 小規模大学(収容定員4,000人未満)の入学定員超過率については、少なくとも平成30年度までは現在の1.30倍を維持する。また、入学定員超過率がすでに1.1倍となっている医歯学部の基準は変更されない。

 このほか、平成31年度からは入学定員充足率が1.0倍を超える入学者がいる場合、超過入学者数に応じた学生経費相当額を減額する措置も導入する。定員管理の適正化に向けた努力の結果、定員を下回ることも考えられるとの理由から、入学定員充足率が0.95倍以上1.0倍以下の場合は一定の増額措置も行う予定としている。

-----------------------------------------------------------------

 

このような背景から、私立大学では入学試験で合格を勝ち取るのが

難しくなり、またこの傾向が続くと考えられます。

 

『学力の差』=『時間の差』

 

ともいわれます

 

早めのスタートを心がけ、

受験勉強に励みましょう。

 

 

 

*************

 

まだ東進生でない人にお知らせです↓↓

東進ではただいま

新年度特別招待講習

実施中です!!

新年度特別招待講習とは

東進の授業が無料

1講座(1講座=90分×5コマ)

体験できるものなんです!!

この機会にぜひ試してみてください♪

そろそろ受験勉強を始めようかな…

と思っている方へ↓↓

受け付けております!!

お申込みはそれぞれのバナーをクリック↑↑

 

さらに土気校の雰囲気がわかる

校舎MOVIEを公開しております!!

ぜひご覧ください↓↓

 

またその他不明点・お申込み等

お問合せは…

東進ハイスクール土気校

0120-104-584