【効率の良い暗記法】 | 東進ハイスクール土気校|千葉県

ブログ

2017年 12月 14日 【効率の良い暗記法】

こんにちは!今日のブログ担当は木村です。

人気ブロガーなので良くブログに出てきます。

 

本日のお題は、、、

「効率の良い暗記法」

となっています。

 

ところでみなさん、暗記と聞いてどんなことを考えますか?

「いや、暗記なんてやればいいだけじゃん。」「暗記科目とか覚えるだけじゃん」「たかが暗記、されど暗記」

という感じで暗記を侮っている人も多いのではないでしょうか?

 

暗記を侮ることなかれ!

暗記するということは、問題を解くためのステージに立つための第一歩です。

自分は、暗記というのは、やみくもに単語を記憶するということではなくて、「考えたり、論述するために必要な知識を使える形で覚えておく」ということだと考えています。

例えば、数学に関して。

一般的に数学は暗記科目ではないとみなさん思っているかと思いますが、特に文系数学に関していえば、ある程度の典型的な問題があり、それらの解法がしっかり頭の中に「使える形で」ストックされていれば、多少の応用問題であれば、それらを組み合わせて正答を導くことが出来るのです。

次に世界史に関して。

世界史に関しても、論述問題で、「二つの国の政治体制の変遷の相違点について述べよ」といった感じの問題が出題されたとします。このとき、それぞれの国の政治体制の特徴が分かっていなければ、相違点を論述するというステージに立つことが出来ないのです。

 

暗記を侮ることなく、真摯に向き合うようにしましょう。

 

それではこの記事の本題の「効率の良い暗記法」に関して、自分の実践したりしていたものを中心に書いていきたいと思います。

 

①因果関係を意識して覚える

自分は社会科目で世界史・地理を選択していました。

例えば、ある国で使用されている言語について考えるとき(地理)、この国はあの時、この国の植民地にされたから(世界史)、その旧宗主国の支配の名残で今もその国の言語が使われているのではないかと世界史と地理の知識を二つ総動員して考えるようにしていました。

世界史・地理といった科目では、このように関連付けがしやすいのでこの二科目を選択している人は、これらの関連性を意識して勉強に取り組んでみるといいかもしれません。

さらに、地理に関して。

世界各地の気候区分を頭に入れておけば、それぞれの地域で主要となっている農業形態なども関連付けて理解することが出来ます。

ex)

中国のチンリンホワイラインに関して。

以南では、1000mm以上の降水量が見られるので、大量の水が必要となる稲作が中心に行われ、一方、以北では、降水量が1000mmに満たないので、稲作が中心にならない代わりに、畑作が中心になっている。

 

地理は特に因果関係を考えておぼえるということがやりやすいですね。

 

②一日にやる量を決めて覚える

英単語を覚える際に、自分はこの方法をよく実践していました。自分が使っていた単語帳は50セクションくらいに分かれていたので、この1週間はこの二つのセクションを極めると決めて、ひたすら1週間そのセクションを繰り返して覚え、次に移る、というようにして覚えていました。

よく、一日1章と決めて、次々次の章に移っていく人もいますが、自分にはその暗記法は合わず、上のような暗記法に転換して単語集を進めるようにしていました。

 

③語呂合わせで覚える

世界史の年号などは語呂合わせをフル活用して覚えるようにしていました。

ex)

1492(意欲に)燃えるコロンブス。(新大陸発見)

1453(一夜降参)コンスタンティノープル陥落。

710(納豆)ねばねば平城京。(あ、日本史だ。)

語呂合わせに関しても合う人、合わない人がいると思うので何とも言えませんが、自分は好きで結構やっていました。

 

④試験などで間違ったものを専用のノートに書き留めて暗記

これは結構お勧めです。

試験で間違った知識=自分がニガテにしている知識、身についていない知識

だと思うので、これらをまとめてストックしておくことで、自分が覚えきれていない部分をまとめて覚えることが出来ます。

 

以上四つ、ざっくりと書いてきましたが、どんな暗記法を実践しようとも、実際に試験会場で、覚えたことを生かすことが出来なければ何の意味もありません。

周りの意見を聞くことも大事ですが、しっかり自分に合った勉強法を実践することが結局一番効率の良い暗記法ではないかと自分は思います。

1、2年生はまだまだ本番までの時間が残されているので、普段の勉強の時や、定期テストの時などに、自分に合った暗記法を模索して、暗記の型を身につけていくといいと思います。

 

 

****************

冬期特別招待講習のお申込みはこちらから

↓ ↓ ↓

 

 

また、センター試験同日体験受験のご案内も始まりました。

受付は1/11の正午までとなっています。
高校1,2年生の皆さんは是非受験してみてくださいね!

 

体験授業、入学申し込み、資料請求は

こちらのバナーから!

 

またその他不明点・お申込み等お問合せは

東進ハイスクール土気校まで!

0120-104-584