【国公立理系ver】冬休みからの勉強法 | 東進ハイスクール土気校|千葉県

ブログ

2016年 12月 20日 【国公立理系ver】冬休みからの勉強法

冬期特別招待講習1講座締切まであと

~あの有名講師陣の授業をいつ体験するの?今でしょ!~

 

東進の招待講習は、12/26(月)までのお申込みをもちまして

年内の受付は終了となります。

締切間近となっておりますので、気になる方はお問い合わせだけでもどうぞ!

東進ハイスクール土気校 0120-104-584

****************

みなさんこんにちは!

小松です!

もう今年も終わりが近づいてきましたね~

1年前の受験が懐かしく感じます

受験生も低学年も残り少ない2016年を悔いの無いように過ごしてください!

 

さて、それでは本題に入りたいと思います。

今日のブログは、

(ver)

です!

ここまで読んで、あれ?って思った人いますよね。

教育学部なのに理系?

そうなんです!

僕は高校時代理系でした!

そのため、今日は理系の国公立大学を目指している人にお話ししたいと思います。

 

その    センター試験の練習をすべし

国公立を目指している人にとってセンター試験はとても重要になってきます。

センターの結果によっては志望する大学に出願出来ない可能性も…

そのためセンター試験の練習をする時間を多く取って、時間配分や解き方などを確認していました。

 

その2   記述試験の練習をすべし

センター試験が上手くいっても国公立大学には2次試験があります。

多くの国公立大学では、二次試験が記述式の問題です。

記述式の答案は練習をしないと書けるようになりません。

細かいミスでも減点、最悪の場合0点になってしまいます。

解答の手順、答案の書き方などを練習しましょう!

 

その3   苦手分野の復習をすべし

苦手な所はもちろん点数が低いと思います。

試験まではもう限られた少しの時間しかありません。

その短い時間で大きく点数を伸ばすためには、苦手分野の克服が第一です。

もう1度復習してみて下さい。

必ず出来るようになりますよ!

 

冬休みは試験前に大きな勉強時間を取れる最後にして最大のチャンスです!

冬休みの時間の使い方で結果が変わる言っても過言ではありません。

最後まで気を抜かずに冬休みを活用しましょう!

 

また、ここでお話したことはほんの1部です。

もっと知りたい人は小松まで!

 

****************

 

東進ハイスクール土気校 

0120-104-584